1
/
5

『お金のはなし』

例えば。皆さんは月収いくら欲しいですか?

僕は80万円です。

妻と2人の子どもがいる家庭で、そのくらいあれば心に余裕が生まれます 笑

でも今はまだ、その額は頂いておりません。

僕らの仕事は、エンタメ業界で、モノづくりを生業としているので

単に〇〇時間「一生懸命」働いたからその分多くの収入が得られる、という

時給計算だけで成り立っているのではないのです。企画が通ったり、映像作品が評価されるなど、

「生み出した価値」に対してお金が支払われているのです。

もちろん、給料のベースはありますよ、当然。  敢えて大掴みな言い方をすると、

「オレ、すごく頑張ったから給料たくさんくれー」という理屈は通じなくて、

(頑張るのはそもそも当たり前で)「この人と一緒に仕事すると成長できる(ワクワクする)」とか

「映像表現が鬼レベルですごい」といった他者の評価によってギャラは上がって行くのです。

ずっとこの先も安定している会社って、僕にはちょっと思いつかないけれど

テレビを中心としたエンタメ一本で攻めるには、かなり厳しい時代に突入しているのは

どうやら間違いないので要覚悟。

どんなお仕事でも腹を決めて熱中できるなら、3年~5年もすればそれなりの結果はついてくる。

そこからさらに高みを目指せるかどうか。

「本気で勝負したいひと」積極募集中です。

https://www.imagine-inc.co.jp/recruit/

(株)いまじんでは一緒に働く仲間を募集しています
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう