1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

内定者インタビュー「同世代の誰にも負けたくない。」

どんな大企業も元を辿れば、きっと一番はじめに内定を出した学生、「内定者第一号」がいたはず。創業間もない会社に飛び込み、筋書きの無い幾多のドラマを乗り越えながらSURVIVEしていく日々は、どんなに整った研修制度よりも成長を早めてくれるでしょう。会社と共に成長を続け、身を以て企業文化を創り体現する存在となりながら活躍していく中で、社内の重要なキーパーソンになったり、経験を活かして別の道で大成するということはよく聞く話です。

前置きが長くなりましたが、モスキートーンでもめでたく内定者第一号が誕生しました。努力家で愛されキャラの彼には社員一同期待しかありません。


学生時代は何をやっていましたか?

大学1、2年の時は学校よりもひたすら飲み会、クラブ、合コンなどと活発に過ごしていました(笑)。

僕はクレジットカードのweb登録にすらかなりの時間がかかるほどの機械音痴でしたが、「俺の方がもっとわかりやすいサイト作れるわ」とか「機械音痴がプログラミングできたらかっこいいな」と思いはじめ、軽いノリでプログラミングを勉強しはじめました。

コードを書くことは何時間でも集中できるくらい楽しいと思えたので、学生最後の方はフリーランスでWEBデザイナーとして活動しながら、フロントエンジニアとしてモスキートーンでインターンをスタートしました。

その中でも嬉しかったことは、サイト制作を依頼してきたクライアントさまに「いいサイト作ってくれたおかげでコンバージョンめっちゃ上がったよ!」と言ってもらえたことです。もっとより多くの人に扱われるサービスを作れる力のあるエンジニアになりたいと思いエンジニア職を希望して就活をスタートしました。


モスキートーンに入社を決めた理由は何ですか?

僕がモスキートーンに入社しようと思った理由は大きく2つあります。

1つは、大学3年の夏頃からインターンをはじめてみようと思い、いろんな企業の面接を受けましたが、その中でお会いした様々な企業の面接官の中でもモスキートーン代表取締役代表の堀さんの印象が一番強かったことです。というのは若くしてサイバーエージェントで部長を務めてきたというこれまでのキャリアの凄さもありましたが、雰囲気や目指している目標、仕事に対する姿勢などに惹かれました。初めてお会いした時、「どうせやるなら1番を目指せ、同世代なんかに絶対に負けるな。」と言われたことを覚えてます。今まで何事も中途半端な結果をばかりだった自分には考えたことがないワードでした(笑)。しかし堀さんが目指す大きな目標を聞いてるうちに「あ、この人の元なら自分も大きく変わりそう」と直感的に感じたのが入社のきっかけです。

2つ目は、「渋谷で働く社長の告白」と言う本を堀さんに勧められてから読んでみて、自分も会社がスタートアップから数年、数十年、、と経て大きくなっていく過程をこのモスキートーンの仲間と一緒に鼻息荒くして作り上げていきたいと強く思ったからです。実際にインターンに採用された直後はオフィスがなく、「どこに出社したら良いですか?」と聞いたら「表参道のカフェに来て。」などと指示を受け1日中作業をすることもありましたが(笑)、今では南青山に居心地の良い自社オフィスもでき、HRBrainのユーザーも売り上げもどんどん伸びてきているのを毎日実感し、猛烈にわくわくします。


内定者から見てモスキートーンはどんな会社ですか?

一言で言うと「全国区の部活動」です。一つの目標に一人ではなく仲間と楽しみながら、一人ひとりが会社を大きくして自分たちのサービスをより多くの人に広めていきたいと言う思いが一緒に働いていて伝わってきました。

また、モスキートーンには「やるときはとことんやる」、飲み会などのように「楽しむ時はとことん楽しむ」といった文化があり、これは自分が高校の時に所属していたサッカー部と似た環境だったため、非常に親しみやすいく夢中になれる環境に惹かれました。


今後の目標や野望を教えてください。

まずは「同世代にだけは誰にも負けないくらいのエンジニアリングスキルを付けること」です。

モスキートーンの採用面接の時に堀さんに言われたことは今でも鮮明に覚えてますし、これまでより目線を1段も2段も上げて努力をしていきたいと思います。まだまだバックエンドのエンジニアとしてはとても未熟者ですが、社内の優秀な先輩エンジニアに教えてもらいながら、努力を重ねて入社時には一回りも二回りも成長していたいです。

あとは、せっかくスタートアップ企業に入社して、大企業の新卒の社員よりも吸収できるものだったり、実戦経験の場数が圧倒的に多いと思うのでどんどんバットを振って自分の市場価値を高めていきたいと思います!

その上で共に働く仲間たちが内部・外部に自慢したくなるような人材になれたら最高だと思います!

株式会社HRBrainでは一緒に働く仲間を募集しています
4 いいね!
4 いいね!
今週のランキング