1
/
5

資金調達を実施しました!!




こんにちは。イデア・レコード 広報の野澤です。

2021年8月、イデア・レコードは、Global Catalyst Partners Japan(GCPJ)、ニッセイ・キャピタル株式会社(NCC)、を新規引受先とする総額5億円の資金調達を実施しました。

【調達の目的】
・新規機能開発、および外部連携サービス
業務支援ソリューション「GATE」のサービス品質の向上を目的とした機能開発、および外部連携サービスの拡張を推進いたします。

・マーケティング強化
ブランド浸透を目的とした戦略的な広告展開、および顧客満足度向上を目指すカスタマーサポート体制の構築をいたします。

・サービス強化を見据えた人材採用と環境づくり
当社サービスの品質向上、およびファン化を促進できるよう戦略的人員の採用強化、および業務環境のよりよい整備を推進いたします。

資金調達のプレスリリースはこちら!「外食DXを推進するイデア・レコード、総額5億円を調達


当社は2012年の創業当時から飲食店の方々が「調理・接客」に集中できるように、飲食店のバックグラウンド業務を巻き取り、「人×テクノロジー」で店舗の業務負荷を軽減し、売上向上へと導くことをミッションに、様々なサービスを展開しています。


昨年から猛威を振るう新型コロナウイルスは感染拡大が収まる気配を見せず、飲食業界は引き続き非常に厳しい状況が続いています。今まで当然のように利用してきた販促ツールや集客メディアの利用や業務フローを見直したり、人件費を削減したり、と「今までと同じこと」ができなくなったコロナ禍。

イデア・レコードが外食業界向けに展開しているサービスは「ワンストップ」であることが強み。この考え方、外食向けのソリューションとしてはとても貴重で、コロナ禍における「店舗のコスト&業務見直し」にとても役立っています。

当社はコロナ禍においても「それでも外食は負けない」という思いで美味しい料理をつくり、心のこもったおもてなしをお客様に届けたい飲食店のために、「業務負荷軽減と売上向上」をミッションに様々なサポートを続けてまいります。

イデア・レコードでは、飲食店の成長ドライバーとして、飲食店のビジネスを成功に導くためのサービス開発、サポート、など様々なポジションを募集中!

まずはお話だけでもOKです。お気軽にご連絡ください。

株式会社イデア・レコードでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう