1
/
5

Handiiのマルチタスカー|セールス&マーケティング部 山村漠さんインタビュー

株式会社Handiiセールス&マーケティング部より、入社2年目を迎える山村漠(やまむらばく)さんをご紹介します!数多くの実績を積む実力派敏腕セールスマンでありながら、カスタマーサクセスやマーケティングも全うするマルチタスカー。Handiiの業績の伸長は山村さんなしで語ることはできない。社内でも衆望を集める山村さんにインタビューしました!

ばくさんのプロフィール



山村漠(Baku YAMAMURA)

新卒で日本Oracleへ入社、パートナーアライアンスおよびセールスプランニングに15年従事したのち、2018年にデジタルマーケティング業へ。当時未上場ながらPublicDMPにおける国内シェア1位のIntimateMergerにて、コンサルティングおよびカスタマーサクセス部門においてマネジメントを担当し、2019年10月にマザーズへ上場。一定の役割が果たせたことで、2020年より株式会社Handiiにセールスとして入社、セールスディレクターとして業務にあたる。慶應義塾大学法学部卒。


きっかけ

Handiiに入ったきっかけを教えてください

前職の会社は、入社した時はまだ少人数の組織だったのですが、ビジネスモデルが出来上がり、会社が大きくなって上場して、ある程度安定したので転職しようと思いました。もう一度なるべく小さな会社で、勝ちパターンが決まっていない状態の組織を大きくしていきたいと思って。というのも、大企業だと自分の役割はここまで、と、しっかり役割分担がされてしまう。それはとても大事なことではあるんですが、私としてはそれは物足りないんですよね。一方で、人数が少なく立ち上がって間もないような企業って、だれもが色んなことに手を出さないといけなくて、それが私にとって仕事していてすごく楽しいと思える瞬間なんです。そういう働き方をもう一度したいと思いました。


Handiiの魅力

他の企業とも比較されたと思うのですが、どうしてHandiiを選んだのですか?

まず扱うサービスとして、お客様の業界や業種が絞られる業界特化型のサービスではなく、より汎用的なインフラに近いサービスに惹かれていました。Handiiの扱うサービス「法人カードのクラウド型発行管理サービスpaild(ペイルド)」は、まさしくそうした、全ての法人がお客様となり得るサービスです。あとは何よりサービス内容をみて面白そうだと思いました。

面白いと思ったことを具体的に教えてください。どんなところに興味を持ったのでしょう?

paildは法人カードのサービスです。法人カードというと、前々職でも従業員に配られていて、使ったことはあったんです。しかし、paildの印象は当時持っていた「従来型の法人カード」とは全く違っていました。まずは各カードごとの利用上限金額が変えられると書かれていた点。というのも前職で使っていた「従来型法人カード」は、上限金額は当然あったわけですが、一方で当時は自分でカードの残りの利用可能枠を確認することもできませんでしたし、使おうとして使えないと困るので結局自分のカードを使う、ということがごく普通に起きていました。「見えない部分」が多かったんですね。結果的に、その「見えない部分」が心配でほとんど使えてませんでした。paildはその点、カードごとにコントロールを効かせることができるし、使う側の従業員にとってもそれが明瞭です。このカードならば渡す側も、渡される側も、双方にとって安心して使うことができるものになりそうだという面白さを感じました。また、法人カードは企業にとって便利なサービスだと思いますが、「従来型法人カード」は大企業向けに特化されたシステムになっていると思います。paildなら業種や業態、企業規模すら選ばずに使える、ここが一番刺さったポイントです。


Handiiでの仕事

今やっているお仕事の紹介と、特に力を入れているポイントを教えてください

セールスとカスタマーサクセスを主に担当していて、マーケティングも手分けしながらやっている状態です。セールスとして主にサービスの紹介をしています。また利用するお客様に使い続けたいと思っていただくために、カスタマーサクセスとしてお客様に使い方のアドバイスをしています。paildの良さを理解して、最大限の強みを発揮した状態で使ってもらうためです。

新しいシステムの導入に伴う様々な疑問をお客様と話を重ね、不安を解消していきながら私自身もpaildにとってのCSの理解を深めていきました。この仕事をしていて、様々な分野で活躍されているお客様に使っていただき、決済業務における負担から解放されたと言ってもらえることがとても嬉しいです。

Handiiではどんな人が活躍できるのでしょう?

何事にも前向きに取り組む姿勢です。これから会社が成長していく過程で、日々いろんなことが起きるので、精神的なタフさも必要な要素の一つだと思います。また何か強みを一つでも持っていると良いと思います。色々なことをやっていく中で作業を分担するとき、誰にも負けない強みを持つことでそれを自分の軸にできますから。あとは自分の意見をしっかり持つこと。嫌なことは嫌と言える人の方がマッチしている気がします。私自身もこの会社に入った当初に比べると自分の意見を出すようになったと思います。言い方を変えればやりたいことがやれるということです!個人が尊重されていて、意見を求められる会社だと思っています。


今後の展望

今後handiiで力を入れていきたいことと今後の展望を教えてください!

セールスとCS、マーケティングを引き続き頑張ります。セールスとして魅力を発信しつつ、paildの良さを最大限発揮して使っていただくためにお客様一人ひとりと真剣に向き合っていきたいです。そしてまた、会社を大きく成長させられるよう貢献していきたいと思っています。

株式会社Handii(paild)では一緒に働く仲間を募集しています
3 いいね!
3 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう