1
/
5

慶應義塾大学の寄附講座に社長の八巻が登壇しました

2019年4月17日に開催された「慶應義塾大学 理工学研究科・大学院科目 アントレプレナー育成(慶應イノベーション・イニシアティブ)寄附講座」のプログラムに、株式会社カンム 代表取締役社長 八巻渉 が登壇しました。


このプログラムは、同大学 理工学部の松林伸生教授と、株式会社KIIの山岸広太郎 代表取締役社長のお声がけにより実施されたものです。

同教授の研究室で行う模擬起業ワークショップに先立ち、同学OBであるドリコス株式会社 代表取締役 さまと、同じくOBの八巻が「起業家対談」に登壇しました。

創業にまつわるエピソードや事業継続の秘訣などについてお話ししたほか、会場からは「学生時代に経営知識を身につけるには?」「投資家とのコネクションづくりの方法は?」など、実践的で熱のこもった質問が寄せられました。
学生の皆さまは今後一年間で模擬的にビジネスを立ち上げ、授業内で決算や株主総会も実施するそうです。

なお、ご厚意により発表内でマーケティングインターン募集の告知をさせていただきました。
Wantedly[話を聞きに行きたい]ボタンからご応募いただけます。他学の方もぜひご覧ください!

株式会社カンムでは一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう