1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

INTERVIEW|入社3ヶ月⤴ 若手フロントエンジニアが語る、HRBrainとは#Engineer

こんにちは、HRBrainです。サービスリリースから1年8ヶ月を経て、有料導入社数300社を突破。社員数も年明けから約3倍に組織拡大。心強いプロフェッショナルなメンバーが集まってくれています!サポートいただく皆さまとお問い合わせ・導入いただくお客様、改めて有難うございます。

今回は、2018年6月に入社してくれた若手フロントエンジニアメンバーに、HRBrainの出会いからなぜHRBrainを選択したのか、実際に入社してどう感じたのかインタビューをお届けします。

HRBrainの開発環境を様々な視点でお届けできればと思います。

- Front-end Engineer 

2015~2016年 株式会社リコー工場保全エンジニアとして定期保全や突発対応、また現場改善プロジェクトの中核を担当。2016~2017年 株式会社10baton Excelエンジニアとして顧客先常駐。2017~2018年 株式会社ENO Webフルスタックエンジニアとして受託開発を経験。月間UU100万人のプロジェクトに参加。2018年6月よりHRBrainにジョイン。

― 入社して3ヶ月が経ちましたね、改めてHRBrainについて振り返ってもらえたらと思います。

 早速ですが、HRBrainとの出会いを教えてください。

転職サービスでスカウトされたことがきっかけです。スカウトは4社程いただきました。その中でHRBrainのスカウトを受けたのは、SaaSサービスの開発を通してエンジニアとしてレベルアップしたいと思ったのが理由です。スカウトの文面も自分をみてくれている感じがして「話を聞きたい」を押しました!


― おお!嬉しい!HRBrainにジョインした理由、なぜHRBrainで働くことを選択したのか教えてもらえますか??

自社サービスである、「人事評価クラウドHRBrain」というプロダクトがとても良いと思ったからです。

私自身も評価される側として「上司はきちんと私を見てくれているのかな」と不安をもつ経験がありました。HRBrainというサービスを通して、見通しの悪い評価そのものを解決できると思ったのも理由のひとつです。有料導入社数300社を突破して、お客様の生きた声を活かした開発に取り組んでいるという話を面談時に聞き、課題解決に繋がる良いプロダクトを私も一緒に作りたいと考えるようになりました。


私自身、”人事評価 ”は、非常に難しいものだと捉えています。なぜなら、人によって価値観が異なるからです。しかし、制度やシステムを活用することで、正しい評価に近づけることは可能です。この先テクノロジーで解決できると思っています。それがHRBrainでありたいとも思っています。


― ”人事評価 ”って奥深い。だからこそやりがいを感じますよね。

 今の仕事内容とやりがい・こだわり・大切にしていることも教えてください。

担当しているのは、フロントエンドエンジニアです。ReactとTypeScriptでサービスの画面や動きを作っています。やはりサービスをどう実装するか、どうしたら使いやすいかを考えるのがとても楽しいです。

同時にどのサービスにも負けない最高の製品にしようという思いで作っています。誠心誠意作っていますので、これからのHRBrainの活躍に期待していて下さい。


― 入社してくれて、さらにエンジニアチームがパワーアップしたのを感じます。最高品質のサービスを届けたい。「こうしよう」「いやもっとこうした方が!」って会話が聞こえてきて、ワクワクしています。


― 実際に入社して感じることやHRBrainという場所はどんな存在ですか?

 そして、どんな場所にしていきたいと思っていますか?

メンバー全員がフラットに話し合える環境に驚きました。困っていても先輩方はいつも優しく助けてくれますし、私が気になったところを意見するとしっかり考えて下さり議論が弾みます。

何か困ってもみんなで解決していこうという雰囲気が社内全体にあります。特に私はきっちりした上下関係などが苦手なタイプなので、伸び伸び働けるHRBrainの環境は自分の全力を引き出してくれる場所です。
将来的に、弊社をHRTech企業として大きなポジションを取れるような会社にしていきたいと思っています。それには私の力は微力かもしれませんが、日々技術を磨いてその道を支えていきたいと思っています。


― さいごに、HRBrainの仲間と未来の仲間にメッセージをください!


最近私が大切にしているのは、個人として価値観を磨くことと、他人の価値観を尊重することです。HRBrainはその双方が自然とできる環境が整っていると思います。私にこの環境を与えてくださってありがとうございます。

弊社のフロントエンドはこれからもっと成長していきますが、更に加速させるため協力してくれる仲間が欲しいと感じています。私達と一緒にイケてるサービス開発しませんか?是非あなたの力を貸してください。

株式会社HRBrainでは一緒に働く仲間を募集しています
11 いいね!
11 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング