1
/
5

【転職したい人向け】人間関係で仕事を辞めたい人が向き合うべき1つの大きな問題

こんにちは、日本デザインの大坪です。

あなたは、今の職場を辞めたい、転職したいと思ったことはありますか?

  • スキルアップをしたい
  • 自分が本当にやりたいことを実現させたい

上記のように前向きに転職を考える方もいらっしゃると思いますが、決してそれだけではないでしょう。

仕事を辞めたいという悩みはお金に関すること、そして同じくらい、人間関係が原因のことが多いです。
あなたは今の職場でよい人間関係を築けていますか?

今回は、人間関係で仕事を辞めたい、転職したいと考えている人が向き合うべき、1つの大きな問題についてお伝えしていきます。

職場における人間関係の問題

  • 後輩が生意気で困る
  • 上司が自分の手柄を横取りする
  • 仕事の指示が頻繁に変わるので、何度もやり直す
  • 派閥問題で毎日嫌な気分になる

こんな悩みがあっても職場の誰にもいえない状況も、あまりよい環境とはいえないですよね。
あなたも一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

またそれを言えないというのも、人間関係の問題の1つでしょう。

いかがでしょうか?
あなたも思ったことがあるのではないでしょうか?

人間関係で転職を考えているあなたに伝えたいこと

上記のような人間関係の悩みが理由で仕事を辞めたり、転職を考えている場合、1つだけお伝えしておきたいことがあります。

それは、転職した次の職場でも同じことが起きるということです。

1つ目の職場だとわからないと思いますが、次の職場に勤めたときに気付きます。
複数回の転職をし、今の職場で人間関係に悩んでる方は思い出してください。

過去に人間関係が嫌で辞めたときのシチュエーションと同じことが、現在も起きていないでしょうか?

人間関係の問題は自分にある


人間関係の問題は相手に原因があると思いがちですが、実は、本当の原因は自分自身にあります。

あなたを否定したり、あなたに問題があると言いたい訳ではないです。
そういう問題を引き寄せる何かしらの理由を、現状まだ抱えている、持ってしまっている、ということです。

その理由と向き合わない限り、あなたは今後もずっと同じ問題で悩み続けるでしょう。

逆にいえば、今向き合うことで、今後は同じ悩みで苦しまなくなります

もし問題から逃げて職場だけ変えても、初めはよかったとしても必ず同じ問題が降りかかってきます。
私自身も経験がありますし、今まで何百人と仕事関係の相談を受けるなかで実感したことです。

転職の前に考えること・向き合うこと

もしあなたが今、人間関係の問題で仕事を辞めたい、転職したいと思っている場合、

「その人間関係を、どうやったら改善できるだろうか」
「もし私に原因があるとしたら、何が原因なんだろうか」

ということを考えましょう。

これは答えるのが大変難しく、向き合いたくないかも知れません。
小さい頃の自分を振り返ったり、両親とのいざこざなど、今まで避けてきた部分を見なくてはならないからです。

しかし、いつかは必ず向き合う必要があります。

今向き合うことで、これから先の何十年もの人生を、その問題がない状態で過ごすことができるでしょう。
それがよりよい生き方であり、よりよい働き方であると思っています。

「向き合って解決してください」

そんな難しいことは言いません。

「自分に原因があるとしたら何だろう?」とすこしの時間でもよいので考えてみましょう。
もしかしたら、あなた人生を好転するきっかけになるかもしれません。

まとめ

今回は、人間関係で仕事を辞めたい、転職したいと考えている人が向き合うべき、1つの大きな問題についてお伝えしてきました。

多くの人は、人間関係の問題は相手に原因があると考えるでしょう。
いつまでも原因を外に探し自分自身と向き合わないでいると、いくら場所を変えてもまた同じ問題が起きます。

本当の原因は自分自身にあります

向き合うことは大変だと思いますが、この先の人生を同じ問題で悩み続けることがないように、

・どうやったら今の人間関係を改善できるのか
・もし私に理由ががあるとしたら、それは何か

ということを考えましょう。

あなたの明るい未来のサポートになれば嬉しいです ^^
最後まで読んでいただきありがとうございました。


▼動画で見たい方はこちらから!
人間関係で仕事を辞めたい転職したい人が避けられない、1つの悲劇との向き合い方

他にも、転職や働き方にまつわる情報を発信しています!
5倍速成長&5倍速お悩み解決チャンネル - Takuma Otsubo

株式会社日本デザインでは一緒に働く仲間を募集しています
14 いいね!
14 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう