1
/
5

福島 老人保健施設クラスター支援~活動レポート~

新型コロナウイルスのクラスター支援のために、福島の老人保健施設で活動していた鰐川看護師からのレポートが更新され、誰もが経験したことのない状況の中で施設スタッフの方々と皆で協力しながら乗り越えていこうという現場の人々の様子が綴られています。

その言葉に耳を傾けるスタッフの表情や空気感から、この場所でスタッフの想像を超えたことが起き、外部の支援や慣れない感染対策を行わなくてはならない状況の中、しかし1つ1つ受け止めようとしているスタッフの様々な思いを感じ、涙が溢れそうな気持ちになりました。

施設で働くスタッフが日々忙しい中で、とても気遣っていただき、感謝の言葉をいただくことも多くありました。ホテル生活であることを知ると、手作りのスナップエンドウやサラダ、旬のタケノコやフキ、また手作りのスイーツなど、本当にたくさんの美味しいものをいただきました。

「来てくれてありがとう」「助かったよ」「娘みたいで母親のような気持ちになっちゃうわ」など、みなさんが本当に本当にあたたかくて、優しくて、胸がいっぱいになった。支援に入ったはずのわたし自身が、逆にたくさん助けていただいたように思います。

ジャパンハートは、これからも「医療の届かないところに医療を届ける」活動を続けていきます。


国際医療NGO ジャパンハートでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング