1
/
5

事業全体の推進、改善、連携を担う新ポジションの責任者に伺ってみた【前編】

プロフィール(写真左)
名前:山田 愛実(やまだ あいみ)
経歴:IT会社で求人広告の営業を担当。その後、2016年にエイスリーに入社。イベントユニット、PRエンタメユニット、インフルエンサーユニット、YouTuberユニット、ティーンズユニット、デジタルキャスティングユニットを経験。PRエンタメユニット時期からリーダーを担当。現在は、事業推進室の室長と、デジタルキャスティングユニット、広告ユニット、グローバルユニットのリーダーを兼務。
所属ユニット:事業推進室/デジタルキャスティングユニット/広告ユニット/グローバルユニット
入社歴:5年


プロフィール(写真右)
名前:福井 裕子(ふくい ひろこ)
経歴:映像制作会社でプロダクションマネージャーとデスクを担当。その後、2017年にエイスリーに入社。映像ユニット立ち上げに携わり、映像ユニットのリーダーを担当。現在は事業推進室の副室長と、エンタメ支援事業ユニットのユニット長を兼務。
所属ユニット:事業推進室/エンタメ支援事業ユニット
入社歴:3年11ヶ月


組織の細分化、さらにクライアントの幅と案件規模の変化

―お二方とも、エイスリーに長く在籍していらっしゃいますよね。いつ入社し、最初はどのようなことをなされていたのですか?

山田:私は、2016年に入社しました。入社してすぐはイベントユニットで、次にPRエンタメユニットとインフルエンサーユニットを兼務で在籍しました。さらにその後、YouTuberユニットとティーンズユニットを立ち上げ、それらとインフルエンサーユニットが合体しデジタルキャスティングユニットになって、今に至ります。

―今山田さんは、事業推進室の室長でもありながら、ユニットリーダーも担当されていますよね。ユニットリーダーになられたのは、どのタイミングでしたか?

山田:PRエンタメユニットでしたね。リーダー歴は4年ほどです。

―福井さんは、いつ入社されましたか?

福井:私は2017年入社ですね。山田さんの後になります。広告映像ユニットに所属し、同年にはリーダーを担当しました。

―お二方とも入社から4、5年ほど経つわけですね。そんなお二方からみて、エイスリーはどのように成長してきたと感じますか?

山田:今の外苑前のオフィスに移転する前は、青山に拠点があり、その前は乃木坂でした。
乃木坂にオフィスをかまえていた時は、長テーブルひとつが部屋の真ん中にあるほどで、会社の規模が小さかったですね。サークルの延長線のように、みんなでワイワイ楽しく意見を出し合って働いていました。
青山に移転してからは、だんだん会社らしくなっていきました。半年毎に社員も増え、新しいキャスティングユニットも立ち上がり、各々の役割が振り分けられました。変化が著しくなってきた頃です。
今はユニットが10ユニットありますが、以前は4ユニットほどでした。当時は各自が複数の分野を担当していましたが、段々と分野特化の細分化が進み、多ジャンルなユニット体制になっていきました。

―どのようにユニットは細分化されていったのでしょうか?

山田:山本さんの先見の明と、各メンバーの“好き”が合わさってどんどんユニットが細分化していった印象です。例えば私はYouTuberが昔から大好きだったこともあり、YouTuberの案件を得意とするようになっていました。さらに当時はYouTuberの第一波ブームだったので、今後案件も増えるであろうと予測し、YouTuberユニットの立ち上げに至りました。

福井:私の場合も、好きかどうかでしたね。そもそも前職が制作会社だったので、その経験を活かして映像ユニットの立ち上げに携わりました。



―世間の流れと、個人の“好き”が高じて、ユニットが誕生したのですね。他に変化を感じたことはありますか?

山田:クライアント様の幅が増えたことと同時に、案件規模も大きくなっていることでしょうか。徐々に、業界内での会社の認知度が上がり、大手広告代理店様、エンタメ関連会社様からの依頼も増えていきましたね。

―クライアントの幅、案件規模の拡大に繋がった要因は何だと思いますか?

山田:キャスティング会社では珍しく、昔から山本さんの意向でWebマーケティングに力を入れていたという点が大きいと思います。

あとは以前キャスティングディレクターが営業も担っていたのですが、営業担当であるアカウント開発の部署ができたことによって、顧客開拓や営業に力を入れられる状況になっていったことも変化につながっていると思います。




クライアント目線のキャスティング会社であることが強み

―社員同士のコミュニケーションにも変化はありましたか?

福井:代表の山本さんとの距離感ですかね。青山にオフィスがあった頃は、メンバーレベルでも山本さんとの距離がとても近かったように感じます。人が増えてからは組織の樹形図がきちんとできた一方で、社員と山本さんとの距離は少し遠くなり、その分リーダー陣にしっかりマネジメントが求められています。

―社風についてはいかがでしょうか?

山田:社風は当初から変わりませんね!山本さんは変わらず、オープンな社風づくりを意識されています。社員が増えれば増えるほど、その分しっかりコミュニケーションを図るようにと言われています。

福井:また、山本さんには、一般企業のような会社でありたいという想いがあります。一般の方から見るとエンタメ業界は業界色が強く、近寄りづらい印象もあるかと思います。エイスリーはタレントやアーティストを抱える事務所と、キャスティングを依頼したい一般企業の仲介です。なので、“クライアント目線のキャスティング会社”であることを重視し、業界に染まらず一般企業であることを意識しています。例えばでいうと、社会人として当たり前のことである、挨拶をきちんとするだとか、出勤時間を守るだとかですね。

―エイスリーの強みが“クライアント目線のキャスティング会社”ということですが、他社は異なってくるのでしょうか?

山田:一概には言えませんが、特に芸能周りは老舗の会社も多いので、仕事をする際に、業界的に人脈や関係値が強く影響してくるケースもあります。



―人脈や関係値が強い業界となると、一般の方はより入り込みづらいですね。

山田:そうですね。なので、エイスリーが取り持ち、繋げるお手伝いをしています。

福井:以前の業界イメージは一般社会から見るとかなりブラックボックス化されていたように思います。昨今は、明るみに出るニュースが増えていったこともあり、業界へ仕事の問い合わせをしたい一般企業も増えて、そのニーズにうまくエイスリーがはまってきている感覚があります。BtoBに限らずBtoCの窓口も開け放ち、“一般企業である”という感覚や軸をブレずにやってきたことで、“相談しやすい”空気を作れているのかもしれません。

―「一般企業である」感覚はエイスリーの強みであり、基盤ということですね!


来週更新予定の後編では、マネジメントや、事業推進室任命時の心境などを伺っていきたいと思います!

株式会社エイスリーでは一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング