Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「支援職を支援したい」という想いから生まれた“自由で決まりきっていない事務局”インタビュー

STAFFインタビュー Vol.1
KAIGO LEADERS 事務局  保坂光葉


こんにちは、Join for Kaigoの森近です。

今日はKAIGO LEADERSの事務局を支える保坂光葉さんのインタビューです。プロボノメンバー50名が活躍するKAIGO LEADERSの事務局を1人で務める保坂さん。メンバーからは、「事務局ができてから活動が間違いなく加速している」と信頼も厚く、慕われています。そんな保坂さんがどのような想いで働いているのかをインタビューしました。


+++++++++


入社までの経緯

保坂さんは、精神保健福祉士の資格を所持し、生活支援員として、精神障害のある人の自立支援の仕事をしていました。

保坂:「やりがいがある一方で、すごく大変でした。働くなかで、支援職にも、支援が必要だと感じました。次第に、支援職を支援する仕事をしたいと思うようになりました。」

そんな時、2018年12月に保坂さんがたまたま目にしたのが、株式会社Join for Kaigoの求人情報が書かれた、求人サイトのメルマガでした。家からは決して近くはなかったですが、「ここだったら、やりたいことができるかもしれない!」そう思い、面接に応募しました。

そして、採用面接に進みます。

保坂:採用面接は堅い感じではなく、フレンドリーでした。面接でお話するなかで、「閉鎖的な環境にいて、苦しむ支援職の力になれるかもしれない。」という想いは確信に変わりました。

株式会社Join for Kaigoで働くことになりました。具体的にはどのような働き方をしているのでしょうか。

保坂:火曜日に全体ミーティングがあるので、固定で出勤しています。それ以外に、もう1日出勤し、あとは、リモートで仕事をしています。もう1つの法人で事務局の仕事を掛け持ちしていますが、無理なく働けています。


仕事内容について

ーー具体的な仕事内容は?

保坂:もともと、事務局体制をはじめてつくるというタイミングで入社したので、仕事をみんなでつくっていくところからスタートでした。

様々なプロジェクトの事務サポート全般をしています。多くのプロジェクトの細かいサポートをするので、抜けが無いようにするのは大変ですが、やりがいがあります。

また、事務だけでなく、SNS発信やHP更新など広報の仕事もできるのが、良いですね。

仕事のやりがいについてはこう語ります。

保坂:「支援職であるKAIGO LEADERSのメンバーが、ここにいることに価値を感じている。」何気ないメッセージのやり取りから、そんな想いを感じ取ったときにやりがいを感じます。

金沢へ出張に行き、金沢の人と出会ったり、ゆっくり話したりできたことも楽しかったです。


事務局におすすめな人とおすすめしない人

ーーこれからやりたいことは、どのようなことでしょうか。

保坂:事務作業が多いけど、自由で決まりきっていない事務局です。だからこそ、Join for Kaigoらしい事務局をつくっていきたいです。

ーー株式会社Join for Kaigoで働くことをオススメできる人は、どんな人でしょうか?

保坂:「新しいことを一緒につくっていきたい人」ですね。それだけではなく、事務局の場合、細かい気配りがある人が良いですね。

ーー反対に、どんな人には、オススメできないと想いますか?

保坂:派手な仕事はなく、地味にやることが多いので、それが嫌な人は不向きかもしれません。あと、決められた仕事をやれば良いワケではなく、メンバーとのコミュニケーションのなかで仕事を探すので、ひとりで淡々と作業したい人は難しいですね。

保坂さんが、どんな事務局をつくっていくのか、興味深いですね。
Join for Kaigoでは、“事務局業務”の固定概念にとらわれず、事業の展開に合わせて柔軟に考えながら、新しいことを一緒につくっていきたいメンバーを募集しています。

KAIGO LEADERSの事務局メンバーをはじめとするバックオフィスの採用はこちらをご覧ください!

事務
超高齢社会の未来を変える。KAIGO LEADERSを支える事務局スタッフ
Join for Kaigoは、「介護から人の可能性に挑む」とミッションを掲げ、主に3つの事業を展開しています。 (1)採用・育成コンサルティング事業 現在介護事業所の8割が人材が不足している状況にあります。介護業界に限らず、他業界でも人材が不足し、採用市場は非常に厳しい状況にある中、1社を選んでもらうのは至難の技。 弊社では介護事業社の元々持っている魅力を引き出し、採用ターゲットに合わせた戦略設計から実行の支援まで一貫した採用支援を行い、採用目標を達成するだけでなく、企業の採用力を高めるサポートをしています。 また、新入社員育成やリーダー育成など、採用だけでなく育成・定着の支援も行っています。 (2)「KAIGO HR」運営事業 介護・医療・福祉領域の採用・育成・定着を、様々な垣根を越えて共に考えるプロジェクト【KAIGO HR】を2年前にスタート。組織の中で孤立しがちな採用担当者を組織を超えてつながり、共に学べる環境を作ってきました。 定期セミナーの開催や、複数法人が同時期で採用実践力を高めるグループコンサルティングプログラムなどを実施しています。 (3)「KAIGO LEADERS」運営事業 「KAIGO LEADERS」という日本最大級の介護領域に志を持つ若者のコミュニティ運営を行っています。参加者は主に20〜30代の介護に従事する専門職を始め、学生、行政、営業、ITや建築など職種も業種もさまざまなプレオヤーが集い、ともに学んだり、さまざまなプロジェクトを生まれています。 昨年からは全国展開がスタートし東京に加えて、大阪・名古屋・金沢での展開がスタート。今年の8月からはトライアルでオンラインコミュニティもスタートします。
株式会社Join for Kaigo
株式会社Join for Kaigoでは一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう