1
/
5

「DX Suite」導入からみた、AIサービスを現場業務に組み込む際のポイント

各社から業務効率化を行うために多種多様なAIサービスが提供されています。そのような中、AIサービスをより早く現場業務に組み込み、効果を発揮させるためのポイントを、「DX Suite」導入ケースからまとめました。

帳票情報をデジタルデータ化する「DX Suite」のトライアル

AI inside が提供しているサービスの1つである「DX Suite」は、あらゆる帳票をデジタルデータ化するアプリケーションです。AI inside 独自開発の“文字認識AI”を搭載したAI-OCR「Intelligent OCR」と大量帳票を同一フォーマットごとに仕分ける「Elastic Sorter」の機能を搭載し、手入力作業の自動化に繋げるなど業務効率化を可能にするAIサービスとして多くのユーザにご利用いただいています。

「DX Suite」の本導入の前に効果や業務フローへの組み込みを検証して頂くために、AI inside では「DX Suite」のお試しトライアルを2つのプランで提供しています。
「Trial for DX Suite」は読み取る書類ボリュームが比較的コンパクトで、ご自身でお手頃な価格で始めたいお客様向けのプランです。「Success Program for DX Suite」は、ある程度の書類ボリュームを読み取りたい・専任担当による充実のマンツーマンサポートをご希望の方向けのプランです。専任担当者は、継続的に活用していくための業務フローの改善提案や、読み取りやすい帳票作成のアドバイスなども交えてカスタマーサクセスを実現しています。

AIサービス導入時に気をつけたいポイント

AIサービスを活用する際に課題となるのが、実際の業務で本当に使えるかどうか、業務フローへの組み込みがうまくいくか、という点です。トライアル中は以下のことを試すと、より早く業務にAIサービスを組み込むことができます。

①IT部門の人やDX推進担当者だけではなく、実際の業務担当者に参加してもらう
②他システムと連携が必要か、前後の工程を抑えておく
③RPAなど他のシステムと連携して活用したい場合は3社間で確認

①は、業務担当者の方が実際に使いながら、前後の業務フローなども合わせて整理しておくことがポイントです。どの作業が優先順位が高いものなのかの把握もスムーズになります。

②は、「DX Suite」で自動化させたい業務の前の工程と後の工程を把握することがポイントです。前の工程では、読み取りたい帳票はどのような形式やフォーマットなのかを、後の工程では「DX Suite」でデータ化した後はどのような処理を行いたいのかを確認します。「DX Suite」とRPAを組み合わせて活用するユーザが多いので、どのような要件(項目や順番など)でCSVを出力する必要があるのかを把握します。

③は、RPAなどの他サービスと連携させたい場合は、各社のサポートメンバーが同席した打ち合わせの場で連携方法について確認することで、お互いのできること・できないことが把握でき、スムーズに進むこともあります。

使い方のサポートだけではない業務課題解決の相談役

ユーザの方からは様々なご相談をいただきます。

  • 読み取りたい書類がたくさんある
  • 業務フローに合わせて自社システムに繋げたい
  • チェック項目が埋められていない場合は「エラー」扱いにしたい

サポートが充実した「Success Program for DX Suite」では、専任担当者が代わりに読み取りたい帳票の一枚目の設定を行うこともあります。挑戦してはみたものの、読取がうまく行えていない場合は、専任担当者がサポートします。

さらに、約1週間おきに定例会を行い、活用してみた結果や運用がうまくできたかをヒアリングします。他の帳票を読み取る場合や、RPAと連携させたい場合などは、より活用しやすいような設定を行います。

カスタマーサクセスのチームが行っているのは、ただ単に「DX Suite を使いこなす」ためのサポートではありません。

専任担当者としてユーザの業務課題に伴走し、本当に解決したい課題は何か、その背景は何なのかを把握するところから始め、導入までの課題を整理し、解決に導いています。

本来の業務課題に対しお客様と一緒に課題を解決できている点が「Success Program for DX Suite」利用者から高い満足度を得られているポイントです。

「Success Program for DX Suite」を体験したお客様の声

実際に「Success Program for DX Suite」を利用されたアルケア株式会社様は、次のようにお話しされています。

サポート面が充実していたことがとても印象的でした。返信も早くアドバイスも的確なため、1ヶ月という限られた時間の中で問題解決が早いことは大変助かりました。

また、同じく「Success Program for DX Suite」を体験したポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社様は、「DX Suite」の導入を決定した部署だけでなく、営業関係部署のメンバーにも参加し、課題の共通認識が持てたとお話されています。

Success Program を実施するにあたり、改めてお互いの課題確認をしたことで、みんなで解決していこう!と一致団結し、結束を深めることができました。

最後に

各社でDX が進み、業務の見直しやデジタル化が行われていますが、AIサービスを試せる場合は、ぜひトライアルなどを利用してみてください。
使いこなすのは難しいと感じることがあっても、経験豊富な専任担当者によるサポートの下、最初の山をクリアすれば、作業時間を他の業務に当てることなどができ、さらなる課題の解決につながるはずです。

▼AI inside 公式 note



AI inside 株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング