Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

インターワークスでは「メディア&ソリューション」と「人材紹介」を中心に事業を展開しています。 ◆メディア&ソリューション事業 「工場WORKS」を中心に、業種特化型のWebサイトを企画・運営しています。 領域特化することによりピュアなビッグデータやノウハウを活用し、求人企業・求職者、双方に対して、効率的な活動と、確度の高いマッチングサービスを提供することができます。 ◆人材紹介事業 インターワークスでは人材紹介のサービス「ビズトリート」を運営しています。 ビズトリートは年収800万円以上のミドル・エグゼクティブ領域の人材にフォーカスしてサービスを提供します。各専門領域に精通したコンサルタントが、求職者の皆さんと求人企業のベスト・マッチングを実現します。 現在コンサルタントが担当している領域は建設、再生可能エネルギー、IT、メーカー系などがあります。コンサルタントには各種アワード受賞者が多数在籍しており、業界トップクラスの転職コンサルティングを提供することができます。

なぜやるのか

◆メディア&ソリューション事業が目指している未来 我々は人材×WEB×製造の領域で圧倒的になくてはならない存在を目指しています。 求職者にとって有益な情報がサイト内に存在し、且つ使いやすくあること、企業にとって必要な人材が採用できる唯一無二の信頼できるパートナーであることを意味します。 製造業で働くことに、夢と希望を持ってもらうようなコンテンツ配信もし業界を活性化しながら、求職者と企業の求めるニーズに応え、温もりあるクールなサービスを展開してきたいと考えています。 ◆人材紹介事業が目指している未来 転職理由で毎年上位に上がるのは 年収・給与に対する不満。 そんな方々の願いを叶えるためにビズトリートでは、転職者の年収保証をしています。 ビズトリートは、求職者を正当に評価してくれる転職先のご紹介に、どこよりもコミットします。 多忙な転職活動中の方々の代理人として全力でサポートし、より良いマッチングの提供と笑顔になれる機会の創出を目指しています。

どうやっているのか

社内には休憩やライトMTGができるオープンスペースあり!
チーム内のコミュニケーションも闊達です
◆インターワークスのエンジニアのミッション! インターワークスは現在システムリプレイスのフェーズにあります。2018年10月に新たにIT戦略本部(社員14名+業務委託15~20名、マネージャー2名)が立ち上がり、IT推進および開発体制を強化しています。このシステムリプレイスを推進するために、技術の開発・導入・運用にコミットすることがIT戦略本部のミッションです! 〇インターワークスの情報システムのこれまで ・メンテナンス不足によりパフォーマンスしないネットワーク ・オンプレミスのデータセンターなどレガシーなシステム基盤 ・自社のIT活用の課題認識が明確ではなかったので、組織として何をすべきか意思決定できていなかった ・新しいものにトライする文化がなかった このようにIT戦略本部立ち上げ前は悲惨な状態でしたが・・・徐々に良くなりつつあります! 〇情報システムの現在とこれから ・社内ITが組織の戦略基盤であるという認識が全社に広がりつつある ・新しいことにトライできる流れが生まれている ・レガシーなシステムのリプレイスが進んでいる (オンプレミス→AWS、Slack導入、ナレッジシェアツールesaの導入) ・何のために、何を推進すべきで、それがどのような変化をもたらすか、想像して提案できるメンバーが増えてきているが、まだ足りない。 ・エンジニアのPCはMACになります!!! ◆インターワークスでエンジニアとして働くメリット ・東証一部上場企業でキャッシュリッチな環境で開発することができるので、設備、ツールに対する投資が期待できます。 ・知見が深いエンジニアがまだまだ少ないので、これまで培った知識を自由に活用できます。 ・IT戦略本部もできたばかりで、IT企業としては良くも悪くも未熟なので、経験豊富なエンジニアにとっては「強くてニューゲーム」のような感じで、今後のストーリーを自由に描くことができます! ◆豊富な部門間コラボレーション インターワークスのオフィスはワンフロアに一同が介しており、部門ごとに仕切られていないので、異なる部門のメンバーとも簡単にコミュニケーションが可能です。 物理的な距離が近いことも有り、毎年部門を超え社内の課題を解決する「横断プロジェクト」を立ち上げ活動をしています。 2018年度は「働き方改革」「社内コミュニケーション」「生産性向上」など3つのプロジェクトが活動をしていました。 ◆迅速かつオープンなコミュニケーション 社内コミュニケーションのツールとしては全社でSlackを使用しています。 多数のチャンネルが開かれており、毎日活発なコミュニケーションがとられています。 ◆時間や場所に縛られない柔軟な働き方 フレックスタイム制を採用しており、朝の出社時間は午前7:00~午前11:00の間で自由に選ぶことができます。 また、場所に縛られないロケーションフリーな働き方を目指して社内ではIT化を推進しています。 ※部署によっては一部フレックスタイム制を導入していないケースもあります。 ◆先進的な人事制度 働き方の多様性を受け入れられる複線型人事制度を採用しています。 5つのコースから自分の未来のキャリアパスにあったコースを選ぶことができます。 職種ごとに評価の尺度が異なるため、自身のその時々のライフスタイルや理想とする成長の姿にあった職種を選んで能力を高めていくことも可能です。 ◆インターワークスのIT戦略 インターワークスではIT戦略本部という部署がIT戦略を推し進めています。 メディア&ソリューション事業におけるWebサイトの「工場Works」や、人材紹介事業におけるWebサイトの「ビズリート」の開発・運用もこの部署のエンジニアが担います。 また、ロケーションフリーで生産性の高い働き方を実現するために、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の導入なども推し進めています。