1
/
5

弊社で何がしたいか?なぜ弊社を希望するのか?

よく面接で言われるのですが、これ出来ます!とかこの言語は習得しました、とか。。。

そうすると、必ず聞くのが、「それはお客様がいる仕事ですか?」と。

お客様がいないタスクはただの趣味だと思っています。

DIYで自分で好きな椅子を作ったことがある人が、プロと呼べますか?

ということと同じです。

金槌で釘が打てた、のこぎりで木を切れたからといって、仕事でつかえるわけではないのです。

どういう要望に対してどういう解決策を出したのか?またそれが満足いくものだったのか?

工数、納期、品質は保てていたのか?

ということが大事なのであって。

なので、最初は皆、未経験から始まります。だから、どんな条件でも、その扉を開けて現場(仕事)に就くことをやってほしいと思っています。

だから面接で大事なのは、何をしてきたかよりも、「弊社で何がしたいか?」「なぜ弊社なのか?」ということなんですね。

ぜひ、面接・説明会ではそういう話を聞かせてほしいものです。


色々と情報が錯綜しているようですが、コツコツやることがやっぱり一番の近道だと思います。

そしてその近道は、「まず仕事に就くこと」お客さんがいる状態でPCを触ることだと思います。
趣味ではない、仕事をしないことには上達はないかと思いますね。。

頑張ってください。

株式会社ハコブネでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング