Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「iettyの自由の象徴は自分」IT企業で活躍する現役ラッパーに話を聞いてみた。【ietty family紹介】Vol.8

ietty family紹介第8弾である今回はなんと現役でラッパーをしているietty社員、齊藤 誠さんをご紹介します!


インタビュアーは筑波大学社会学類2年、ietty つくばコミュニケーションラボの金澤です。

ではさっそく、インタビューに移っていきます!

―まず、現在の業務担当について教えてください。
社外プロジェクト接客業務の実務・品質管理(クオリティ・アシュアランス)をメインに担当しています。
つくばコミュニケーションラボの全体のチャット接客のレベル向上のために裏で色々動いています。
具体的には、「このチャットが良い例です」という明確な基準が今のところないのでその基準を示す資料などを作ったりしています。

―ありがとうございます!
iettyにjoinする前は何をされていたのですか?

iettyにjoinする前はプログラマーやプログラムのバグのテストをする会社で働いていました。その会社ではプロジェクトマネージャーとしてその仕事を回す仕事をしていました。
プログラムの勉強なんてしたことなかったし、全く触れたことがなかったので入社してから本を買ってきたり自分で必死に勉強して覚えていきましたね。

飲食店や雑貨屋さんでの接客をしていたこともありました。

―プログラマーをされていたとは知りませんでした...!
そのご経験の中で今iettyに活かせている部分はありますか?

プログラミングの会社時代、プロジェクトを回していた時には下にスタッフがたくさんいたので、スタッフの小さな変化や成長を見る目を培うことができたと思います。
セミナーに足を運んだり本を読んだりもしていたので、そこはiettyでも活かせているかな、と思います。

プログラマーって個人プレーで周りの人と話したりしないことが多くて。でも実際は話せばすぐに解決する問題も多かったんです。そこで自分がパイプ役になって、問題を解消する....ということもしていました。それはスタッフ同士がどういう課題や問題を抱えているかということを把握していなければできなかったので、その目は十分に養えたと思います。

iettyでは問題解決の面だけでなく、社内でよい接客や良い行動を起こしてくれたスタッフがいれば気づいて声をかけてあげたり、社内の情報ツールで全体に周知したりしています。そうすることによってそのスタッフだけでなく社内全体でモチベーションが上がると思うので、その点では今までの経験を使ってiettyに貢献できていると思いますね。

あとは前の会社では人がたくさんいると愚痴なども出てきたりするので、その愚痴を聞いてあげる役もしていました(笑)

また、接客業の「お客様の要望を察知してそれにすぐにお応えする」という部分はチャットでも同じなので、接客業時代の経験も活きていると思います。

―私も誠さんに褒めていただくことがありますが、「お客様のために」と思って工夫した部分を的確に当ててくださるのでとても嬉しいです!
では、iettyにjoinした理由を教えてください!

つくばで自由なIT企業ってなかなかないのでダメ元でもよいから受けてみようと思ったことがきっかけです。アルバイトでの入社でした。

求人を見て、まず「服装・髪型自由」という条件が自分に合っているなという風に思いましたね。今はまだましなのですが当時はちょんまげのような髪型だったので...(笑)

接客業は体力的にきつくて、プログラミングの経験からパソコンには強い自信があったので「このままの恰好でいけるのならば....!」とありのままの恰好で面接にも行きました。

見た目よりも経験やスキル・これからのキャリア構築に焦点を当てた面接でしたので「これは面白い会社だな...」と(笑)

―join当初の誠さんのことは私も今も覚えていますが、確かにちょんまげでしたね(笑)
実際にiettyで働いてみて、iettyに入ってよかったことはありますか?

自分の今までの経験が役に立ったことです。

正直「iettyのようなちゃんとした会社でちゃんとした生活リズムで仕事ができるか」という点に不安をもっていました。実は、プログラミングの会社を退職してからiettyにjoinするまでの間に空白の時間があって...。その間に自分の中の色々なリズムが少し崩れてしまっていたので、その点がすごく不安でした。でも案外、自分の今までの経験が使えたことに安心しました。

あとは「色々なことにチャレンジできる」点もiettyに入ってよかったなと思うことの一つです。
今の日本って「新しいことをする」となると一定の数反対される世の中だと思うんです。
それでもこの会社はリスクを背負ってでも「挑戦する」という選択肢を取らせてくれます。

そして、その挑戦が失敗してしまってもある程度は認めて許してくれるんです。
だからお客様のために会社のために、どんどん考えて挑戦しようという気になりますね。

その会社としての柔軟な姿勢を見ると「joinしてよかったな」と思います。

―「新しいことをしようとすると反対される世の中」でもiettyはお客様のために新しいことに挑戦し続ける会社だと私も感じています!
具体的にiettyにjoinして身についたスキルや嬉しかったエピソードなどはありますか?

あります!

具体的に身についたことは「自分から意見を発信する」ようになったことです。
今までは自分が意見を発してもあまり反映されにくいような環境で働いていたので、今までは「こうしたほうが良いのではないか」と思うことがあってもそれを心の中だけに留めてしまっていました。
でもここだとどんなに小さなことでも自分が意見を発信すると反映されます。それがとても嬉しくて。どんどん意見を出せるようになりました。

嬉しかったエピソードとしては自分が今までの経験を活かして働くことによって、「さすが誠さん...!」という風に褒めていただけることはその都度嬉しいです(笑)
褒めてもらえる嬉しさを知っているから自分も褒めようと思うし、それが社内に広まっていくと社内全体の雰囲気も良くなると思っています。

―ありがとうございます!
アルバイトで入社したとのことですが、社員になろうと思った理由について教えてください。

「未来の当たり前をデザインする」というこの会社のモットーにすごく共感したというのが一番の理由です。

私は今の常識は何年後かには常識ではなくなると考えています。
音楽を例に出して言うと、ヒップホップって少し前までは社会に受け入れてもらえていない音楽だったのですが、それを続けていくことによってだんだんと社会に受け入れてもらえるようになって、今ではヒップホップはアメリカのトップチャートで主になってるほどです。

「少し前の非常識が今はもう常識になっている」というものを目指しているこのiettyという会社に自分も貢献したいという思いで社員になることを決めました。

あとは尊敬する統括に出会えたことも大きいです。
統括と2人でお話する機会も多く柔軟な考え方をされている方で、自分の考えも統括に近いなという風に感じていました。
その統括の下で社員として働きたいという思いがあったこともiettyの社員になった理由の一つです。

そもそもの話、統括があの方でなければ自分を合格にはしなかったとも思いますし...(笑)

―「未来の当たり前をデザインする」というiettyの企業理念は私も素敵だと思いますし、とても共感しています!
では、誠さんにとってiettyとはどんな会社ですか?

「良い意味で自由な会社」であると思います。

服装や髪型が自由という面でももちろんそうなのですが、色々チャレンジができて挑戦による失敗も受け入れてくれるところが特にそうだと思います。
発信する意見を受け入れてくれて会社としてリスクを背負ってでも挑戦させてくれるというその環境が自分にとってはとても嬉しいです。

あとは、色々な世代もそうですし色々な人がいるのでとても面白い会社だなと思いますね。
iettyのつくばコミュニケーションラボに入らなかったら自分の人生の中で筑波大生と絡む機会なんて絶対ありませんでしたし(笑)
今筑波大生にインタビュー受けてるというのも、前の自分から考えたらかなり面白い状況ですよね(笑)

―確かにiettyって色々な人がいますよね。私もつくばコミュニケーションラボに入ったことによって、誠さんや普通に大学生をしていたら出会えそうになかった方々にたくさん出会えているのでとても楽しいです。
話は変わってしまいますが、プライベートのほうは充実していますか?

まあまあ充実はしています。

最近は近所にいる野良猫にハマっていて。すごく可愛くて勝手に名前も付けたりして、毎日かまってしまいます。
出勤前や仕事終わりに遊ぶのもそうですが、休日も猫と遊ぶ時間は必ずと言っていいほどとっていますね。

この前少し大変だったことがあって...。
休みの日に野良猫を探すために近所を徘徊していたんです。でもこんな見た目だから近所に住んでいる方が私のことを不審者だと思って通報してしまって。無事にパトカーが来て職務質問されてしまいました(笑)でもそのあとも探し続けましたね。もう可愛くて可愛くて。

あとは読書もします。
ビジネス書をよく読みますね。「こんな考えもあるのか」という発見が面白いのと、この仕事につながるヒントもあったり、今後の自分の人生のためになるかなと思い読んでいたりします。これは仕事終わり家に帰って読んでいますね。

飲みにいったりもしますよ。
普段は人見知りなのであまり自分から人に話しかけたりはしないのですが、飲んでしまうと色々なスイッチが切れてしまって知らない人に自分から話しかけたりするようになっちゃうんですよ(笑)
面白い人をみつけると話しかけたくなってしまうんですよね。そこから始まる交友関係もあるし、飲むとたくさんの出会いがあって楽しいです。

これが一番くらいに力を入れているのですが、音楽もしています。
20歳のときからラップをやっていて。
ラップを始めたきっかけは、自分が病んでるときに他の人が歌うラップを聴いて、ラップで人の醜い部分も内面の病んでいる部分を吐き出していて...。「これすごい」と率直に思ってなぜか勇気が出てきたんです。
自分も音楽を使って全然知らない赤の他人の人生を変えるきっかけを作れる人になりたいと思って始めました。

クラブでパフォーマンスをすることもありますが、今は楽曲の制作に力をいれてやっています。
夜通し曲作りや録音をすることもあるので、「夜中になるとこの近所でお経が聞こえる」という噂が立ってしまったこともあります...(笑)

休みは、完全週休二日制で自分の好きな時に取れています。
朝起きた時のモードによってその日やることは決まるので、「今日作れる気がする...!」と思ったときは曲を作るし、出かけたいときは出かけるし、という感じです。

ただ、猫とはその日のモードに関係なく毎日遊んでいます。好きすぎて最近は猫の曲も作ってたりするほどです(笑)

―猫を愛でる誠さん見てみたい...(笑)しかもめちゃめちゃ充実しているように感じるのですがそれでも「まあまあ充実している」なんですね...(笑)誠さんのプライベート充実のMAXが知りたくなります(笑)
では、誠さんがなにか今後やっていきたいことはありますか?

ietty内の話だと、実は「iettyでこんなことを始めたら面白いのではないか」というアイデアを自分の中にたくさんストックしてあるんです。
それを今少しずつ統括に話したりしているので、まずはその話を実際に動かしてみることですね。考えることが好きなので、その自分の考えを実現させていきたいです。

ietty以外だと猫を飼いたいので猫を飼える家に引っ越しをしたいと思っています(笑)
音楽面では今アルバム制作もしているので、それを早く完成させます。
最近では配信もできるので、配信のほうもしていきたいですね。

―そのストックされているアイデア、聞いてみたいです....!アルバムは完成したらぜひiettyで配ってくださいね(笑)
誠さんにとってつくばで働く意味とはなんですか?

私から見る「つくば」の印象は「最先端」と「茨城の田舎」が融合していて、東京とはまた違う雰囲気のある場所なんですよね。おもしろい人も多いし。
最先端なことをしているけど少し田舎で色々な人もいて...というその縮図がietty つくばコミュニケーションラボのような気がしていて。

だからiettyがここにある意味もあるのかな、と思います。
つくばコミュニケーションラボにはつくばコミュニケーションラボの色があって私はそれがとても好きです。

―ありがとうございます!
誠さんから見て、iettyに向いている人はどんな人だと思いますか?

固定概念にとらわれていない人、自由な考えを持っている人は向いていると思います!
基本がしっかりした上で自由にできる人がよいですね。

あとはiettyはファッションが自由なので、ファッションを楽しみたい!という方も是非!
これは私の見た目の話なのですが、iettyの中では私が「iettyの見た目の自由の象徴」のようになっていまして...(笑)

面接を受けに来てくれた方から「服装髪型はどのくらい自由なんですか?」という質問を受けたときに「この人見て下さい」と私のほうを指さされることもしばしばありますね(笑)
人って最初は見た目の第一印象から入ると思うんです。
私の場合その時点でマイナススタートなんですよね。

ただ、そういう人がきちんと仕事をしたり真摯に真面目に物事に取り組んでいると反動で2倍よく見えるということがあります。
見た目は自由にしてもよいけど「やることはきちんとやった上での自由がある」ということを弁えることが大切であると考えています。

「自分の発想で世の中を変えたい」「その実現に向けて動きたい」と思っている方は、ぜひiettyで私たちと一緒に働きましょう!!

―とてもかっこいい考え方、生き方をされている方だと感じ尊敬し直しました...!
誠さん、お忙しい中貴重なお話をありがとうございました!

~~株式会社ietty  会社プロフィール~~

「未来のあたりまえをデザインする」をテーマに、ITの力で市場規模60兆円以上にかかわらず超アナログな不動産業界を変えるべく、AIを用いたオンライン接客型不動産仲介サービス「ietty」を運営しています。

従来は営業の勘とセンスに委ねられていた不動産仲介でしたが、ユーザー属性、物件情報、物件の評価情報、これらのデータを掛け合わせて分析することでビッグデータからユーザーに最適な物件を提案する仕組み作りに取り組んでおります。

また、チャットを用いた不動産テックベンチャーとしてこれまで蓄積した知見とリソースをベースに構築した、独自のチャットソリューション事業を展開しています。

株式会社iettyでは一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう