1
/
5

Wantedlyは、300万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

大和ハウス工業株式会社と資本業務提携契約を締結しました

こんにちは。GROUND人事・総務担当の佐藤です。

本日はご報告です。カタイ雰囲気でお伝えします。

GROUND株式会社、大和ハウス工業株式会社と資本業務提携契約を締結

わたしたちGROUNDは、2017年6月26日、住宅および商業建築のリーディングカンパニーである大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市北区、社長:大野直竹、以下大和ハウス工業)と資本業務提携契約の締結を行いました。また本日、大和ハウス工業を引受先とする第三者割当増資を行い、総額10億円の資金調達を実施致しました。

資本業務提携の目的

国立社会保障・人口問題研究所「人口統計資料集2016」によれば、2010年から2060年までの50年間で生産年齢人口の半減が予測されている一方、Eコマース市場(※1)の拡大等により物流の取扱件数は年々増加し、物流業界では労働力不足が喫緊の課題となっています。かかる状況においてGROUNDは、今般の資本業務提携契約締結を通じて、大和ハウス工業が開発する先進的な物流施設と、大和ハウスグループ企業である株式会社フレームワークス(※2)の開発による「倉庫管理システム」、さらにGROUNDが提供する物流ロボット「Butler©」(※3)並びに人工知能を活用した「物流リソース最適化ソフトウェア(DyAS/ディアス)」(※4)を組み合わせた次世代型物流施設「Intelligent Logistics Center(略称:ILC)」を大和ハウスグループと共同で開発し、物流施設の飛躍的な生産性向上を実現して参ります。

※1.電子商取引市場。

※2.2016年6月、株式会社フレームワークスはGROUNDと資本業務提携締結済み。

※3.インドのグレイオレンジ社が開発・製造。GROUNDは独占販売権を保有。

※4.DyASはDynamic Allocation Systemの略称。


ご報告は以上です。

わたしたちはこれまで以上に、「Intelligent Logistics 」の実現に向けての取り組みを加速させていきます。わたしたちと一緒にテクノロジーの力で物流現場を変えていきませんか?

GROUND株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
5 いいね!
5 いいね!
今週のランキング