1
/
5

ヒトとヒトの相性は本当にタイセツだと感じるエブリデイ

こんにちは!マーケティングソリューション部の佐藤です。
2019年9月に中途採用で入社したアラサーです~!

気づいたら入社して半年経過していました。
はっはやい!!

私はProFuture株式会社で3社目で2回転職をしています。

職歴はこんな感じ!

1社目(新卒):採用支援会社 5年
2社目:出版社 1年半
3社目:ProFuture株式会社 ← イマココ

今回は「相性」について書いていきます。

1回憧れで出版業界に飛び込みましたが、ほぼHR業界に身を置いていて感じる事。

それはズバリ…

『ヒトとヒトの相性は大事』ってこと!

「えっ…ウソ、普通じゃん…」と思った人いるはず。
でも、そんな基本が重要なのかもしません。

振り返れば、私にとって2社目の出版社は失敗でした(笑)

芸能人やモデル、女子アナ、スポーツ選手にも会えたし、話をすることもありました。
経験や学びもたくさんあり、今の仕事にも間違いなく活きています。

ただ、そこは自分自身が持つカルチャーやバリューと大きく異なる環境でした!
それは刺激的であると同時に、ストレスが溜まりやすく、苦痛な時も多々ありましたね。(懐かしい~)

「培ってきた当たり前」が「非常識」だと捉えられる事もありました。
相手からすれば私のアウトプットは「自分自身の当たり前」を
「非常識」だと否定されているのと同じですから、そうなりますよね!笑

過去の経験から自分自身の力で人の考え方を変える事はできないので、
「自分を変えるか」「自分にフィットする環境を探す」のどちらかしか
選択肢はないんじゃないかなって思います。

だから、僕は環境を変えました!
自分にとって「相性がイイ!」会社で働く選択を選びました!

結果、今はProFuture株式会社で安定した精神状態で働けています! ← これ凄いことです!

なぜ相性が良いと感じながらProFuture株式会社で働けているかと言うと
弊社代表 寺澤が次のようなメッセージを発信していまして、
その内容通りの選考を有言実行しているからだと思います!

以下、寺澤のメッセージ転載です。

――

さて、就職、転職で一番大事なことは何だと思いますか。

給料の額? 仕事の中身?

もちろんそれもあるでしょう。

でも、私がいちばん重要だと思うのは「相性」です。長年人材採用に関するコンサルテーションを行ってきての結論です。

働く人にとって、会社は長い時間を過ごす場所です。一緒に働く仲間と過ごす時間、お客さんと接する時間は、平日のかなりの部分です。その時間を相性の悪い場所で過ごすとしたら、それは苦痛でしかありません。

相性って、簡単に言うと価値観が共有できるかどうかです。仕事に何を求める? 何にやりがいが持てる? 職場の仲間と息は合う? お客さんとどんなやりとりをしたい? もちろんすべて一致しないとしても、けっこう合っているなと思えれば、そこでは活き活きと働けるものです。

だから、私は面接で、時間の半分ずつを使ってお互いの相性を確認し合いましょう、と必ず言います。

――

他にも寺澤からメッセージがあります。気になる方は下記もチェックしてみてください!



そう、あれは厳しい暑さが続く2019年8月頃の事でした。

寺澤との面説は15分を1ターンとして寺澤と私が1時間互いに質問し続るというものでした。

腹割って話さないと質問し続けることなんてできないですよ!
面接後は私は採用・不採用どちらでも後悔がないと思えました。
やりきった感が凄かったです笑

その後、ありがたいことに内定を頂き、あの面接が入社する決め手になったのは間違いありません。
ここまで個に興味関心を持っていただけるのは本当にありがたい事です。

ベンチャー企業、中小企業だからできる事かもしれませんが、
「できるけど、やらない」会社はあります。
ProFuture株式会社はやります。相性って大事だから、、

※寺澤以外にも選考段階で多くのメンバーとコミュニケーションをとらせていただきました!※

きっと、ProFuture株式会社はココロにモヤモヤが残った状態で内定が出ないと思います。
それは新卒採用でも中途採用でも一緒でしょう!

これから我が社の門を叩こうか悩んでいるそこのあなた!
履歴書作成しているそこのあなた!

ご縁があるかもしれないし、ないかもしれないけど、
後悔する事ない選考なはずなので、我が社との相性を確かめにきてください。

もし、ProFuture株式会社の一員になれたら一緒に作りましょう!

『ワクワクする、プロの未来』を。

ProFuture株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう