1
/
5

【ヒトカラ日記】"最先端"を見に、ドイツに行ってきた!ープランニング事業部メンバーによる最新トレンド共有会が開催されました。

こんにちは。ヒトカラメディア インターンの有園です。

2018年10月末、プランニング事業部の三浦・坂本・大塚が、ドイツのケルンで開催されたオフィス家具専門見本市「ORGATEC(オルガテック)」と、スタートアップが多く集まるベルリンへ視察に行ってきました!

海外におけるオフィスのトレンドが日本に入ってくるのは約数年後です。いち早く"最新"に触れるべく実現した、ヒトカラメディア初となる海外視察。この日は、実際に3名が見て聞いて体験した様子を、社内メンバーを集めて共有しました!

ORGATEC (オルガテック)とは

オフィスおよびファシリティーの専門メッセ「オルガテック」は、オフィスビルやファシリティビルのプランニング、インテリア、設備、マネージメントのあらゆる分野をカバーする国際見本市です。オルガテックには世界の業界主要企業が出展し、出展者・来場者の外国企業の割合が50%以上と、高い国際性を誇ります。来場者は、専門店、卸売業者、建築家・インテリアデザイナー、そしてユーザー企業の専門家です。
オルガテックは凝縮された形で世界レベルのビジネスを可能にする世界のビジネスステージです。

公式サイトより:http://www.koelnmesse.jp/orgatec/

今回社内からは初参加となる「ORGATEC」。プロジェクターに映る世界中から集められた最先端オフィス家具の写真に、社内メンバーも興味津々。「そんな使い方があるのか!」「これうちのオフィスにもあったらいいねぇ」などなど、あちらこちらから様々な声が聞こえてきました。

また、ヨーロッパ内でロンドンに次いでスタートアップがアツい都市と言われているベルリンにて、現地の「働く」様子も紹介してくれました。

▲「コワーキング」という言葉が生まれる少し前にオープンされたというSankt Oberholzの様子

その他にもGoogle社も出資している「Factory」や、ベルリンを代表する「AHOY」などのコワーキングスペースについての紹介も。ちょとした遊びココロ溢れる仕掛けなど、またもや社内メンバーから感嘆の声が上がります。勉強会を通して、視察ツアーに参加したメンバー以外も沢山の学びを得ることができました。感性が刺激され、充実した時間となりました!!

ヒトカラメディアでは、これからも『「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする』というミッションをもとに、企業の事業・組織・メンバーにインパクトを与えるサービスを提供していきます!!


一緒に働く仲間も募集中です!ぜひ一度、オフィスへ遊びに来てくださいね◎

プランニング事業部プランナー
組織の課題を解決!企業の理想的なオフィス空間を提案するプランナー募集!
”「働く」にもっとこだわれば、組織はもっといきいきする。” ヒトカラメディアは「働く」を考える、 おせっかいな共創パートナーです。 多くの人にとって切っても切れない、 「働く」という領域。 職場の近くに住み、 仕事を通して価値を生み、対価をもらう。 わたしたちの「暮らし」、ひいては 「人生」に大きく影響する領域です。 もし、多くの人にとって 「いきいき」と働ける状況が増えていけば、 世の中にもっとオモシロいことが増えていくのでは? ヒトカラメディアはそんなことを考えながら、 事業を展開しています。 ◆ミッション 「都市」と「地方」の「働く」と「暮らす」をもっとオモシロくする ◆ビジョン 「働く場」と「働き方」からいきいきとした組織と個人を増やす 上記の企業理念の下、『「らしさ」にこだわった働く場』を提供している会社です。主に都内のベンチャー・スタートアップを中心とした成長企業に対して、働く場に関する要件定義からオフィスの選定、内装のプランニング、場合によってはワークショップの企画等まで、一気通貫でオフィス移転のプロデュースを行っています。 予算や広さ、雰囲気だけで物件や内装を決めない。財務状況や資金調達、立ち上げ期なのか拡大期なのかの企業のフェーズ、立地と内装にどれくらいの費用をかけるのか、採用を加速させたいのか、働く環境をより良くしたいのか、様々な観点から移転先を検討していきます。 さらにコロナ禍を受けて、企業にとっての「働く場」の捉え方は大きく変わりました。リモートワークが普及し、必ずしもオフィスに毎日出社する必要がない企業も増えました。これを機にオフィスを無くし、フルリモートで働く企業も出る一方、チームを育んでいく上では一定量のリアルでのコミュニケーションは必要という声も多く挙がっています。自宅ではなかなか集中できない、いや在宅ワークがあってよかった、メンバーごとにも出てくる声は違ってくるでしょう。 コロナあるなしに関係なく、企業やチームの数だけ、「働く場」「働き方」の最適解があるはずで、今回のコロナ禍によりその重要性がより際立つようになりました。 これは言い方を変えると「自分たちらしい働く場・働き方」を実現するということ。ここを寄り添って実現までのサポートをしていくのが、ヒトカラメディアの役目だと考えています。 会社のメンバーの皆さんが集中しやすかったり、コラボレーションしやすかったり、会社のカルチャーと空間の仕掛けがフィットしていたり。その会社ごとに、日々チャレンジする場所をどんな場所にするか?オフィスの立地や空間を戦略的に練ることは、その企業の理想的な「らしさ」を追求することでもあります。 経営者や移転担当者の方々だけではなく、時には会社のメンバーの皆さんも巻き込んで、「◯◯社らしさって何だろう?」「これから◯◯社は、どんな企業になっていきたいか?」「そのためにいま足りてないことは何だろう?」とワークショップを行うこともあります。ちょっと時間は掛かりますが、きっとメンバーの方々が「使いやすい/使いこなせる」オフィスになるはず。私たち自身も過去数回の全社を巻き込んだオフィス移転プロジェクトをしてきたので価値を実感しています。ヒトカラメディアは「オフィス移転」を「会社の成長の好機」に変えることで、成長企業の応援をしています。 ◆なぜ「らしさ」にこだわるのか? その企業「らしさ」という形の見えない言葉の中には、ミッションやビジョン、カルチャーや行動指針、サービスや提供価値へのこだわり、組織の在り方や組織戦略など、すべてに共通する太い「軸」が通っていることが求められます。そこに「オフィスの立地や空間」も1つの大事な要素です。「ヒトカラメディアらしさ」とは何か?この問いに正しい答えはなく、もしかしたら個々人によって違う回答が返ってくるかもしれません。それでも「これはやるのは、格好悪いからヒトカラメディアらしくない」とか、「自分たち「らしさ」って何だろう?良いところは?悪いところは?」と、しっかりと自分たちに向き合い続けて、どこの真似でもなく自分たちにしか出来ない「らしさ」を大事にこだわり続けている企業は強いのではないでしょうか。 また、オフィス移転以外にも自社施設の運営やオフィスビルのオーナー向けのソリューション提案、工事・施工管理、地方での展開も行っています。これらの事業がクロスすることで、より厚みのある価値提供を目指しているのもヒトカラメディアの特徴です。
株式会社ヒトカラメディア
株式会社ヒトカラメディアでは一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう