1
/
5

ECzine Day 2021 Winterに登壇致しました!

こんにちは!

昨年11月にJOINした新米★広報担当の猪野です!

IT業界の魅力に未来を感じ、異業界から飛び込んできました!
不慣れなIT用語を毎日頭に叩き込んでいますw(頭グールグルです)

i3DESIGNの魅力を皆さんに伝えたく、月1本(目標!)広報レポをお届けします♡

記念すべき第一弾は、先日ディレクターの武本さんが登壇した、EC情報のWebマガジンを発行しているECzine主催のオンラインセミナー「ECzine Day 2021 Winter」の(裏)レポートです!

パチパチパチ〜〜〜

まずは武本さんについて


武本 拓也 [アイスリーデザイン]
■プロジェクトマネージャー 兼 UI改善チーム シニアマネージャー
武蔵野美術大学 映像学科卒業。2014年株式会社アイスリーデザイン入社。UI/UXデザイナーとして4年間勤務した後、キャリアを変更し、現在プロジェクトマネージャーとして従事。プロジェクトマネージャーとして大手ECサイト・金融サイトを中心に多数プロジェクトを担当。またUI改善チームとして、クライアントのビジネス上の課題分析・解決を行なっている。
https://www.wantedly.com/id/takuya_takemoto

武本さんは落ち着いていて、凄く渋カッコ良いんですよ〜!

このECzine Day 2021 Winterに込められたメッセージはこちらです。
※参考URL:https://event.shoeisha.jp/eczday/20210128

変化する時代の中で、拡大するEC市場。
実店舗とECの関係性にも変化が生じていますが、EC単体、実店舗単体の取り組みでは、顧客がリアルとデジタルを自由に行き来するOMO(Online Merges with Offline)の実現は不可能です。
OMOを推進するには、顧客データ・在庫データ管理の基盤構築や、アプリ、チャット、動画を活用したデジタル接客の提供など、 情報やサービスをオンラインに反映させる取り組みに着手するのはもちろんのこと、所属部署や役職を超えた組織の団結も欠かせません。
企業・ブランドが一丸となることが、オンとオフの境目をなくし、顧客の利便性向上につながるのです。今こそ新しい小売のありかたを考え、自社なりの顧客接点を育んでいきましょう。


そのメッセージに賛同した素晴らしい企業様と一緒に登壇することが叶い、主催者様には心より感謝しています。

そのようなオンラインセミナー登壇に向けて数日前から社内でリハーサルを繰り返し、いざ本番へ!

とっても広いクリーンな控室で待機するマーケティング部の井上さんと武本さん

会場へ到着すると、たくさんの本格的な機材に囲まれた登壇場所に出演しない私までドキドキです。


緊張感溢れる会場で念入りにリハーサルを行いいよいよ本番です。

周りのスタッフ様の良い雰囲気づくりのおかげで、武本さんも無事登壇を終えることができました。

(ほっ♡)


新米広報でもセミナー立ち会いなど、入社後すぐ様々なことに挑戦できるのもi3DESIGNの魅力です。


今回のオンラインセミナーでは

”圧倒的なスピードで結果を出し続けるUI/UX改善ソリューション”

というテーマで登壇させて頂いたのですが、話している武本さんが本当にカッコ良く、大変誇らしく感じました。

裏話ですが、slackでは写真を送り中継していて、社内メンバーの応援を嬉しく思いました。
こういうコミュニケーションもITならではなのかもしれませんが、弊社の魅力は人間らしい優しさが感じられるとこにあります。

現場にいないメンバーもみんな一丸となり同じ思いでいることを、この瞬間に感じ、広報担当として会社の魅力をもっと伝えていきたい!
と強く思いました!


最後は(左から)マーケティング担当 井上さん、武本さん、猪野の三人で記念撮影☆

何か井上さんの顔怪し〜ww何か企んでるぞ〜〜ww

また時々レポします!

(月1本目標!)新米★広報担当 猪野



<i3DESIGNではデザインとテクノロジーの融合をコンセプトにサービスを展開しています>

弊社はUXデザイン分野とエンジニアリング分野が融合した組織で、サービスデザイン・UI制作・プロジェクト管理・設計・開発・品質管理・システム運用を一貫して提供しています。

下請け開発は行わず、主に大手企業を中心としたプライム案件での新規サービス開発がメインです。(toC向けウェブアプリ、スマートフォンアプリの開発など)

弊社は「ビジネスを通して多くの人を笑顔にすること」をミッションに、技術とデザインの力で、ビジネスそのものをデザインすることによりお客様の課題を解決している企業です。

体験をデザインし、テクノロジーを手段として課題を解決することを目的としています。

そのため、お客様の仕様に合わせるのではなく、パートナーとして良い関係を築きながらも、より良い体験をお客様の先にいるユーザーにも提供することを大事にしています。

当社では「クライアントワーク」はすべて社内で行われています。これはチームで動くことを最優先に、最高のパフォーマンスを出していくことを大切にしているからこそ。

チームワークはアイスリーデザインの力の源です!

株式会社アイスリーデザインでは一緒に働く仲間を募集しています
7 いいね!
7 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう