1
/
5
This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

「一緒に頑張りたい」と思える部下の熱量〜リファラルインタビューVol.1〜

こんにちは、広報PRです。
現場の社員が知人・友人を会社に紹介する採用制度「リファラル採用」。人を惹きつける力を育て発揮できる環境を築いてきたWizでも、いち早くこの制度を導入し、人事の枠を超えた採用におけるファンづくりを成功させています!
数多くの採用実績の中から今回ご紹介するのは、管理本部の東恩納さんと時さんの事例。知り合った頃のエピソードからWiz社員として迎えるまでのお話を全2回に分けてお届けします。まずは前編を、ぜひご覧ください♪

出会いは上海の会社

まずはじめに、お二人の自己紹介をお願いいたします

東恩納:管理本部でFileMakerの管理、改修、データのやり取りなどをしている東恩納といいます。Wizへの入社は2015年の夏頃でして、もう4年半になりますね。8年前までは上海にいて、プロバイダーのインバウンドセンターでテクニカル部門の問い合せ対応をしていました。中国には大連3年、上海3年の計6年間ほどおりまして、営業を長くやっていました。

時:上海出身の時です。最初は上海の日系ホテルでホテルマンをしていました。そこで仲良くなった方と一緒に「日本に留学しよう!」という話が持ち上がり、思い切って日本へ。日本語学校に1年半通い、その後ホテル関係の専門学校に入学しました。学校卒業と同時に東日本大震災が起きて、その年の7月に上海に戻り、東恩納さんが当時いらした会社へ入社しました。

ありがとうございます。そうすると、お互いに初めて出会われたのは上海というわけですね?

東恩納:そうですね。時とは上海にいる頃に出会いました。当時所属していた会社に入社してきましてね。管理業務のテクニカルな内容についていろいろと教えたと思います。今も変わりませんが、そのときも真面目な印象を持ちましたね。

時:上海の会社では、まず最初にコールセンターに配属されました。そこから管理系の業務を任せてもらうようになり、東恩納さんの下でテクニカルについて勉強させていただきました。東恩納さんに研修をしていただいたとき、とてもわかりやすく一度聞くだけで覚えられ、当時活用していたFileMakerもご本人が作られていると聞いて大変驚きました。

思わず伝えた「勉強したい」という気持ち

◼︎続きはこちらからご覧ください♪♪

株式会社Wizでは一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう