1
/
5

メンターにしたいNo.1。カミナシの頼れるエンジニアの夢

※こちらの記事はカミナシ公式noteからの転載です

株式会社カミナシのエンジニア井村です。

カミナシで働いているエンジニアってどういう人が居るのだろう?と思ったことはありませんか。

普段、外部に顔や名前を出さないことが多いので、実際にどういった人なのか分からないと思います。この記事を通してエンジニアチームの雰囲気やカルチャーを紹介できればと思います。

前回は、エンジニア浦岡さんから井村の紹介に続き、今回は井村から浦岡さんをご紹介します!

カミナシの頼れるアニキ的存在

カミナシに入社されて在籍1年半になります。

元々SIerに14年勤めていたエンジニアで、ある日オーダーメイドのシステム開発が非効率だと感じるようになりました。

もっと現場により沿った開発や、ノーコードでユーザー自身がシステムを作っていくような開発に携わりたいと思うようになり、転職活動をされている最中、Coral Capitalの記事でカミナシに興味を持ち、ジョインされました。

浦岡さん自身、スタートアップの転職は初めてで、アメリカドラマ「シリコンバレー」を想像していたそうで、入社後もドラマ的なこと(事業がピボットしたり等)を経験していて、楽しく仕事をされています!

そんな浦岡さんは社内ではアニキ的な存在として親しまれているのですが、カミナシでただ一人タバコを嗜んでいます…。まだ嗜む人が入社されていないので、募集しているとかしていないとか…笑

常に誰かに相談されている対話多めのエンジニア

カミナシのエンジニアチームは現在5人(※)います。カミナシは当初からフロントエンド、バックエンド、インフラ等の役割分担はなく、全員が各領域で力を発揮しているかたちになります。

私は実装に詰まったり、良い設計が思い浮かばないときは浦岡さんに雑談ベースで気軽に相談しています。相談しやすい人柄なので、他メンバーもそうだと思います!

リモートワークになってから対面で会話する機会が減り、弊社ではTandemというアプリを使って会話をしています。

下記の画像はある日の一幕(浦岡さんのTandemでの状態)ですが、日常的に浦岡さんは誰かと会話しています。

※2020年12月時点のメンバー数です

思い出や印象的なエピソード

・2019年の真夏の東京駅で写真撮影

ピボットする前のプロダクトの写真撮影を真夏の東京駅で、アビーロード風な写真を撮ろうという話があり、実際の写真がこちらです。

朝からお昼過ぎまで撮影をしていて、ヘトヘトになったのは良い思い出です。これを経験しているエンジニアメンバーは浦岡さんと私だけです。

・事業をピボットすると決まったときの心境の話

ピボットする際にA案、B案が提示されていました。最終的には代表がA案でいくと決めたのですが、そのタイミングで前CPOが退職する流れになりました。

そのとき、この新しい船に乗るか乗らないかを決める必要があって、自分たちはどうするのか?どうすべきか?を、オフィスがあるビルの地下一階にある魚金で話したのは良い思い出です。

同い年ということもあり、結構赤裸々に話しました。おそらくこの話は現メンバーには言ったことない内容かなと思います。外部には公開できない内容もありました笑

・カミナシが上場したらイタリアへ

浦岡さんは紅の豚が好きで、ポルコ・ロッソになりたいと豪語しています!実際にカミナシが上場したらイタリアへ行って島生活をしたい言ってます。

代表も上場したタイミングで、旅行プレゼントを約束されています!

その夢を叶えるために、カミナシは必ず上場するぞ!

その前に浦岡さんは自家用操縦士の免許を取らないといけないですね!

ユニークな発想で人の心を掴む

カミナシでは開発者ブログを書いているのですが、その中で『カミナシ』アプリを『プログラミング言語「KAMINASHI」』として表現しています。詳しくはこちらの記事を見てください!

プログラミング言語「KAMINASHI」〜ノーコードで作る現場管理アプリ〜 - カミナシ開発者ブログ
こんにちは、株式会社カミナシのエンジニアの浦岡です。 この記事では、そもそもカミナシってどんな製品なのかのを紹介したいと思います。 我々が開発しているカミナシの製品コンセプトは 「ノーコードで現場管理アプリを作る」 です。 ノーコード(ビジュアル・ プログラミング言語)により JavaScriptや SQLなどのテキスト・ プログラミング言語 と比較して圧倒的に低い学習コストで、業務アプリを作り始めることができます。 学ぶといっても、直感的な操作で試しながら始められるので、 「簡単なレクチャーを受けたその
https://kaminashi-developer.hatenablog.jp/entry/2020/10/16/093030

素直に発想が突出していて誰にも真似できないことで、人の心を掴んでくる浦岡さん。代表やプロダクトマネージャーにも刺さっています!

そんな浦岡さんのストレングス・ファインダーの結果は以下になります。

その中でも「着想」にすべてが現れていますね!

また『学習欲』も開発者ブログに現れていて、『AR技術』や『Goで自動化でワークフロー画面』を使った記事を書いています。


普段からカミナシで使えそうな技術を調べて、有効だと思ったらプロダクトに提案をしてくれます。AR技術は休日に趣味として実装しているそうですが、ゆくゆくは『カミナシ』アプリにも入れたいと策略していると私は思っています…笑

おわりに

浦岡さんを紹介しましたが、社内で誰にでも親しまれている雰囲気が伝わったでしょうか。きっとメンターにしたい人、No1だと思います!

そんな弊社ではエンジニアを募集中です!

少しでも興味を持っていただいた方は是非一度、応募していただければと思います!きっと面談したら浦岡さんの人となりが分かっていただけると思います笑

浦岡さんから直接伝えたいことがあるのでここに書いておきます笑

『カミナシは、先日(※)行われたIVS LAUNCHPAD SaaSで優勝しました!アメリカドラマ「シリコンバレー」でいう、シーズン1の終盤のタイミングで、これからカミナシ・シーズン2が始まろうとしています。』

カミナシを一緒に盛り上げてくれるメンバーをお待ちしております!

※2020年12月にIVS LAUNCHPAD SaaSで優勝

▼カミナシ開発者ブログ
https://kaminashi-developer.hatenablog.jp/

▼Engineer Entrance book
https://www.notion.so/Engineer-Entrance-book-7d41417b217a418f90eb0fc67580589c

株式会社カミナシでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう