1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「強いエンジニア組織」のために大事にしたいこと

2019年11月にVPoEに就任した執行役員 福崎が、GA technologiesのTECH BLOGで「強いエンジニア組織」について語っております。

イタンジは、巨大な不動産業界をITの力でなめらかにしていきます。
2019年9月には、弊社のサービス “入居申込Web受付システム「申込受付くん」” が導入社数No.1サービス(東京商工リサーチ調べ)に認定されました。

このような嬉しい実績の背景には、強いプロダクトを開発しているエンジニアの頑張りがあります。

チームの文化や大切にしていることなど、イタンジの開発現場の強みを知っていただけると嬉しいです!


イタンジではこの「少数精鋭で大きな仕事を成し遂げる」エンジニアチームにジョインしてくれる仲間を募集中です!

我々と一緒に、魂がこもったプロダクトをつくりましょう!!

エンジニアリングリーダー
良い文化と良いチームあります。革命の主役を担うエンジニアMGRを募集!
不透明で非効率な不動産業界に革命を! イタンジは、テクノロジーで不動産の賃貸取引をなめらかにする不動産ベンチャーです。 「テクノロジーで不動産取引をなめらかにする」をミッションに掲げています。 不動産リーシング業務のリアルタイムデータベースである「ITANDI BB(イタンジ ビービー)」や、不動産賃貸業務のDXサービス群「ITANDI BB +(イタンジ ビービー プラス)」など、不動産事業者向けのSaaSを開発・運営しています。 2021年4月、デジタル改革関連法案が衆院本会議で可決されました。これにより、不動産業においては、賃貸・売買契約における重要事項説明の非対面化および、書類手続きの電子化が施行される予定であり、賃貸業務における電子化のニーズが高まっています。 ❐ 不動産賃貸業務の業者間リアルタイムデータベース「ITANDI BB(イタンジ ビービー)」 ❐ 不動産賃貸業務のDXサービス群「ITANDI BB +(イタンジ ビービー プラス)」   サービスサイト https://lp.itandibb.com/ 不動産賃貸領域においてのリアルタイムな物件データベースを実現した「ITANDI BB」。 その関連システムである「ITANDI BB +」は顧客管理機能を有し、物件検索から内見、入居申込、契約、更新、退去手続きまでを一気通貫でサポートする、不動産賃貸業務のDXサービス群です。 withコロナ時代の新たな生活様式に対応した賃貸不動産業務の実現を推進し、現在、約1,900店舗の管理拠点で導入、約35,000店舗の仲介拠点で利用されています。 「ITANDI BB +」には、累計利用者数340万人を超えるAIを活用した顧客管理・自動物件提案システム「ノマドクラウド」や、累計電子申込数約40万件の不動産関連WEB申込受付システム「申込受付くん」などの、賃貸不動産業界のインフラとも呼べるサービスが含まれています。 (※2021年4月現在) ❐ 新サービス セルフ内見型賃貸サイト「OHEYAGO」   サービスサイト https://oheyago.jp/ 「OHEYAGO(オヘヤゴー)」は、スマートロックを活用することで、入居希望者がスマホ1つで内見から申し込みまでが即日中に可能な、新しい部屋探し体験を提供するサービスです。内見に不動産会社スタッフの同行が不要なため、入居希望者は自身の都合で希望する部屋を内見し、IT重説を活用することで不動産会社へ一度も来店せず、物件を借りることが可能な新しい賃貸サービスです。 日本の不動産業界は約40兆円もの巨大市場ながら不透明なことが多い状況です。これは同時にイノベーションの余地が多く残されているということ。 このようなテクノロジーによって業務の分業化・自動化を進め、不動産取引をなめらかにすることで、不透明で非効率な不動産業界を変えたいと本気で思っています。
イタンジ株式会社


Railsエンジニア
RubyonRailsで業界を変えるサービスの開発をしたいエンジニア募集!
不透明で非効率な不動産業界に革命を! イタンジは、テクノロジーで不動産の賃貸取引をなめらかにする不動産ベンチャーです。 「テクノロジーで不動産取引をなめらかにする」をミッションに掲げています。 不動産リーシング業務のリアルタイムデータベースである「ITANDI BB(イタンジ ビービー)」や、不動産賃貸業務のDXサービス群「ITANDI BB +(イタンジ ビービー プラス)」など、不動産事業者向けのSaaSを開発・運営しています。 2021年4月、デジタル改革関連法案が衆院本会議で可決されました。これにより、不動産業においては、賃貸・売買契約における重要事項説明の非対面化および、書類手続きの電子化が施行される予定であり、賃貸業務における電子化のニーズが高まっています。 ❐ 不動産賃貸業務の業者間リアルタイムデータベース「ITANDI BB(イタンジ ビービー)」 ❐ 不動産賃貸業務のDXサービス群「ITANDI BB +(イタンジ ビービー プラス)」   サービスサイト https://lp.itandibb.com/ 不動産賃貸領域においてのリアルタイムな物件データベースを実現した「ITANDI BB」。 その関連システムである「ITANDI BB +」は顧客管理機能を有し、物件検索から内見、入居申込、契約、更新、退去手続きまでを一気通貫でサポートする、不動産賃貸業務のDXサービス群です。 withコロナ時代の新たな生活様式に対応した賃貸不動産業務の実現を推進し、現在、約1,900店舗の管理拠点で導入、約35,000店舗の仲介拠点で利用されています。 「ITANDI BB +」には、累計利用者数340万人を超えるAIを活用した顧客管理・自動物件提案システム「ノマドクラウド」や、累計電子申込数約40万件の不動産関連WEB申込受付システム「申込受付くん」などの、賃貸不動産業界のインフラとも呼べるサービスが含まれています。 (※2021年4月現在) ❐ 新サービス セルフ内見型賃貸サイト「OHEYAGO」   サービスサイト https://oheyago.jp/ 「OHEYAGO(オヘヤゴー)」は、スマートロックを活用することで、入居希望者がスマホ1つで内見から申し込みまでが即日中に可能な、新しい部屋探し体験を提供するサービスです。内見に不動産会社スタッフの同行が不要なため、入居希望者は自身の都合で希望する部屋を内見し、IT重説を活用することで不動産会社へ一度も来店せず、物件を借りることが可能な新しい賃貸サービスです。 日本の不動産業界は約40兆円もの巨大市場ながら不透明なことが多い状況です。これは同時にイノベーションの余地が多く残されているということ。 このようなテクノロジーによって業務の分業化・自動化を進め、不動産取引をなめらかにすることで、不透明で非効率な不動産業界を変えたいと本気で思っています。
イタンジ株式会社
イタンジ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
13 いいね!
13 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう