1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

見習い魔法使い★らんらんのマジカルエクスペリエンス~魔法トレーニング5日目~

・今回の魔女トレーニング

今回で魔女トレーニングは最終回!これまで『code name: WIZARD』(以下、"WIZARD")の謎を解き明かすため行った全4回の魔女トレーニングについて魔女メンター コサックさんとおさらい。

それでは、Let’s魔女トレ~★

・前回までのあらすじ

見習い魔法使いとして魔女トレーニングを受けて一人前の魔法使いを目指す。前回は、3DクリエイターでWIZARD企画開発者のひとりである キングさんにインタビューを実行!

前回の記事は こちら⇩⇩⇩
https://www.wantedly.com/companies/kakusin/post_articles/275761

・プロフィール

らんらん

2021年春入社予定の内定者。
「魔法部屋」に入ってしまったことをきっかけに、見習い魔法使いとして魔女トレーニングを受けて一人前の魔法使いを目指す。
自分をWIZARDの妖精ティッキーに例えると、食べることが大好きな"ファッティー"。

コサック

カクシンのコーポレートスタッフ。魔法の世界では魔女メンターとして、らんらんを見習い魔法使いから一人前の魔法使いへと成長させる。
自分をWIZARDの妖精ティッキーに例えると、好奇心の強い"ノーティー"。

コサック:これまで全4回の魔女トレーニングを通してどんなことを学べた?

らんらん:主に、"クリエイターの物事を見る視点""カクシンの自由と責任の文化"・カクシンのメンバーが大切にしている"クリエイティブ愛"について学ぶことが出来ました!

また、先輩方へのインタビューを行ったことで、自分が着実に成長していることを感じることも出来ました。

クリエイターの物事を見る視点について、こんちゃんさんは、「日常生活から物事をよく観察することが大切」だと話していました。キングさんは、「アイディアを一度寝かせることで物事を見る視点が変わる」と話していました。

私も内定者インターンを始めてから日常生活で、マーケティング観点で広告を見たり、商業施設に遊びに行っても店舗回遊について考えたりするようになりました。

※こんちゃん:第2回記事に登場。ディレクターでWIZARD開発責任者のひとり
※キング:第4回記事に登場。3DクリエイターでWIZARD企画開発者のひとり

コサック:ぐろりんの「若いうちは、たくさん経験することが大切」という話で共感した部分はどこ?

らんらん:そうですね、手を挙げれば任せてもらえるという話は共感しました。そんな自由の文化が成立するのは、カクシンメンバー全員が常に高い目標や、なりたい自分像を持っていているからだと思います。

シニアのメンバーの姿を見て、若手が学び、成長していく。そんなメンバーの姿勢がカクシンの文化醸成にもつながっていると思います。

こんなに勢いのある会社で内定者としてインターンをしている私は、非常に恵まれていますね。

コサック:自由の文化の中にも責任は付き物という話もキングさんからあったよね。

らんらん:ありましたね!私は、キングさんの話を聞いて、初めて仕事をする上で責任とは何か?について考えました。

就活をしていた時、周りの友達は「手を挙げれば何でも挑戦出来る環境がいい!」とか「若いうちから裁量権を持ちたい!」という話をしていました。でも、今インターンを行っていて思うことは、周りから与えてもらうだけではダメだということ。

与えてもらった分、いずれは相手に返していかないといけないと思います。それが出来るようになるために、今は与えてもらった仕事を一生懸命行っています。

学んだことを次に活かすことは当たり前、その上でどのように考えて行動出来るかが重要だと思います。

※ぐろりん:第3回記事に登場。アプリエンジニアでWIZARDプロジェクトメンバー。

コサック:キングさんの"クリエイティブ愛"の話のところだね。

らんらん:はい!キングさんの話を聞いて、常に自問自答し、自分のベストを追求し続ける姿勢は、仕事をする上で重要だと感じました。その姿勢を持って仕事をしていれば、クリエイターとして真摯にモノ作りに向き合えると思います。

コサック:"クリエイティブ愛"の話でいうと、師匠さんの話はどう感じた?

らんらん:師匠さんとは職種が異なるため、私が学べることは何だろうと思いながら話を聞いていました。

細かいところまでこだわり、ユーザーを楽しませたいと思いながらモノ作りをする師匠さんの姿に感動しました。本当にこの仕事が好きで、常にワクワクしながらモノ作りをされている方だと感じました。一概にクリエイティブ愛と言ってもモノ作りへの想いは人それぞれ異なるんですね。

※師匠:第3回記事に登場。3DクリエイターでWIZARD企画開発者のひとり

コサック:今までインターンをしている中で らんらんが"ワクワク"を感じたのは、どんな時?

らんらん:1年間インターンを経て来年の4月に入社する時には、出来る仕事が増えていたらいいなと将来の自分の姿にワクワクしました。

今まで関わったことのない業界だったので、初めのうちはインプットすることが多くて大変でした。だから、インターンをしながらワクワクを感じる余裕は正直、ありませんでした。

でも、日常生活で物事の見方や考え方が変わってからは、クリエイターに少しずつ近づいている!と成長を感じ、ワクワクしながら仕事が出来るようになりました。

コサック:他にインターンを通して、らんらんの中で成長を感じたことは何がある?

らんらん:失敗を恐れず、挑戦出来るようになったことですかね。

インターンを始めた4月は、自分にスキルや知識があればもっと早く作業が出来たのにと思うこともありました。出来ないことやうまくいかないことがあれば、落ち込むこともよくありました。

でも、代表の太田さんの「出来なくて当たり前、若いうちは手を挙げてたくさん経験することが大切」という言葉を聞いて、心理的安全性を感じました。

もちろん、今後も大変に感じることはあると思うけど、これからも何事にも挑戦して経験を積んでいきたいです。

コサック:魔女トレーニングを通してたくさんのことを学べたね!これでらんらんも一人前の魔法使いだね!

らんらん:今後の活躍も楽しみにしていてください!

クラウドファンディングについて

より多くの皆様と、『code name: WIZARD』を一緒に創り育てていきたいという思いから、クラウドファンディングを実施します。ご支援いただいた協賛金につきましては、主に開発費・体験会開催費の一部に使用させていただきます。ご支援へのリターンとして、体験会への招待、開発設定資料、ステッカー等を設定しています。

<クラウドファンディング概要>
・クラウドファンディングサービスCAMPFIRE
・期間:2020年7月8日(水)〜2020年8月9日(日) 予定
・リターン:体験チケット、開発設定資料、ステッカー、体験会時のデジタルフォト、オンラインサロン1年間参加券、広報サイトの協賛ページにお名前をクレジット等詳細はこちらをご確認ください。
https://ajara.kakus.in/wizard/cf_cmp/?wdid=20200708

株式会社カクシンでは一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング