1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【社員インタビュー】現在募集中の新潟オフィスの事業責任者の役割や業務内容について聞いてみた!

現在、インタースペースでは新潟オフィスの責任者候補を募集しています。

募集に伴い、当社の新潟オフィスではどういった業務を行っているのか、業務の提供価値などを、もともと本社でアフィリエイト事業を担当しており、現在は新潟オフィスで働くパフォーマンスマーケティング事業部マーケティング局の間渕にインタビューいたしました!

―まずは、間渕さんご自身の経歴を教えてください!

実は、ファーストキャリアはWebデザイナーでした。

学生時代、これからWebが伸びるだろうということを感じ、Webデザインの専門学校に通ったことがきっかけです。

Webデザイナーとして就職した会社では、インタースペースと同じくアフィリエイトの事業を行っていました。

最初はWebサイトのデザインやロゴの作成をデザイナーとして行っていたのですが、ベンチャー企業だったこともあり、当時の携帯向けコンテンツの企画や運営も任されたりしていました。

そうして業務の幅が広がっていくうちに、途中からデザイナーではなく営業職を任されるようになりました。

―デザイナーから営業に!すごいキャリアチェンジですね。

営業職を任されるようになったタイミングが、ちょうどEコマースのアフィリエイトが急激に伸びたタイミングでした。

クリエイティブにもより力を入れた広告戦略が必要になるということで、自分が営業も任された感じですね。

―営業に移ってからはどんなことを担当されていたのでしょうか?

デザイナーの業務と営業の業務をちょうど半々くらいで担っていました。

自社メディアのコンテンツ企画から運営もしていましたし、LPやバナーにも意見をだしていましたね。

アフィリエイト広告に関わることに関しては、幅広い工程をディレクションしていたというのがわかりやすいかと思います。

―そこからなぜインタースペースへ転職しようと思われたのでしょうか?

インタースペースのことは前職にいるときから知っていました。

設立年度が前職とちょうど同じくらいだったのですが、会社の規模が当時ですでに違ったんです。

実際にアフィリエイトをやっていたからこそ、規模感がより大きい会社で、自身も大きいチャレンジをしてみたいと思ったことが理由です。

―アフィリエイトにはこだわりがあったのでしょうか?

アフィリエイトじゃなきゃいけないということはないのですが、ビジネスモデル的にアフィリエイトがすきですね。

アフィリエイトは、成果報酬型という大きな特徴があります。成果を出さなきゃいけないので、成果に繋がらない苦しみもありますが、お客様にとってWinになる広告モデルなので損する人がいません。

このビジネスモデルが好きで続けていますね。

もちろん、10年以上すでにやっていたので経験を活かしたいという想いもありました。


―インタースペースに入社されてからはどのようなことを担当していたのでしょうか?

まず配属されたのが、アフィリエイト事業を行っている事業部の無形商材を扱うお客様と取引するグループでした。

自分の場合は、アフィリエイトの経験者だったので、PCのオンラインゲームや買い取りサービス、債務整理の広告主様の営業やコンサルティングを入社してすぐに担当させていただきました。

オンラインゲームに関しては、広告主様側の担当が自分しかいませんでしたが、その分自分で考えて、自分で調整して動きやすい部分もあったかなと思います。

顧客へのさらなる価値創造のために

―現在は新潟で勤務されていますが、どういったきっかけで新潟に転勤されたのでしょうか?

行くきっかけとしては、上司からの提案が1番はじめです。

家族もいるので、最初は断っていたのが本当のところなのですが、家族に相談したところ「いいんじゃない?」と言ってもらえまして。

なかなか違う土地で新たな挑戦をする機会もないと思ったので、挑戦してみようと思いました。

―大きな決断だと思うのですが、不安はなかったのでしょうか?

不安がないというと嘘になりますが、もともと考え方としてさまざまな経験を通して広い知識やスキルを得たいという考えを持っています。

ですので、新しい環境に飛び込むことは苦じゃないですね。

―新潟オフィスが担っている役割を教えてください!

新潟オフィスが立ち上がった理由は、顧客へのさらなる価値創造のためです。本社や支社の営業担当が営業活動に集中、専念できるように後方支援業務を行うため設立されました。

そのために、新潟オフィスではさまざまな業務を行っておりますが、大きくは2つあります。

1つはご出稿いただいている広告を運用するチームです。ここでは、広告主様や代理店様と直接やり取りを行い、売上拡大に寄与するような業務を行っております。

もう1つのチームは、本社や支社など広告主様やメディア様を担当する社員からの作業依頼を請け負っております。

1つ1つは小さな業務もありますが、マンパワーでしか出来ない業務も多く、アクセストレードというサービス、プラットフォームを下支えしている部署であると思います。

また、最近はRPAを用いた高効率化作業や、新潟オフィスから本社へ発信するような業務の企画や実施も行っております。

その中で、高いクオリティやスピード感を持って、業務を行い正確なアウトプットを行うことが最低限かつ重要な役割となります。

―ありがとうございます。間渕さんは新潟オフィスではどのような業務を担当しているのでしょうか?

業務内容は本社勤務のときからだいぶ変わっています。

もう1名自分と同じタイミングで本社から異動した社員と2名体制で広告運用チーム(広告主様の対応を行うチーム)と、本社からの作業依頼を請け負うチームを管轄しています。

今までは、自分が直接広告主様とやりとりしていましたが、そうではなく、チームのメンバーを介して広告主様とやり取りをするかたちに変わりました。

新潟オフィスにいるメンバーは契約社員やアルバイトがメインなのですが、自分よりも長く業務に携わっている方ばかりです。

ですので、管轄をするといっても細かくマネジメントするというよりも「メンバーの疑問や課題を解消すること」「本社とのハブになって適切な連携ができる状態にする」ということを意識して、取り組んでいます。

―実際どのくらいの人数を管轄されているのでしょうか?

広告主様の対応だけではなく、本社からの依頼を受けて作業するメンバーも含めると、約70名のマネジメントをしていることになります。

先ほど述べた通り、契約社員やアルバイトが多いので正社員のマネジメントとはまた違う面もあります。

しっかりと業務遂行できるようにサポートするようなイメージですね。

―そのほかにも新潟オフィスだからこその業務はあるのでしょうか?

新潟にはバックオフィスがないので、人事、総務、経理、情報システムのような対応もしています。

時には備品の管理もしますし、事業所の鍵の管理、PCの不具合対応など多岐に渡りますね。

小さい会社を1人でやっているような感覚です。


―さまざまな業務を担っていると思うのですが、どの業務にどのくらいの時間を使っているのでしょうか?

全体を10としたとき、広告運用に関わる時間が5割、本社対応が2割、オフィス運営に関わるあれこれが1割、そして新潟オフィスの戦略を考えることについて現在は2割程度ですが、今後はこの戦略を考える割合を増やしていく予定です。

新潟オフィスでの業務遂行はもちろんなのですが、本社との連携がとても重要な役割ですし、あくまでも広告事業の戦略に紐づいて存在している組織なので、本社対応や戦略を考える時間も多くとっています。

間渕さんのとある1日のスケジュール

VISION / MISSION / VALUEからブレない決断を

―現在の業務のやりがいはどういったところに感じていますか?

マネジメント関連の業務ではやりがいを多く感じます。

本社にいるときは、マネジメントされる側でいることが多かったので、上の指示を受けて動くシーンもありました。

今は自分が意思決定をしないといけないので、その分考えることも責任も大きくなりましたね。

それこそ戦略を考えるときは経営陣と話をしていくので、責任者として経営陣と話ができることや、経営陣の考えを知れることもやりがいになっています。

新潟に来てから結果的にいろんな経験ができており、それが自己成長につながっている実感があります。

自己成長がなによりのやりがいなので、今は1つ1つ成長を振り返りながら業務に取り組んでいます。

―意思決定をする際に大事にしていることはありますか?

新潟オフィスに異動してから、新たに新潟オフィスのVISION / MISSION / VALUEを決めました。

VISION / MISSION / VALUEからブレないように一貫した対応をしようということは大事にしています。

また、本社の社員と新潟オフィスのメンバーの共通認識をより強く持てるように、各々の視点で物事を考えるようにしています。

自分は本社での業務経験があり、また新潟メンバーとの業務も経験しているため、それぞれの事情がきちんと理解できています。

それらをお互いに伝えることで、より建設的なアイデアをもらえるようにしています。

新潟オフィスのVISION / MISSION / VALUE