This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【ヒトカラ日記】"成長マインドセット"を学ぶ!ヒトカラメディア社内研修を開催しました。

ヒトカラメディア のオフィスにて、全社で1日社内研修が行われました。
1年前の同じ頃と比べると、かなり人数が増えたヒトカラメディア。ほぼ全員が参加した研修の様子をご紹介いたします!


今回の研修を受けるにあたって、事前に課題図書がありました。その課題図書が、コチラ!

成長マインドセットー心のブレーキの外し方(著:吉田行宏)

驚くほどシンプルな「成長」の原理原則がわかる、体感型書籍!
「人はスキルだけでは成長できない」「それはなぜで、どうすればいいのか」 創業4年で株式公開、設立10年で売上高1,000憶円、5年間に500店舗を実現した著者による人材育成ストーリー。50枚の図で分かる、目からうろこの成長の原理原則とは?
Amazon商品ページより


研修の講師をしてくださったのは、以前ヒトカラメディアがオフィスや店舗をプロデュースさせていただいた株式会社FiNCにて人事担当取締役をされていたことで繋がりのある、岡野求さんです。

岡野求さんのご紹介

早稲田大学理工学部卒。新卒でガリバーインターナショナルの関連ベンチャーに入社後、2年目に経営戦略室室長へと抜擢。ガリバーインターナショナルにおいても、入社3ヶ月でナンバー1の車両販売台数を達成。その後、テラモーターズ株式会社の創業メンバーとして同社を業界トップへと導き、営業本部長に。2013年には株式会社FiNCにて、人事担当取締役として4年間携わる。現在は株式会社LIFE PEPPERの執行役員。『成長マインドセット』の著書・吉田行宏氏の一番弟子。

今回の研修をヒトカラ側で企画・運営していた人事担当の加藤より説明後、まずは6人グループに分かれてみんなで本の振り返り!本の中に出てくる数々のキーワードについて、隣の人に自分の言葉で説明したり、図を再現してみたり・・

岡野さん:本中に"アイスバーグ"という言葉が出てきましたね。さて、この"アイスバーグ"の図を本を見ないで紙に書き出してみてください」


ヒトカラメンバー:あれ、層はいくつあったっけ?ここが目に見える部分だったよね?


苦戦するメンバーがいっぱい!一度読んだだけで完璧に理解をすることは意外とできていないことが多いもの。これってこう意味で、本の中ではこういう状態の時に使われていたよね!などなど、お互いが自分の言葉で説明し合うことで、より理解を深めることができました◎

午後からはワークの目玉であるプレゼン発表会!グループで1人代表を決め、過去〜現在における「成長マインドセット」に絡めた自分の振り返りプレゼンをするという内容です。


作成する上でのルール
①6分以内のプレゼン
②プレゼン中に本に出てくるキーワード(図)を使用すること
③代表でプレゼンする人は誰かに押し付けないで話し合って決めること


あらかじめ決められていた5〜6人の班に分かれ、まずはそれぞれの過去について簡単に紹介しあいます。ヒトカラメディアに入る前の話だったり、入社後の話だったり、大学生時代にまで遡った話だったり、各々の過去を、学んだキーワードを元にチーム内で発表していきます。


チーム内で代表を1人決めたあとは、全体発表用にみんなで手分けをしてプレゼン資料の作成に入ります。「この話のこの部分って、こう言ってたけど実はこっちが原因なんじゃないかな?」「このキーワードとか図を使った方がしっくりくる気がするけど、どうだろう?」などなど、代表メンバーの話を、チーム全体で深掘っていきます。入社したてのメンバーも、長年いたメンバーも、お互いじっくりと向き合う時間になりました!


ワーク前の事前に研修を受けたメンバーの見本プレゼンを含め、全部で10名弱の代表の発表をみんなで鑑賞しました。自分の過去の弱さをもさらけ出すプレゼンに、うんうんと頷いたり、「意外ーーー!」と言った声があったり、中には涙するメンバーまで。。!

朝から7時間以上にわたって長時間の社内研修を通して、メンバーそれぞれの発見がありました。例えば無意識のうちにかけていた"ブレーキ"の存在に気が付いたり、自分の中の"大きな子供"を認めたり・・。(詳しくは、ぜひ本を読んでみてくださいね!)本を読んで理解することはできても、行動に移すのはなかなか簡単ではありません。ですが、研修を通してみんなでしっかりと向き合うことができたことで、行動に移すためのきっかけとなるのではないでしょうか。"成長にとって必要なこと"だけではなく、他者への理解も深まった1日になりました^^

講師の岡野さん、どうもありがとうございました!
ヒトカラメディアはこれからも、さらなる成長に向けて頑張っていきます◎

株式会社ヒトカラメディアでは一緒に働く仲間を募集しています
10 いいね!
10 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう