Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

起業をするためにスタートアップを退職したエンジニアの僕が今、H2に関わっている理由。

この度、2人目のフリーランサーとして当社ビジョンに共感していただき、0からのサービス企画~開発を行うためにジョインしていただいた竹内くんにインタビューさせていただきました!

癒し系の音楽家である竹内くんの素顔に迫る。

ーエンジニアとしてのご経歴を教えてください!

大学を中退して、2年ほど音楽活動などをやっていまして。
音楽の道で食べて行こうとかと思っておりましたがその道はなかなか厳しくて。。。

で、自分の時間を持ちつつ専門性の高い職種は?という視点からエンジニアを目指したんです。

ー独学でですか?

はい、独学でWeb系のエンジニアになるべく猛勉強を開始しまして。
主にはバックエンドとフロントのどちらもできるようになりました。

ーなるほど、その後はどういうキャリアを歩まれてきたんですか?

1社目にSESベンチャーに就職して、給与前払いサービスのプロジェクトに携わることになりました。
ここでは開発業務はもちろん、サービス設計の提案等もやらせていただき、サービスを考えてシステムデザインすることのおもしろさを目の当たりにした感じですね。

ー開発業務だけではなく、サービス企画や設計にも携わっていたんですね

はい、良い環境だったと思います。
周りの友人にも聞いていても開発だけ担うということが多かったので、恵まれていたと思います。
自然とサービスありきで考える思考と言いましょうか、そういったことを早いうちから経験できたので、今の自分の武器になっていると思います。



ーありがとうございます。ご自身でサービスを企画するみたいなこともやっていたんですか?

はい、やってました。
ベンチャーとしてSESをやりつつ、平日の終業後にエンジニアで集まりサービス企画会議みたいなことをやっていました。当時は化粧品のECアプリなどを作っていましたね。

ーなるほど。おもしろそうですね!

で、その後ITコンサルベンチャーに転職しまして、ここでもサービス企画~開発、運用までをやっていました。
この時は、秘書代行サービスなど「世の中にあったらいいな」という観点で議論しつつ企画しつつ、開発するみたいな感じでしたね。
で、前職である主にインフルエンサーを活用したマーケティングプラットフォームサービスのスタートアップに転職しました。

ーその後、現在独立されたということですね?

はい。
現在は複数のサービス立ち上げを個人でやりつつ、フリーランスとして技術開発支援をやっています。

ーそんな中、H2と出会ったきっかけは?

えーっと、リファラルですね。
ひょんなことから『サービス企画会議』なるものに呼んでいただきまして。

ー「サービス企画会議」ってどんな会議なんですか?

まず、サービスをどんどん生み出していくことを今年のメインテーマとして掲げています。
サービスを企画して作ってリリースしていくというサイクルを加速させていくと。
その中で多様なエンジニアの方々がカジュアルに参加されていて、「あったらいいな」や「実はこんなものおもしろいと思うんです」という観点からざっくばらんにサービスや製品アイデアを出し合う会議ですね。
場合によっては直接出資もあるよ、と聞いていたので参加させていただきました。

ーなるほど、それはどんなエンジニアの方が参加されているんですか?

本当に色々です!
僕のようなスタートアップ出身者もそうですし、大手企業に勤められている方もいらっしゃったり、フリーランスの方や僕のような自分でサービスを作っている方、起業を目指している方など様々です。

ー会議に参加してどんなことを感じましたか?

一番は0→1を学べることですね。
これまで自分でもクライアントのサービス企画から入らせていただいておりましたが、学びが多いと強く思います。
サービスの立ち上げを本当に0からできる環境があるということは大きいです。

ー他にありますか?

社長の森田さんも参加されていて、会社全体のリソースを理解した上で企画できるのは良いと思います。
例えばハッカソン的なものって、サービスを考えたけど可能性的に大丈夫?というものも出てくると思うんです。せっかく考えたのに、リソースがなくてできないとなるとモチベーションが下がったり、考えることがゴールになったりしてしまう。

ではなくて、様々なリソースを前提に考えていくのでアイデアのキャパが広がったり、良いものができればすぐに始められるというスピード感の部分が良いと思います。

ーなるほど、ありがとうございます。テーマは決まっているんですか?

自由です!
例えばリソースの一つである、顧客リソースを起点にこの業界の顧客はどんな課題を持っているのか?と考えることもありますし、海外スタートアップ情報をもとに考えたりもありますし、エンジニアによっては視点も全然違うので非常におもしろいです。

ーフリーランスとしてH2に関わろうと思った理由はなんですか?

会議参加後に森田さんからお声がけいただきまして。
自分のサービス立ち上げもやりつつ、「うちのサービスも手伝ってよ!」という感じで。
自分としてもすごく勉強になることも多く、柔軟な形での関わり方を快諾いただけたのでジョインさせていただいた感じです!

ー実際フリーランスとして関わられて会社の印象ってどうですか?

会社の雰囲気として明るい方が非常に多いという印象です。
会社全体でポジティブな雰囲気があって、部門間の壁みたいなものもありませんし働きやすいですね。

こういう雰囲気もH2の魅力であり、結果的に連携や連帯もスムーズにでき、意思決定に関わるスピードを高めていく。自然に一つのものを作ってマネタイズするまでの流れを、確実に協力して進めていける感じがします。

ー他にギャップはありましたか?

そうですね、今まで経験したことがない言語や技術にも触れられる機会があるということはエンジニアとしても非常に大きいですね。
先ほどお伝えしたように0→1に関わる工程や多様なアイデアをインプット・アウトプットできる環境であること、技術的にも得ることが多く、フリーランスとして働く環境として大変魅力を感じています。

ー今はどんなサービスに関わっているんですか?

今はMEO関連のサービスに関わっています。
ジョインして2週間足らずですが、すでにサービス企画からシステム設計、開発まで全工程に携わっています。(笑)

ーすごいスピード感ですね(笑)

これがH2社の強みだと思いますね!

ーH2の可能性ってどんなことが挙げられますか?

そうですね、営業やマーケティング部門の方の存在は大きいと思いますね。

松代さんの記事でもありましたが…

エンジニアがどれだけ頑張ってサービスを考えて作っても、ユーザーに使われないということが一番悲しいと思うんですよね。。。
それはそもそもサービスのニーズがないこともあるんですが、良い製品を作ったら売れるだろうという発想で、セールスやマーケティングに力を入れないことも多いと思っています。
ニーズの調査などで言うと、営業部門の方がかなり深いところまでユーザーニーズを捉えている印象があります。一方で売る力も高いので、使われない=自分の考えて作ったサービスをユーザーがどう捉えてどう感じるか?までを詳細にわかることは非常に大きいと思っています。
これが先ほども伝えた会議の中で前提となっているリソース部分にも含まれています。

ーなるほど。それは大きいですね。H2にフィットするエンジニアってどんな方ですか?ー

そうですね、まずは社員として関わることもフリーランスとして関わることもありなので許容度が広い。
多様な関わりを持てることは非常にメリットがあると思います。


あと、志向性的な部分で言うと自分でサービスを作っていきたいエンジニアやただ開発をしているだけではなくもっとサービスに寄り添いたい方などは合うと思いますね。
自分でこんなもの作りたいと構想がある方でもいいですし、自分の力をエンジニアリングとしてもアイデアとしても生かしたいと思えるような方、言い換えると0→1の技術やアイデアをブラッシュアップして実際に作っていきたい方にはオススメです。

ーありがとうございます。サービス企画会議の開催頻度ってどれくらいなんですか?

月に1~2度開催しているのと、リファラルの場合は随時って感じだと思います。
今後開催時期を増やそうかという話も聞いているので、興味がある方は是非!

株式会社H2では一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Anonymous
Anonymous
Anonymous
Picture?height=40&width=40
20525474 1450549875010727 5766222535395329878 n
12 いいね!
Anonymous
Anonymous
Anonymous
Anonymous
Picture?height=40&width=40
20525474 1450549875010727 5766222535395329878 n
12 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon