Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

トップセールスの経験も持つiettyつくば拠点統括が考える「地方でも成果の出せる組織」の創り方とは。【ietty family紹介】Vol.9

ietty family紹介第9弾である今回は、つくばコミュニケーションラボの拠点統括である藤野潤也さんがついに登場です!

インタビュアーは筑波大学社会学類3年、ietty つくばコミュニケーションラボの金澤です

ではさっそく、インタビューに移っていきます!

―まず、現在の業務担当について教えてください。

つくばコミュニケーションラボが組織として運営していくことに関わることは全てやっています。利益を追求することはもちろんですが、そのためにスタッフがマンパワーで働けるよう組織がうまく回るようにすることが統括の仕事であり、それは一人では絶対にできないことです。

ということで、私はマネジメント全般をメインで行っていますね。
仕事の進め方やスタッフ管理の方法、KPI設定・業務改善について社員と細かく打合せなどをしたりして、業務推進に努めています。

ーありがとうございます。
統括が実際にはなんの仕事をしているのかというのは意外と知りませんでした...!
iettyの前はなにをされていましたか?

セールス・マネジメントと色々やらせてもらっていましたが中でも、一番長いのはtoCの営業ですね。大卒から6年くらいやっていました。それに並走してマネジメント業務も7年くらいですかね。
営業ではアポをとってお客様のところへ伺いクロージング、決まれば現場管理とアフターフォローまで。

MAXで月30現場くらい行ってましたね(笑)

最終的には副支店長という立場でもあったので、組織管理や部下の育成も行っていました。

そのあとはIT企業に行きましたね。

背景は単純でITを理解したかったからです。
ずっと営業をやるにしても、ITを知らないとお客様に対して幅広い提案ができないなという理由です。

すでに出来上がった組織よりも出来上がる前の組織のほうが個人的に向いている感じがして主にスタートアップやベンチャー企業とか。人が作ったルールにあまり縛られたくないんですよね(笑)
だとすればルールが作れる方がいいなと思って新規事業を作れる組織に入りました。

それから色々な会社に携わってiettyは4社目ですね。

あとは副業的な感じで企業や個人に営業のノウハウを提供することもしたりしています。

ー営業のためにITの経験をしているということでしたが、今後は営業職に戻るのでしょうか?

分からないですが、やるとは思います。
何をするかはまだ未定ですが、何をするにしても営業は必要になるので。
そこのスキルはもうすでに持っているので、「営業マン」になるかは分かりませんが、「営業」という仕事には必ず携わってくと思います。

ーたしかに...!組織を動かしていくという面でも「営業」のスキルは活かせそうですよね。
たくさんのご経験をされていて、きっとその経験を大いに活かして仕事をされていると思うのですが、iettyで活かせていることはありますか?

いや、全部が全部活かせてはいないですよ(笑)
むしろ、iettyに入って身についたスキルのほうが多いですね。

たぶん金澤さん含めスタッフから見た私は一番トップだから仕事ができそうなイメージはあるかもしれないけれど、もちろん自分ではそのようなことは1ミリも思っていなくて。

iettyに入る前は、グラフや資料作成を通じて伝えるスキルはほとんどありませんでした。
営業をやっていたので、人に自分の考えなどを伝えるスキルはあったのですが、それを形に残すことは苦手だったんです。
でもやらざるを得ない状況になって、本気で勉強しましたね。年末年始も潰して(笑)

自分の今までの経験で活かせているところは、

・やり抜く力

・人に動いてもらう力

・人を見抜く力

・自分が折れるということ

です。

やり抜く力は飛び込み営業で身につけましたね。

「人に動いてもらう」というスキルは、自分が無能がゆえに周りに動いてもらう力はすごく活かせていると思います(笑)。

「人を見抜く力」もかなりつきました。
訪問営業時代には毎日150人くらいの人と会っていたこともあって、仕事でも人を見てその人の適正に合った仕事を任せる、という力は今も活かせていると思います。
仕事や頼みごとをする時も一人ずつ会議室に呼んで頼むようにしていて。
できるだけ頼みたい相手の機嫌や忙しさを見極めて、うまくその人との心のタイミングが合うように声をかけています。

「自分が折れること」もそうですね。
当然正しいと思っていれば発言はしますが、一旦人の意見も耳に入れるようにしています。

「好きにさせる」というわけではなく、極力相手の主張していることは理解しようとしています。営業は「聞く仕事」でもあるので。

まず相手が主張したいことを聞いてそこから自分の意見を擦り合わせて調整していく、ということが重要だと考えています。

「常に良い人」でありたいとは思っていないけど、自分の考えたことは自分の力でやったほうがお客様にとっては良いんです。お客様にとって良い方向に進むので「自由にさせる」ということをしています。

自分の人生で学んだことは「人を大事にする」ということであり、それには今言った4つも含まれています。iettyでも大きく活かせていますね。



ー「人を大切にする」のは組織を動かしていく上ではとても重要なことなのですね。
どうしてiettyにjoinしようと思ったのですか?

茨城に住みたかったからです(笑)
人混みが苦手ということと、子どもを広いところで育てたいということがあって。

それでまず東京での仕事を辞めたんですよね。
就職先も決めずにとりあえず茨城にきて、求人を探していたらたまたま「ITベンチャー」を謳っている会社があってそれがiettyだったんです。

「不動産」自体はやったことがなかったけれど、リフォームの営業をしていたので「家」という点では共通点もあるし、ITの経験も活かせると思い入社させてもらうことになりました。

茨城にきてから転職活動をして、実はietty以外からも4社くらいから内定をもらっていたのですが、直感的にiettyが一番「おもしろそう」と感じてiettyにjoinすることを決めました。

ー直感的だったのですね!(笑)
転職の際色々な企業から内定を貰ったとのことですが、その中でiettyに感じた魅力はどこですか?

「人の役に立ちそう」ということですね。
チャットでお部屋探しをするので時間も限られないし、場所も限られないし。

今まで5回くらい引っ越しをしましたが、全て面倒で適当に決めていたんです。
ですがiettyであればそこがちゃんと選べるので「人の役に立つ」ことができると思いました。

Webを使った接客では「役に立てる量は無限大」であると感じたということもあります。
対面接客ではお客様の役に立てる量ってどうしても限界があるんですよね。

自分は人の役に立てる量が大きい会社に入ろうと思いました。

ー「より多くの人の役に立てる」というのは、Webを使った接客をしているiettyだからこその魅力だと思います。
実際にiettyで働いてみて良かったことはなんですか?

自分の考えを可視化することができるようになりました。
資料を駆使したりとか、そういうスキルが身についたことはよかったと思っています。
突発的に思いつきで施策を打たないようになりましたね。
数字やデータに基づいてしっかりと仕事を進めるようになっています。

営業とは違ってオフィスワークって「気合い」でなんとかならないんですよね(笑)
人に納得して動いてもらうには、自分が数字を理解してそれを伝えて動いてもらうことが重要だということに気づきました。

あとはスタッフのみんなに出会えたことです。
つくばは東京にはいないような人が本当に多いですね(笑)
みんなゆったりしすぎ(笑)
でも責任を持って諦めず完遂しようとする人たちが多いので「自分も頑張ろう」という気になります。
つくばコミュニケーションラボには嫌な人は一人もいませんね。
「こういう会社がつくばで創れるんだ」ということを実感できたのもiettyに入ってよかったことの一つです。

ー私は東京で働いたことがないので分からないのですが、つくばはゆったりしているんですね...(笑)
では、iettyに入って嬉しかったエピソードなどはありますか?

いっぱいありますよ!

マイナスな感じで辞める人がほとんどいないということと、従業員たちのライフイベントに立ち会えるのは嬉しいですね。

あとは単純にだんだんとiettyが業界で知られるようになって、その手助けが少しでもできていることが嬉しいことだと思っています。

それと性格が穏やかになったこともよかったですね。
あまり人にキレなくなりました。娘たちにも怒ることが少なくなったり(笑)
とても穏やかになったと思います。

ーありがとうございます。
この写真に写っているのが私なのですが、藤野さんには「あれ、もう3年生?!」と今年度に入って何回か言われていますよね(笑)
joinしたのは大学1年生の時なのですが、入社当時からとてもよくしていただいていて楽しく働くことができています。

あれ、そうだっけ??(笑)
いつの間にかみんな大人になるんだなあ、と感じています。

金澤さんもそうだけど、この間まで1年生だった学生のスタッフが気づいたらもう3年生になっててもうすぐ就活なの?!みたいな(笑)
そういうのは日常的に嬉しいですよね。

―藤野さん含めて私たち学生を気にかけてくださる社員さん方がiettyにはたくさんいて、とても働きやすいし嬉しいです。
では、藤野さんにとってiettyはどんな会社ですか?

「コミュニケーションのプロになれる会社」であると思います。
チャットであっても相手は必ず存在するので、そこはかなり重視しています。
ですので、ここで働くスタッフたちも対面でも電話でもチャットでもなんでも上手に対応できるスタッフたちです。

あとは世の中の動きに対しては柔軟である会社であると思います。
「鉄は熱いうちに打て」ではないけれど、世の中の動きに敏感でそれが会社にとってお客様にとってプラスになると判断すればどんどん行動にうつしていく。そういったことができる会社であると思います。

ー「コミュニケーションのプロ」集団の一員にいることができて、私も刺激をたくさんもらいながら仕事ができています。
話は変わってしまいますが、プライベートは充実していますか?

しています!
実はこの間家を買ったんですよ。

東京で買う半額の値段で倍の設備と広さを手に入れました(笑)
庭に芝を引いたりしたので、その庭のお世話や庭の後ろが空き地のように拓けていて。
こんな感じなんですけど。

この景色を見ながらお酒を飲んだりタバコを吸ったりしている時間が本当に至福ですね。

子どもたちとの時間もとれています。
晩ごはんは毎日子どもたちと一緒に食べられるように18時には退社しています。
そこは周りが協力してくれているおかげですね。とても感謝しています。

あとは料理をしてみたりとか。これはスタッフのみんなも知らないんじゃないかな(笑)
学生時代の居酒屋でキッチンのアルバイトの経験もあって料理は得意ですね。
お酒のおつまみとかは自分で作ったりもします。

周りに感謝しているからプライベートが充実してきていますね。

ーお家の周り本当に綺麗ですね...!!
自分のプライベートに理解してもらえる環境が整っていることはiettyで働く上での良いところだと思います!
では、藤野さんが考えるiettyに来て欲しい人はどんな人ですか?

正直誰でも良いですね(笑)
一瞬でも自分がiettyで頑張る姿が想像できる人なら誰でも歓迎します。

強いて言えば、

・子育て経験のある方

・家の時間を大切にしたい方

・好きなことがある方

ですかね。

ママ・パパさんたちにはぜひぜひ来て欲しいと思っています。
「人のためになにかをしよう」という力や考えは結婚したり子育てをしている人のほうが日常的に経験していると思います。日常の経験が役に立つ仕事であるので、子育て経験のあるママ・パパさんは歓迎です。
自分みたいに子どもたちと時間をとるために働く時間に制限を設けると格段に仕事がよくなるということもあります。
「人の役に立ちたい」という気持ちのある人がつくばには多いし、そういう人はとても向いている会社であると思います。

「家の時間を大切にしたい」と思っている人も良いと思います。
プライベートと仕事が充実していれば人生は楽しくなります。
逆にプライベートが充実していないと仕事は充実しません。
私の場合はプライベートが「家族との時間」です。
そこが充実できる環境がiettyにはあるので仕事も充実させることができています。

「好きなことがある人」も向いていると思います。
自分を大事にしながら働いて欲しいという思いがあるので、iettyはそこを実現しようとしている会社です。ですので、趣味や好きなことがある人はとても良いと思います。
今までなにかを頑張った経験のある人なら誰でも活躍できると思うし、私は歓迎します。



ーありがとうございます!
今後やっていきたいことはなどはありますか?

ありますね!

ietty内では、必要最小限の人数でMAXの売り上げを叩き続けたいと思っています。
上場に向けてこの組織をマネジメントしているので、最短で上場はしたいですね。
スタッフたちにも「働いている会社が上場する」という経験もして欲しいので。

ietty以外では熱海に別荘を建てたいと思っています。
今はお金がなくてできないんですけど...(笑)
これも繋がっていて、上場すればその状況に近づけるかもしれないし、その夢への実現にも近づけると思いますね。

ー「働いている会社が上場する」という経験は私もしてみたいです...!貢献できるように頑張ります!
藤野さんにとってつくばで働く意味とはなんでしょうか?

東京よりも無駄な喧騒がなくて、東京よりも成果は出ると思っています。
これは私がずっと東京で働いていたから言えることだと思うんですけれど。

「つくばだから劣っている」とは絶対に言われたくないんですよね。
ですので、東京水準で働ける環境や成果が出る環境を整えられるように努めています。

無駄に着飾らず人間味がある人が多くて、とても穏やかに働くことができるので良いですね。
そこも成果に繋がっていると思います。イライラしながら仕事をしても仕方がないので。

そしてつくばのスタッフはみんなポテンシャルが高い。
全員素人のはずなのにプロフェッショナルの意識がきちんと出来上がっています。
その力がある人たちが揃うのは東京でもなかなか無いことであるしすごいなあ、と思いますね。

ー東京で育ち東京で働いていた藤野さんだからこその視点からの「つくば」ですね!
あまり触れる機会が無かった藤野さんの考えや視点、今後の展望について聞くことができてとても嬉しかったです。
お忙しい中インタビューを受けてくださり、ありがとうございました!


(藤野さん)
あ、あと!私の立場を脅かしてくれる方も募集しています!(笑)
遠慮しないで仕事ができる方、素直な方はぜひ私と競争しましょう!!


~~株式会社ietty  会社プロフィール~~

「未来のあたりまえをデザインする」をテーマに、ITの力で市場規模60兆円以上にかかわらず超アナログな不動産業界を変えるべく、AIを用いたオンライン接客型不動産仲介サービス「ietty」を運営しています。

従来は営業の勘とセンスに委ねられていた不動産仲介でしたが、ユーザー属性、物件情報、物件の評価情報、これらのデータを掛け合わせて分析することでビッグデータからユーザーに最適な物件を提案する仕組み作りに取り組んでおります。

また、チャットを用いた不動産テックベンチャーとしてこれまで蓄積した知見とリソースをベースに構築した、独自のチャットソリューション事業を展開しています。

株式会社iettyでは一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう