1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

吉本興業と共催でeスポーツビジネスセミナーを開催しました~業界の最前線を走るということは情報のシャワーを浴びるということ~

こんにちは、イードHRチームの山﨑です。年の瀬ですね。私事ではありますが、11月に子供が生まれまして1ヶ月ほど育休を頂いておりました。メディア事業本部長の土本もゲーム事業部部長の宮崎も育休と有給を組み合わせて1ヶ月ほど休みを取っていたので、イードは男性も育休が取りやすい環境ではないかなーと思います。このあたりのことは、また別途Wantedlyで投稿したいと思います。

先月、BlueStacks×T-GAIAで開催された合同記者発表会内のパネルディスカッションeスポーツの未来について語ろうに引き続き、今回もeスポーツネタを絡めた投稿です。12月12日に吉本興業とイードの共催で『eスポーツビジネスセミナー』を実施しました。

記者発表会レポート『eスポーツの未来について語ろう』BlueStacks×T-GAIA 合同記者会見に、弊社メディア事業本部の森が登壇しました

本セミナーのモデレーターを勤めたのはイードのメディア事業本部副本部長 森。森は弊社で運営するハードコアゲーマー向けメディア「Game*Spark」にて「e-Sportsの裏側」という連載を、eスポーツが今ほどメディアに取り上げられる以前から行ってきました。



詳細なレポートは「インサイド」に掲載された記事に譲りますが、森は「e-Sportsの裏側」を連載を開始する際に「eスポーツはこれから間違いなくムーブメントが来るだろう」と注目していたと言います。そこからeスポーツ業界で活躍する方々へ連載を通してお話を聞き知見を得て、今では有識者としてこういったセミナーへの登壇を依頼されることも。

セミナーレポート吉本興業が手掛けるe-Sportsチームとリーグの運営とは?「吉本興業e-Sportsセミナー」レポート


イードでは多種多様な専門メディアを扱い360度ビジネスを展開することで、ある特定のジャンルに特化した人たちが集まっています。代表の宮川は梁山泊を目指すと常々話しており、今回のように、社員がイベントに登壇しMCを務めたり、外部の方々から知識を求められることもしばしば。

入社3ヶ月でゼロからVtuber事業を立ち上げたプロデューサー(現 インサイド副編集長)も、手探り状態ながらもVtuber業界の最前線を走ってきたからこそ、「みんなで考えるバーチャル業界」というセミナーを主催しモデレーターを務めていました。

セミナーレポートテレビ番組とVTuberの相性とは?―VTuber業界の裾野を広げるセミナー「みんなで考えるバーチャル業界~Vol.1~」レポート

様々なジャンルのメディアを運営するイードだからこそ、幅広い業界の最前線の情報が自然と集まり、その知見をメディア運営に活かせることが特徴であり強みだと思っています。

私もよく、モビリティニュースサイトの「レスポンス」の編集長に「MaaSってよく言われてますけどあんまり理解できてなくて…教えて下さい!」とか、女性向け映画ニュースサイト「シネマカフェ」の編集長に「スターウォーズ最新作って映画ファンの間ではどんな評価なんですか?」なんて聞いたりしています。イードの社員はシャイな人が多いのですが、質問すればなんでも答えてくれるいい人たちです。

各編集部が横断で集まるミーティングが週1回あり、「こんな記事が読まれた」「こんな施策を試してる」と自然と様々な業界やメディア運営の情報が集まってくるので、「情報のシャワー浴びてんなー」なんて毎度思っております。メディアでビジネスをしたい!という方には絶好の環境ではないでしょうか。

多くの企業が本日が仕事納めかと思いますが、イードもご多分に漏れず今日で年内の営業は終了です。

15時から納会&プレゼント交換会があり、その模様はきっとHRチームのほしのが速攻で記事にしてくれることでしょう。ちなみに代表の宮川からは松阪牛ギフト券とAmazonギフト券がプレゼントとして提供されました。年末年始は豪華に松阪牛が食べたいです。狙いに行きます。

去年の納会の様子:https://www.wantedly.com/companies/iid/post_articles/150339

今年もイードには多くの仲間やメディアが加わりました。来年はどんな年になるのか?今からドキドキ・ワクワクです。本投稿をご覧頂きありがとうございました。それでは皆さん、良いお年を!!

株式会社イードでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう