1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

オンボーディングの一環として社内限定名簿[JXペディア]をはじめました。

こんにちは、すみみんです。
朝夕はひときわ冷え込むようになりましたね。

さて、JX通信社では最近「JXペディア」というものを作成しました。
一体どんなものなのか、なぜ誕生したのか、反響はどうか?などご紹介したいと思います。

JXペディアってなに?

オンボーディング(新メンバー受け入れ)の一環として、社員やインターンのメンバー把握やSlackとの結びつきを迷わないようにするための社内限定の名簿のことです。約1か月前から経営戦略局の管理のもと行っていますが、最小限のルールの中メンバー各自が自由に書き込みを行なえるような仕組みになっています。

なぜ誕生したの?

最近では嬉しいことにメンバーが増えたり、働く環境の整備の一環でリモートワークが導入されたりしています。各々に合った働き方が実現されていく一方、こんな問題が起こっていました。

「あれ…この子はだれ?」「あの社員さんってどんな仕事してるんだろう、所属は?」
「Slackではやり取りしてるけど、どの人なの?実物がわからない…」

そう、顔と名前が一致しない。

これらを解消するためにJXペディアは誕生しました。
もちろんそれだけではなく、JX通信社に入ってくる方の心理的安全性に配慮するため、またコミュニケーションを円滑にするためといった側面もあります。

(実は言い出しっぺは私だったりします。「入社したばかりの社員やインターン生のために、プロフィール帳的なものがあればいいのに…」と漏らした一言がきっかけです。些細な一言がカタチになるなんて素敵じゃないですか?)

JXペディアでわかること

( ↑ 実際のわたしのページ )

JXペディアには「名前」「顔写真」「Slackアイコン画像」「仕事内容」「趣味」「他己紹介」などの項目があります。実際の顔とSlackアイコンが並んでいるのでとても分かりやすいです。

他己紹介の欄は社員さんやインターン生が自由に書いてくれています。
(もちろんシートに保護をすることができるので、他己紹介の欄を省くことも◎)

JXペディアの反響をメンバーに聞いてみた

すみみん:
JXペディアが誕生して1か月が経ちますがいかがですか?

入社1か月のエンジニア👤:
Slackと本人結びつき
がイマイチうまく言ってなかったのがJXペディアで助かってますね。

すみみん:
JXペディアはどんな場面で活用できそうですか?

出勤5回目👤:
個人的に人の名前を覚えるのが苦手なので、よくこっそり確認してます。懇親会の前にも、名前や顔はもちろん、趣味を先に知れて話題のきっかけにもなるので面白いです。

すみみん:
JXに慣れているメンバーにとってもメリットはあるのでしょうか?

入社15か月目👤:
普段コミュニケーションを取っていても知り得なかった情報を知れましたね!話の1つのネタになるのがいいなと思います。

オンボーディングの一環として、またコミュニケーション活性化のツールとして一役買っている新しい取り組み[JXペディア]。このように社内環境を良くしていくために気軽に発言できる、実行に移す行動力が備わっているのがJX通信社です。

JX通信社では様々な職種でメンバーを募集しております。ぜひ会社ページよりご覧ください。
気になった方はぜひお気軽にご連絡くださいね。


CMO候補
新たなスタイルを提案する報道機関で"CMO候補"探してます!!
株式会社JX通信社は、報道機関や一般消費者にニュース関連サービスを提供する「報道ベンチャー」です。 共同通信社、QUICK(日経グループ)、テレビ朝日、フジ・スタートアップ・ベンチャーズ(フジテレビ系)などをはじめとする、国内の主だった報道機関が資本参加しています。 ◎Business insider様取材記事「“記者ゼロ”AIで報じる「JX通信社」29歳社長が見据えるニュースの産業革命」 https://www.businessinsider.jp/post-160129 自然言語処理や機械学習といったテクノロジーで「報道の機械化」を進めて、コストを下げながらニュース報道の付加価値を上げる「ニュースの産業革命」に取り組んでいます。 ソーシャルメディア発の緊急情報収集・配信サービス「FASTALERT」は、主に報道機関向けに提供しており、共同通信や産経デジタル、更にはテレビ朝日、フジテレビをはじめとする全ての民放キー局が導入。日本全国の多くの報道機関に、毎日のニュースの発端となる事件・災害等の情報を提供しています。 一般向けには、自社運営のニュース速報アプリ「NewsDigest」を提供。「どのニュースアプリよりも速報が速い」とソーシャルやアプリストアでの評価も高く、150万DLを突破した今は報道現場でも必携アプリと言われるほどに成長しています。
JX通信社
SaaSセールス
急成長SaaSスタートアップで事業成長を担うセールスメンバーWanted!
株式会社JX通信社は、報道機関や一般消費者にニュース関連サービスを提供する「報道ベンチャー」です。 共同通信社、QUICK(日経グループ)、テレビ朝日、フジ・スタートアップ・ベンチャーズ(フジテレビ系)などをはじめとする、国内の主だった報道機関が資本参加しています。 ◎Business insider様取材記事「“記者ゼロ”AIで報じる「JX通信社」29歳社長が見据えるニュースの産業革命」 https://www.businessinsider.jp/post-160129 自然言語処理や機械学習といったテクノロジーで「報道の機械化」を進めて、コストを下げながらニュース報道の付加価値を上げる「ニュースの産業革命」に取り組んでいます。 ソーシャルメディア発の緊急情報収集・配信サービス「FASTALERT」は、主に報道機関向けに提供しており、共同通信や産経デジタル、更にはテレビ朝日、フジテレビをはじめとする全ての民放キー局が導入。日本全国の多くの報道機関に、毎日のニュースの発端となる事件・災害等の情報を提供しています。 一般向けには、自社運営のニュース速報アプリ「NewsDigest」を提供。「どのニュースアプリよりも速報が速い」とソーシャルやアプリストアでの評価も高く、100万DLを突破した今は報道現場でも必携アプリと言われるほどに成長しています。
JX通信社
WEBフロントエンドエンジニア
React/Vue.jsでSPA開発するフロントエンドエンジニア募集!
株式会社JX通信社は、「テクノロジーで『今起きていること』を明らかにする報道機関」をミッションに掲げ、「FASTALERT」「NewsDigest」などのサービスを展開する報道テクノロジーベンチャーです。 共同通信、テレビ朝日など大手報道機関も続々出資。「記者ゼロの通信社」として業界の注目を集める、急成長中の報道ベンチャーにて、BtoB、BtoCサービスを弊社独自に開発しております。 これまでに累計約14億円調達。 両サービスともに、通期で年数百%の成長中です。 ◎Business insider様取材記事「“記者ゼロ”AIで報じる「JX通信社」29歳社長が見据えるニュースの産業革命」 https://www.businessinsider.jp/post-160129 自然言語処理や機械学習といったテクノロジーで「報道の機械化」を進めて、コストを下げながらニュース報道の付加価値を上げる「ニュースの産業革命」に取り組んでいます。 <FASTALERT> SNSから膨大な数の投稿をリアルタイムに解析し、事件や事故、災害の状況などを報道される前に配信する「AI緊急情報サービス」です。全国の報道機関や公共機関、インフラ企業などで多数導入されています。 <NewsDigest> いわゆる通常のキュレーションアプリよりも更に速報性に優れた「日本一ニュースの“速い”ライフライン型ニュースアプリです。
JX通信社
JX通信社では一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう