1
/
5

なにをやっているのか

「我が子が将来使うサービスを」という想いで起業。
企画、サイト開発など全て自社で行なっています。全員でアイデアを出しながら育てています。
「つながりで世界をワクワクさせる」 これが i-plug のコーポレートミッションです。 i-plug は将来を担う人財の可能性を広げる「つながり」を提供し、個人の成長と企業の発展を実現することをミッションとします。 いま、日本は毎年 60万人以上の大学生が卒業し、その中の 6万人が卒業時未内定者、20万人が入社後短期で離職しています。雇用状況が悪化し、さらに深刻なのが雇用のミスマッチです。 「ゆとり教育の悪影響で大学生の能力が下がった」 「大学や高校、中学のキャリア教育に問題がある」 「景気が悪い。採用した企業の環境に問題がある」 新聞やテレビ、ネット上には様々な情報が飛び交っています。 これは一部分が悪いのではなく、学生・企業の双方向のつながりに問題があると考えています。 i-plugは「OfferBox(オファーボックス)」の開発・運営をし、"オファー型"の新卒採用の形を提供します。 ◆OfferBox (学生向け)http://offerbox.jp/ (企業向け)http://offerbox.jp/company ◆OfferBox スマホ向けアプリ (学生向けアプリ)https://itunes.apple.com/jp/app/id618870677 (企業向けアプリ)https://itunes.apple.com/jp/app/id973798886

なぜやるのか

2021年3月に東証マザーズ市場に上場をしました。これから組織を拡大し、新たなサービス開発などを通じて更なる価値提供ができるHRtechカンパニーを目指します。
新入社員も多く加わり、組織を拡大しています
大学生の卒業者の2割が就職先が決まらず、3割が3年以内に転職する時代。 就活ノウハウが本になり、就活は面接で勝つための技術で勝負するという話もよく聞きます。 それって、本当に幸せな就職でしょうか。 「新卒マーケットにイノベーションを起こす」 i-plug は社会人生活に大きな影響をもたらす 1社目の就職支援をし、ミスマッチの解消を実現しています。 日本における 3年以内離職率をご存知でしょうか? ここ 20年ほど、大学生の 3年以内離職率は 30% を超え(未就業者を含めると 40%超)、その多くがネガティブな理由で退職をされています。 雇用のミスマッチには、業種・職種間ミスマッチ、条件ミスマッチ、価値観ミスマッチがありますが、若年層の新卒採用における雇用のミスマッチは「価値観のミスマッチ」であると考えています。 このミスマッチを解消するには従来の就職活動の仕組みなどを変える必要があります。

どうやっているのか

グループでHR業界に新たなシナジーを生み出していきます。
1. 変化を楽しむ 2. 全てのステークホルダー に対してフェアである 3. 共創しながら価値を出す 4. 創造的な意思を尊重する 5. 主体的に取り組み、成果創出にこだわる i-plugの5Valuesです。 新しい仕組みを市場に届けるプラットフォーマーとして、「当たり前」や「常識」を打ち破ろうと取り組んでいます。 また、メンバーが成果を出しやすい制度、環境を用意しています。 ◆制度、環境の実例(一部) ・スーパーフレックスタイム制(コアタイムなし) ・リモートワーク可能 ・副業可能(事前申請のうえ) ・書籍購入補助(会社ではなくご自身の所有物になります) ・セミナー、勉強会参加補助 ・グロービス経営大学院の受講費用補助