This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【イベントレポート】女子大生の私が『レッツゴー万博2025』イベントに登壇しました!

こんにちは!
株式会社ケイ・ブリッジのインターン生の有本です!
女子大生PRユニット『TeamKJ』の副代表も務めています。 


※女子大生PRユニット『Team KJ』とは?
関西の女子大生約40名が在籍する学生団体。様々な企業様のPRを担当しています。
2015年の発足から、『社会に、まだない耀きを』をミッションに、関西の学生が活躍できる社会を目指して活動を行なっています。
詳しくは以下のフィードを!


万博イベントに参加しました!

先月11月16日に大阪城公園で行われた『レッツゴー万博2025 run&fes』のイベントにKJメンバーがアンバサダーとして参加してきました!

さらに、私有本と、OBの松本、代表の沖中がパネリストとして、
OBの中野がMCとして、ディスカッションステージに登壇しました。

今回は、このイベントの様子をご紹介します!


レッツゴー万博2025って?

2025年の大阪・関西万博に向けて毎年行われるカウントダウンイベント。
SDGs達成に向けた取り組みを通して万博の認知を広げることが目的です。


Lets Go Banpaku 2025年 大阪・関西万博に向けて、楽しみながら事例を共創するカウントダウンイベント!『レッツゴー万博2025』開催!
大型のイベントで、SDGs の達成に向けた実証実験を毎年行い、 翌年へ、そして2025年の万博につなげていく。 全国の企業、個人、自治体、国内外のイベント主催者とパートナーシップを結び、 来場者数、開催エリアを拡大しながら2025年大阪・関西万博の認知を世界に広げる。 SDGsとは 2015年9月の国連サミットで採択された 「持続可能な開発目標」持続可能な世界を 実現するための17のゴール・169のターゲットから 構成され,地球上の誰一人として 取り残さない(leave no one behind)ことが
http://www.goto2025.osaka/


・ステージとの距離が近く熱気いっぱいのアーティストのライブ
・ケバブやたこ焼きなど多国籍なキッチンカー
・キックボクシングができたり、ヘアカラーリングができたりと個性的な体験ブース
など気になるものがたくさん!


私たちは、トーク&ディスカッションに参加しました!

シャ乱Qのはたけさん
登美丘高校ダンス部のakaneさん
20歳で株式会社No Limitを起業された現役学生起業家の瀬戸 敦史さん

などなど登壇者リストには本当に豪華な顔ぶれが並んでおります。

ここに並ぶなんて…
お、恐れおおい……笑


万博×女性活躍:女性の活躍には『家族の理解』が必要

11時に会場に到着。
ランイベントの開始が14時からだからなのか、まだ人はまばらです。

メインステージとキッチンカーを横目に奥まで進むと…

ちょうど最初のパネルディスカッションが始まるところでした。
ギリギリ間に合った(ふぅ)。

テーマは『万博×女性活躍』
KJ代表の沖中が登壇しました。


登壇者にはママさんが多かったので、私たちの少し先の話をしてくれていました。

子育てをしながらの起業、世間の厳しい声...


素晴らしいご家族の協力を得て、そんな障壁を乗り越えてきた皆さんのお話に、
男女問わず、関西で学生が耀ける社会を作る、私たちのゴールについて改めて考えさせられました。



その頃ステージ裏では…

一つ目のパネルディスカッションが終了すると私と松本は控え室へ。

そして他の登壇者とご対面。

登壇者:
博覧会マニア 二神 敦さん
50年目の万博マニア 藤井 秀雄さん
WAKAZO執行代表 川竹 絢子さん
WAKAZOメンバー 四反田 直樹さん


博覧会マニアの二神さんとは9月に開催した万博ファッションショー『こたつ会議』以来の再会でした!

こたつ会議とは
ナレッジキャピタル主催の参加型イベント。登壇者がこたつを囲んで行うトークショーを行います。
2019年9月21日の第11回目のこたつ会議のテーマは『2025年関西・大阪万博』でした!

Team KJは様々な万博のパビリオン衣装を身につけたファッションショーに参加。
そのコメンテーターとして、万博マニアの二神さんとタレントの三戸なつめさんとご一緒させていただきました。


流れをざっくり確認したのち、
WAKAZOさんのパビリオンの話となり、話はどんどん高度に。


二神さん、藤井さんの万博マニアチーム
「今回の万博はパビリオンに並ばせないというのもテーマだと思うんですが、Wakazoさんのパビリオンではその動線とかはどうされるんですか?入口がどこでとか、そういったところも聞きたくて!」

川竹さん、四反田さんのWAKAZOチーム
「私たちはパビリオンの中身を作るチームなのですが、来週開催のイベントで万博パビリオンのプレとしてミニパビリオンを展示しようと考えています。そのプレを通して動線などより具体的なところも詰めていきたいなと思っています。ぜひお二人のお力も貸していただきたいです!」

有本、松本のTeam KJチーム
「・・・・・・・・」


私たち二人は理解するのに精一杯で、皆さんの知識量に圧倒されてしまいました(汗)

 ※WAKAZOさんのパビリオン詳細はこちら


私たちは普通の学生視点の意見を出していくぞ!笑
と気合を入れ直し、いざステージへ。



いよいよ登壇!

緊張がもろに顔に出ています。表情が硬い...笑

このステージは『20世紀×21世紀少年少女』がテーマ。
1970年の万博を知る人と知らない人がトークするという趣旨でした。


まずは万博クイズでアイスブレーク。
問題は...
1970年の万博でデビューしたものは?

動く歩道、プロジェクターと、wakazoのお二人が次々と正解。
うーん、ハードルが上がる...笑


私は、「自動改札機!」と答えました。

結果は...?

「△で、正解寄りの不正解、いや、不正解寄りの正解です」
どうやら世界初の自動改札機ができたのは1967年、万博よりも前の年だったようです。
ですが、万博に向けて混雑解消のために導入されたとのこと。
惜しい。


続いて松本の答えは、「イヤホン」。
こちらは残念ながら不正解。

難しいクイズでしたが、詳しい解説までしていただいて、とてもためになりました!




クイズで空気が解れた後は、パビリオンの話題に。

あなたが2025年の万博でパビリオンを作るなら?

私たちの考えたパビリオンは働く女性にフォーカスした内容。
ゴールは女性の可能性を拡げることです。
基盤となる家庭に注目して、様々な形の家族を疑似体験できるコーナーと、
社会的側面に注目して、世界中で活躍する女性の姿を知ることができるコーナーを考案しました。


そして、wakazoパビリオンについて詳しく説明していただきました。

来るたびに中の様子が変わるパビリオン。
非常に面白そうで興味が湧きました!
実現したら行ってみたいなぁ。


...と、ここで、
二神さんから、ちょっと待った!の声が。

二神さん「ちょっとそれは困りますねえ。万博マニアの私としては、毎日変わったら毎日いかないといけないじゃないですか。笑」

川竹さん「じゃあもう、私たちのパビリオンに住んじゃいましょう!」


もしかしたら住めるパビリオンが出来ちゃうかもしれないですね笑



ステージも終わって、あとは楽しむだけ!のはずが…

ステージが終わって緊張が解けたところで、昼食も兼ねてキッチンカー巡り。
美味しい唐揚げとクレープをいただきました。

7つもクレープを頼んでテナントの方がてんやわんや…
代表の沖中は「生クリームチョコバナナで、生クリームめっちゃ少なめで」とややこしい注文でさらにてんやわんや…笑

出来立てクレープ、すごくおいしかったです!!


お腹が満たされた後は、キックボクシングの体験ブースに。
なんとここでは、日本チャンピオンの池本さんに直々に教えてもらえます!!!

ダイエットにも効果的と聞いて、メンバーみんなやる気満々!!
初のキックボクシングにわくわく!!!



みっちり2ラウンドのスパルタ指導で、死にそうになりました……
あんなにわくわく参加したのに…笑

でもさすがはプロの指導!
的確で分かりやすく、なかなかない貴重な体験で、いい汗をかけました!
こんな短時間でも、翌日おしりと太ももが筋肉痛になるくらいのいい運動に。笑
大阪のジムでパーソナルレッスンが受けられるみたいです!



豪華な出演者をこの目で!

続いて、OB中野がMCを務める「万博×エンターテインメント」のステージが始まりました。


なんか今までより観覧のお客さんが多いな...



!!!!!!!!

テレビで見る人たちだ!!(失礼)

とメンバー全員大興奮!笑


登壇者:
シャ乱Q はたけさん
バブリーダンスの振付師 akaneさん
ウイニングイレブンプロゲーマー GENKIモリタさん
Re:Walk Project 木戸 俊介さん


2025年のエンターテインメント業界がどのようになっているのか、
その中心で活躍されている方々のお話が聞ける、貴重な経験でした。

何と言ってもお話がお上手で、ステージに引き込まれてしまいました。


すっかり周りも暗くなってきて、最後は『万博×スタートアップ』のステージ。

登壇者:
株式会社ZERO TALENT 代表取締役 木村 瑠人(キムラリカルド)さん
株式会社ルカコ 代表取締役 仙田 忍さん
株式会社No Limit 代表取締役 瀬戸 敦史さん
天創堂株式会社 代表取締役 粕井 健次さん

最初の自己紹介。
天創堂の粕井さんが、神戸マラソンの記念品「完走飴」を客席に。

ライブみたい!とはしゃぎながら、無事キャッチできました。笑


イケメン起業家揃いのステージ!

6年後の未来を熱く語る姿が素敵でした〜




トリは、ビジネスピッチコンテスト

先ほどのスタートアップステージの登壇者の皆さんが審査員です。

当日の飛び込み参加もOKのこの企画、当初は3名ほどを想定していたのですが
出場希望者が多すぎて即締め切りとなっていました!

出場者の皆さんはとっても個性的。
提案するビジネス内容も斬新ですごく面白いものばかりでした!




優勝は...

シニア専門の芸能事務所を立ち上げた平岡史衣さん!

写真中央に映ってらっしゃるのですが、インパクト大!なこの地球儀の衣装は前日の夜徹夜して手作りされたそう!笑

おじいちゃんおばあちゃんが活き活きと輝ける社会、素敵ですよね!



イベントはここで終了!


万博までの6年間、まだまだできることがあるし、まだまだ成長できるなあ、と考えさせられました。

なかなかお会いできない方々とお話ができ、とても貴重な経験ができた一日でした!



TeamKJは、

「このようなイベントに参加して表に立ちたい!」
「学生のうちに色々な人に接したい!」
「もっと社会との接点が欲しい!」
「同世代に対して影響力のある人間になりたい!」

そんな貴方をお待ちしています!



※学生メンバーは近日募集予定です…!
 興味を持ってくださった方はぜひフォローをお願いします

株式会社ケイ・ブリッジでは一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう