1
/
5

「リーダシップと常識・非常識論」

こんにちは。
株式会社イコム、採用Gです。

二年前の台風が軽いトラウマとなっており、この時期千葉界隈を通り過ぎる台風情報が出ると少し敏感に反応してしまいます。今回は軽くやり過ごすことができホッと一安心でした。

さて、今回のテーマは「常識」です。
これまでの常識が非常識となり、逆にこれまでの非常識が常識となる...まさに、我々自身そんな時代をsurvive(生き残り)している最中にあります。「常識=正しい」という概念や解釈も、あらゆる場面において批判や反論にさらされることも増えてきているのではないでしょうか。何が正しいのか?については、個々がそれぞれ自分の考えを持って対処することが求められてきているように思います。

これを象徴するような話の一つが昨今よく耳にする「ワクチンパスポート」のお話しです。国のリーダーたちはとにかくコロナウイルスの収束と経済の安定化を急足で進めることに必死になっているようですが、これまで「常識=正しい」のものさししか持っていなかった人たちにとっては一苦労のようです。ワクチンパスポートの是か非かについては、個人の意見も含めてここでは控えておきますが、非常識な問題に対し、常識を傘に解こうとしたところでそれは大した影響力を持たないというのは確かなことだと思っています。ワクチンパスポートは非常識か?はたまた、社会生活を取り戻すためには必要な新常識となっていくものなのか?この行方がどうなっていくのか注目です。

国の直近の課題でもある話題を取り上げましたが、少し解像度を下げてビジネスの現場において見ても同じようなことが起こっているように見えているという話を最後にしたいと思います。採用一つを捉えても、優秀な人材の確保についてはよもや陣取り合戦ならず、人取り合戦になってきました。これに対処すべく、雇用条件などの見直しが必要になってきている...という議論を私自身も中心になってやっている立場にありますが、「本当にこれが正解なのか?」と、疑問を持って取り組んでいる事実があります。非常識に対処し、これまでの常識をひっくり返す意見や実行は、口で言うほど容易いものでないことは身に染みていると思います。常識を重んじる傾向が強い組織の中では特に、口を閉ざしてしまうこともしばしば...「これではいけないな」と反省することも多い日々です。


株式会社イコムでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう