1
/
5

【メンバー紹介:事業責任者】元COOの事業責任者が紆余曲折を経て学んだ「絶望」と「成功の鍵」

※こちらの記事はhokan公式noteの2020年記事の転載です

hokanの2020の転換期を挙げたら間違いなく、「松元の入社」であろう。
松元が入社したことにより組織文化が強化され成長し、社内の雰囲気は格段によくなった。
そんな松元が、事業責任者としてhokanをまとめ上げるだけの能力をどのように身につけたのか。hokanのことをどう思っているのか。メンバーでもあまり聞いたことのない、松元の想いや考えを話してくれました。
是非ご覧ください。


松元 勇人
【経歴】
上場企業にて、保険募集人・個人事業主向けの顧客管理アプリ開発の子会社創業メンバーとしてシステム開発に従事後、HR系スタートアップのCOOとしてマーケティング領域を中心に事業創業期を牽引。
hokan に参画後は、保険営業向け顧客・契約管理システム「hokan®️」を中心とした事業戦略の策定と実行を担当。現在はビジネス・経営管理の統括を務める。

新規事業立ち上げを2回経験し、学んだこと


「絶望」と「成功」するために必要な要素

実は、新卒で新規事業に従事していた際に保険募集人向けアプリを作っていたので、hokanのことはもちろん、全国に支店を展開する保険代理店・ファイナンシャルジャパンの創業者がhokanを創業したことも認識していました。
そのアプリ開発で保険営業のことを知っていくなかで、ソニー生命のシステムを見させていただく機会がありました。中を見ると「保険業界向けにはこの領域に詳しい人がいないと良いサービスをつくれない」と正直思ったのです。そういったことから、当時からhokanは勝ち筋のある会社なんだろうなと思っていました。

新卒の新規事業のメンバーは、人柄もコミット量も思考も経験値もずば抜けて秀でた人たちばかりだったので、自分は常にペーペーだなと感じていました。その一方で、そんな優秀な人たちばかりでも簡単には上手くいかない、芽が出ない、ということには少し絶望しましたね。

その経験を通して、変化の多い事業創造期では、その時点でのスキルや思考力・経験値がどうこうよりも、素直で学習力の高いことの方が大事なのかなと思いました。また、新規事業に創業期から経験し成長した会社にいることはとても価値があり、その意思決定の場数を踏んでいる人は強い!というのは明らかだったので、オーナーシップを持って事業をやりたいなと思ったのです。


そうした経緯から、とにかく若くて素直で学習意欲の高い人とやりたい!創業期から意思決定に携わるぞ!という想いでスタートアップのCOOになりました。
2社目では、1社目のように教えてくれたり引っ張ってくれたりする先輩がいなかったので大変なことも多かったです。1社目のようにわかりやすく「何かを教わった」ことはほとんどなかったのでスキル面での成長があったかはわかりませんが、意思決定の経験を積ませていただいた分、常にはやく意思決定する力と人や組織・事業に関しての危機察知能力は付いたと思います。
また、どんなに苦境でも常にポジティブ(前向き)にどうやったらできるかを考えることが、事業を伸ばすうえではとても大事だなというのを実践して学びました。
元々批判的な性格でやや後ろ向きな傾向にあったのですが、「常にどうやったらできるか」を前向きに考えることで窮地を乗り切る瞬間を代表の側でみれたことは大きな財産でした。


この2つの事業を経験してトータルで学んだことは、「常に筋の通った真っ当な戦い方をしないと勝てない」ということ、また、「何かに秀でた人と働くことが成功に必ずしも結びつくとは限らないけれど、そういった人たちと一緒に働くことは純粋に楽しい」ということです。


業務委託からフルコミットへ

前職を退職したのち、次は一旦3か月ほど次のキャリアについて考えたいなと思っていたのですが、貯金が全くなかったため複数の会社で業務委託としてお仕事をいただきました。その中の一つがhokanだったのです。

業務委託を始めた頃のhokanの印象は、「経営者がみんな常に真っ当ですごい!」でした。人間は誰しも追い込まれると不健全になってしまう傾向にあり、スタートアップでも強いストレスや逆風が来て追い込まれる瞬間は何度もあると思っています。hokanの経営者や責任者陣はそんな時でも常に健全で真っ当な意思決定ができる。かつ、一度起業家として成功経験のある小坂が会長という遠すぎず近すぎずの距離で任せながらも見守って時に適切な助言をくださいます。これがこの会社の最大の強みだなと感じました。


働き盛りの限られた貴重な時間を最大限に発揮させるために


人生において仕事に全身全霊をフルコミットできる時間は限られていると思っています。
40代になったときに今の体力・知力・精神力全てをフル活用した働き方はできないだろうなと考えると、20代後半〜30代前半は自分にとってとても貴重な時間です。こういったタイミングで自分が「一緒に働きたい」と思った人と今すぐチームで働ける環境がとても魅力的だなと感じました。実は自分で起業するか非常に迷ったのですが、既にチームのあるスタートアップを選んだ大きな決め手となりました。

実際にhokanでは、これまでの人生で出会った「一緒に働きたい」と思っていた人を社員も業務委託も含めて全員に声をかけています。
実際、社員や業務委託として既に5名以上のこれまでの知人と一緒に働いていますが本当に楽しいです。また、色々なタイプの自分より優秀な人と働けるのはやっぱりとても楽しいですし、みんなの良い部分をどんどん吸収していきたいです。


hokanに入社した当初の私のテーマは、「新しい風」「組織化」でした。
スタートアップに途中から入ってきて風を吹かせてくれる人はとても偉大です。新しい雰囲気を作ってくれる人が入ることによって組織は成長するものだと前職で学んできたので、そういう存在になりたいなと思っていました。このあたりは徹底してやっていきたいと意気込んでいたので、Slackでのコミュニケーションの取り方や会議での掛け声などかなり細かく気にしていました。
その効果というよりも全員が素直で前向きな hokan のメンバーの特徴が大きいと思いますが、皆さんとすぐに打ち解けることができ、組織化に向けた動きものびのびとやらせてもらいました。今ではきちんと組織で戦うかたちが整ってきたかなと思います。
ただ、「新しい風」の効果は三か月ほどしかないと思っているので、今は良い「新しい風」をもってきてくれるような方を採用したいと考えています。


真っ当に事業に向き合うことの大切さ
良い商品を届けるには健全な組織作りから始まる

今後の事業の中核に関しては、各リーダー・メンバーが尖った強みを活かして自発的に引っ張ってくれると思っていますし、既にそうなりつつあります。その分、私は良い組織文化の醸成や尖った強みのあるメンバーが躓かない仕組みづくりをしていきたいと考えています。
社内で揉め事がある、猛烈なプレッシャーがどこかにかかっているなど、不健全な思考になってしまわないように、真っ当に事業に向き合える・変なストレスがない良い組織を作りたいなと切実に思っています。


hokanは、事業も組織も報酬設計なども全て市場や社会に対してフェアに向き合い筋が通っています。経営者がバリューに従って中長期的に意思決定しているうえに、真っ当でないことを嫌がるメンバーが多く、社員側も監督機関として機能しているのだと思います。
バリューに沿った採用が大事というのはこういうことなんだなと改めて感じます。(『SOJO』『MASSUGU』『TAKUSU』というバリューがあります。)
hokanのメンバーはみんな素直で責任感があり、人に手を差し伸べ、信じて任すこともします。バリューが立て付けではなく、事業や報酬の制度設計のところにも通じているのが魅力だと思います。

そしてなりより、株主の皆様やお客様まで温かく健全に見守っていただいているというのがとても事業に向き合いやすい環境だなと感じます。
自分だけの提案をしてくるお客様はおらず、hokanのスタンスやSaaSというビジネスモデルの性質も踏まえたうえで様々なユーザーさんが「業界にとっていいプロダクトはなんだろう?」とて考えて提案してくださります。
社外でもこうして同じ目線を持って議論し合える人に恵まれていることは幸せだなと思いますし、より早く価値を届けたいと心から思います。


保険代理店は保険業界全体でいうとメーカーに比べて注目されることが少ないですが、これからの世の中に絶対に必要な存在だと考えています。
hokanは今後様々な事業に取り組むかもしれないですが、代理店システムから入ったhokanが保険業界をアップデートしていくということが保険代理店業界に恩を返すことになると思うので、この事業をとにかく大きくしていきたい!と思っています。

hokanは尖ったスキルや素養をもっている人、逆にそういう人たちに揉まれて自分の強みを見つけたい人にも優しい組織です。
真っすぐ物事に向かって人に手を差し伸べることができる、新たな仲間を心よりお待ちしております!

株式会社hokanでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう