Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

tech企業への転身を掲げたH2を一番長く見てきたエンジニアだからこそ話せるH2の可能性

通信回線、電話回線などの営業代理店として圧倒的な地位を確立した当社。

そんな当社が本気でITスタートアップに転身しようとしている今、会社のコアになるサービスをどんどんリリースするための起爆剤になっているエンジニア部門の技術顧問として参画いただいている松代さん。

エンジニアとして様々なサービスを企画し開発してきたからこそ、伝えられるH2の魅力とその可能性についてインタビューさせていただきました。

松代さんって一体何者なんですか?

ー松代さんについて教えてください!

私は、H2社が企画したWebサービスの受託開発を行うベンダーサイドにフリーランサーとして携わってきました。

ーそうなんですね。今はどんな立ち位置でH2社に関わっていらっしゃるんですか?

社長の森田さんからもありましたが…

H2社としてWebサービスのリリースをこれまで以上に加速させていくこと、
ナレッジを自社に蓄積していき、各サービスの相乗効果を上げていくことを目的としたエンジニア組織の立ち上げとその組織・体制づくり、エンジニアリングのアドバイス等を担う技術顧問として参画させていただいております。

ーなるほど!森田さんとの元々の出会いはどんなものだったんですか?

先ほどお伝えしたように、H2社がリリースされてこられたWebサービスの設計開発をベンダーサイドに立ち、フリーランスという形態で関わらせていただいてきました。
自分も3年以内に起業を考えており、ベンダー会社の社長より「CTOを探しているらしく会ってみないか?」とお声がけいただいたのがきっかけです。

「tech起業を目指す」ことを掲げ、初期から携わってきたからこそ感じるH2の可能性とは?

ーそんな経緯があったんですね。いわゆるH2が現在企画するサービスの全てに0から携わってこられたんですね。

はい、そうですね。

ただ、自分は起業をしたいとの気持ちを優先したいとお伝えしたところ、
であれば技術顧問という立場でサポートをお願いしたいとお話しをいただきまして。
なので、私のミッションは「H2の真のCTO」が入社されるまで、技術周りのサポートを最大限させていただくことなんです。

ーなるほど。ありがとうございます。松代さんのご経歴をお聞きしてもよろしいですか?ー

はい、東京理科大学を卒業後、エンジニアのWebの世界に入りました。
1社目は大手のWebサービス系企業でサービスの企画設計、開発などをしていました。
その後、昨年2018年にフリーランスとして働きながら受託開発をしたり、Webサービスの企画設計をしたりしています。

ーなるほど、ありがとうございます。H2社に関わろうと思われた理由をお聞きしても良いですか?

はい、森田さんとお会いする以前から「H2社=営業力に非常に強い企業である」との認識を持っておりました。

ーなるほど(笑)

営業会社=バリバリの体育会系みたいなイメージですね(笑)

ー実際はいかがでしたか?

全く体育会系ではなく、あれ?みたいな(笑)

ーどんな印象を持たれましたか?

森田さんから、今後の経営方針やビジョン、実現したい世界観、社員の方への想いなどをお聞きする中で、
すごい可能性がある会社だなと思ったんです。



ー可能性がある、と。

はい、まずこれまでのビジネス領域から大きく転換をして、現在H2社が保有する顧客資産や顧客課題、マーケットニーズなどを踏まえて新たなWebサービスをどんどんリリースしていくITスタートアップを目指している。

これはある意味0からの立ち上げフェーズであり、エンジニア発信でのサービスを生み出せる環境であること、森田さんの思想である「長期的な顧客とのリレーションシップを築く」ために本気で取り組むという熱量があること、あとは顧客への提案力(=ヒアリング力)が非常に高く、ここにサービスを作る能力やサービスを生み出す能力が加わると強いなぁと純粋に思いました。

ーこの3点から魅力に感じられたんですね。

はい、特に3つ目は非常に強いと思いました。
営業力が強いとは押しに強いというニュアンスではなく、顧客のニーズやインサイト、マーケットの微妙な変化を読み取る力のことです。

ーそれはサービスを新しく考える際に大きな武器になりますね。

おっしゃる通りです。
結局、顧客のニーズやインサイトの深さがWebサービスの成否を分けると思っているので。

既にあるものに大多数のひとりとして関わるのではなく、今ないものを作るひとりとして関わることの意義

ーエンジニアという立場で、H2社の魅力を教えてください。

エンジニアの方も様々だと思いますが、自分で考えたサービスを育てるという過程ってなにものにも代えがたいものだと思います。愛着と言いますか。
その過程を0から関われる環境であることがまず大きな魅力ですね。


あとは先程のお話とも被るかもしれませんが、ただ作るではなく、売るためのリソースがあるということが大きい。既に自社サービスがあって作る仕組みがある企業は多いと思いますが、同時に売る仕組みがある企業はもっと強いと思うんです。

既に作る仕組みを備えた企業にその他大勢の1人として関わるのではなく、売る仕組みがあって作る仕組みを作っていく1人として関わる方が、エンジニアとして自身が世に与える影響度合いってすごい高まると思います。

ーおもしろい観点ですね、ありがとうございます。H2社の社内の雰囲気ってどんな感じなんですか?

エンジニアに対してのリスペクト感がすごいです(笑)
これはエンジニアに限らずだと思いますが!

例えば既存のシステムやサービスに関して、顧客からの問い合わせや相談をいただいたことがあったんです。
で、それを技術的な観点でどうするか?スケジュール目処は?みたいなことにお答えした際に、「おーすげー!」みたいな(笑)
こっちが恐縮してしまいました。(笑)



ーリスペクトし合う文化ですか!

サービス系の会社でも営業やCS部隊とエンジニア部隊が対立する構図って結構あると思うんです。
それが全くないですね。
エンジニアに限らず、リスペクトし合う文化があるというのは会社として非常に強いと思います。

ー今後ITスタートアップに転身することを掲げているH2社。他に組織に変化などはありましたか?

そうですね、あとは強みである売る力も変化させていこうとされていますね。
例えば、セールスからマーケティングに転換したり、サービスを起点としたエンジニア発信での議論の機会なども作っていくとのことです。なので、さらに楽しみですね!

ーありがとうございます。「Tスタートアップへの華麗なる転身」の全貌をお伺いできました。

ありがとうございました!


株式会社H2では一緒に働く仲間を募集しています
Anonymous
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Anonymous
Anonymous
Anonymous
10 いいね!
Anonymous
Anonymous
Picture?height=40&width=40
Anonymous
Anonymous
Anonymous
10 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる

Page top icon