Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

私が大学病院の看護師からベンチャー企業のカスタマーサクセス・サポートに転職した理由

はじめまして。H2カスタマーサクセス・サポート担当の湯本と申します。私はもともと看護師として2年半、大学病院のICUに勤務していました。集中治療の現場は想像以上に過酷なものでした。大手術をした後に元通り元気になるまでには時間がかかる場合や、術後の予後が悪く最悪のケースになってしまうことも少なくありません。予後を左右する要因の一つとして、慢性疾患を有することが挙げられます。また、急性の脳疾患や心疾患は生活習慣病によりリスクが上がることがわかっています。日々、クリティカルな現場で患者さんの看護をする中で、「多くの患者さんが重病で苦しむ前に、何か出来ることはないのか?」と悩みを抱えるようになりました。その思いを実現すべく、1年ほど転職先を探しました。いくつかのヘルスケアベンチャーに訪問する中で、最後に出会ったのがH2株式会社でした。日本法人ジェネラルマネージャーの谷垣さんから会社の思いを聞く中で、創業者である台湾法人のエドも糖尿病に対する強い思いがあることを知りました。同じ願い、思いをもっている会社で社会に貢献したいと思い入社を決意しました。

現在はカスタマーサクセス、サポートとしてユーザーの意見を聞きながら糖尿病患者さんが使いやすいアプリ、医療機関が使いやすいプラットフォームを実現できるよう模索している日々です。専門職から突如会社員になり、毎日が初めてのことばかりで失敗もたくさん経験しています。ですが、やってみたいと強く願っていた環境にあり、仕事ができるということは本当に恵まれているなあ!とワクワクする気持ちの方が大きいです。また、弊社は台湾からスタートした会社なので台湾チームと交流したり、英語でコミュニケーションをとることも多く、グローバルな環境でいい刺激を受けます。

入社して4ヶ月ほど経ちましたが、これからも日々経験から学び、糖尿病の悪化予防、発症予防へ貢献できるよう尽力していきたいです。

H2 株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう