1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「諦めたらそこで試合終了ですよ」|バスケ好きが感じたスポーツ業界の理想と現実

今回は入社1年目の三ツ井さん(上部写真右)にインタビューしてみました。
三ツ井さんは埼玉県の大学を卒業後、現在の会社に就職。主にプロスポーツリーグを担当しています。
入社前から現在、そして未来について気になることを聞いてみました。

インタビュー直前まで電話で仕事をする三ツ井さん、かっこいいぜ!

Q. 早速ですが、どのような学生時代を過ごしていましたか?

学生時代はバスケットボールをやっていました。

大学の講義でスポーツ科学を学んだことから、バスケットボールのコーチもやっていて、すごく熱中していました。

Q. どのようにして会社選びをしていましたか?

大学での勉強やバスケットのコーチをしていく中でスポーツを仕事にしたいと思うようになりました。

そこで、「スポーツ マーケティング」と検索して、出てくる会社をひたすら調べていました。するといくつかの候補の中に今の会社がありました。

もちろん会社名すら知りませんでしたが、会社のHPに「スポーツを通して人や社会が繋がる機会を創出」というミッションの記載があり、学生時代の経験にリンクさせることが出来るのではないかと思い、会社宛にメールしました。

Q. メールを送った後はすぐに入社が決まったのですか?

実は私の送ったメールが迷惑メールになっていたようで・・・。

たまたまメールを発見していただき、何度か面談の機会があり、入社をすることになりました。

これも運命だったのだと思っています。 社長との面談では、会社の良い面も悪い面も共有いただき、入社前から働くイメージが湧いていました。

当時を回想し、悲しくなる三ツ井さん・・・

Q. 入社前と会社へのイメージに変化はありましたか?

イメージ通りだったかと聞かれたら難しいです。

一見華やかに見える仕事でも、見えない部分では泥臭く、大変な苦労があることを実感しています。

入社前とのギャップは少なからずありますが、それよりも仕事の充実さが勝っていて、特に気にはなっていません。

Q. 普段はどのような仕事をされているのですか?

主にプロスポーツリーグを担当しています。

各クラブの営業担当の方と、「どのようにファンの皆さんに価値提供をしていくのか」を考えるのが主な仕事になります。

それ以外にも、プロ野球チームのマーケティングや、スポーツ関連のイベント運営など様々な形で競技に関わっています。

Q. やはり夜遅くまで働くことが多いのでしょうか・・・?

スポーツにはシーズンがあるので、時期によって異なります。

自分の場合は、21時ごろまで働いている時もあれば、定時で帰るときもあるなど様々です。

また、基本的には土日祝休みですが、試合やイベントなどがあるときには、平日に休みを取るようにしています。

Q. テンションの上がる仕事は何ですか?

学生時代にバスケットをやっていたこともあり、バスケット関係の仕事をしているときはテンションが上りますね。

今までは見る側でしたが、自分が関わった企画などが皆さんのところに届けられるときには、なんか不思議な感覚になります。

本当に1年目から色々な仕事の経験をさせてもらっていて、まさかここまで責任のあることを任せられるとは思っていませんでした。

バスケの仕事を想像すると、嬉しさが表情に現れる三ツ井さん

Q. 仕事をする上で心がけていることはありますか?

仕事に詰まったときや、忙しくなったりするときは、楽をしようとしてしまったり、本来の目的を忘れがちです。

そんなときは、「なぜこれをやっている?」という部分を忘れないようにしています。

Q. どんな人が「ジョインハンズスポーツ」という会社に向いているでしょうか?

今、少しずつですが会社の規模も大きくなり、変化しているところです。

そのため、新しいことや変化が好きな人には向いていると思います。苦しい時もありますが、その環境にチャレンジ出来る人にとっては良い環境です。

スポーツ業界に入りたい人の中には、球団やクラブ職員を目指す人もいるかと思いますがそんな人にもおすすめです。

専門競技に属することなく様々な競技に関わることができるので、視点を変えながら仕事ができます。

あとは、会社が表参道にあるので、おしゃれなところで働きたい人にオススメですね!

Q. 最後に、今後の「ジョインハンズスポーツ」に関して一言お願いします

メンバー一同、現状に満足することなく、仕事をしているため、今後も色々な仕事に携われるチャンスがあります。

それは自分達の中にしっかり稼ぎたい・成長したいという思いがあるからだと思っています。

まだまだ小さい会社ということもあり、社員の声が届く距離に社長がいるということも大きなメリットです。

また、新たな評価制度が出来てきていて、自分の頑張りや成長が、会社の成長につながることが目に見えてわかるようになり、評価をより感じることができると思います。


(編集後記)

今回は三ツ井さんに貴重なお話を聞くことが出来ました。

僕自身もそうであったように、スポーツ業界というと、どうしてもその球団・クラブに入ることが正解と思われがちです。

しかし、そこへ行かなくとも、運営に関わることができたり、一緒に仕事をすることができたりと、面白い環境はたくさんあるのだと改めて実感しました。

是非、スポーツ業務を志望している人はもちろん、スポーツ業界に憧れがありながら諦めかけている人に参考になっていると嬉しいです。

株式会社ジョインハンズスポーツでは一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング