1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

グロウで募集中のWEBマーケター!こんな人に来てほしい!チームメンバーの本音座談会

グロウで以前から募集しているWEBマーケター!興味を持ってくださる方はいらっしゃるものの、求める経験や人物像、そして入社後の魅力を伝えきれていないのでは!?ということで、「こんな人に来てほしい!チームメンバーの本音座談会!」を開催しました。


ブランドマーケティング本部長 黒木
マーケティング戦略部 リーダー 池田 / サブリーダー 國田 / デザイナー 齋藤


グロウのマーケティング部門の存在意義

グロウの中では比較的新しい部門であるマーケティング部門、その存在意義は? グロウでマーケティング部門に求められていること。

黒木:マーケティング部門は、今ないものを新しく生み出す部署。例えば、これまでモールでの販売が中心だったdevirockの新たな成長ドライバーとなるよう公式サイト(https://devirockstore.net/)に注力しブランディングを確立し、売上の底上げも図れる。それがマーケティング部門の存在意義ですね。

池田:お客様により良いお買い物体験を提供することです。

國田:公式サイト運営によって数値が見えて、データの分析ができること。お客様に直接聞くことができたり、データ分析の結果を社内にアウトプットできるようになりました。

齋藤:デザイン面では、他のモールに比べて、見せ方や構成を一番変えやすく、チャレンジしやすいです!


それぞれの担当業務

チームメンバーそれぞれの役割は? 

黒木:私は何かの業務を担当しているのではなく、全体統括や、管理、確認などです。

池田:公式サイトの管理と運営、それにチームのマネジメント。細かく言えば、広告予算管理や入稿と分析も自分のタスクです。

國田:公式サイトの企画・運営、それにSNSも。メインはLINEやInstagramで、Twitterも少し。

齋藤:私はデザイン担当で、サイトや配信系などのデザイン全般に関わっています。また会員向けのメルマガ作成やLPのコーディングなども行います。


特にやりがいを感じるのはどんなこと?

黒木:新しいサービスや企画に、マーケの視点から関われることにやりがいを感じますね。実際に世の中にローンチされたものを見るとやりがいを感じます。

池田:何にでもチャレンジできること。公式サイトの売上目標が高いので、SNS企画や広告などを使い、新規のお客様を獲得して、リピートにつなげること。購入した方へのメルマガ送信や、独自企画として「デビフェス」など新たなイベントを生み出し、実績を出すことができたときですね。

國田:企画、発信した内容がどう響いたか、数字で見られるのがやりがい。SNSの企画で、実際devirockの着用画像をあげてもらうフォトコンテスト、devirockの服レポ企画を開催したんです。フォロワー数から考えて期待はしていたものの、実際どれだけ参加してもらえるか不安もあったんですが、いろんな方が投稿してくださって、SNS初企画で目標に対して120%以上の達成ができたときはうれしかったです。

齋藤:デザインとしては、公式サイトでブランディング、見せ方に関われたことが一番大きいです。だからこその制限もありますが、その中でどうやって見せていこうかと思うことは、やりがいにつながっています。WEBデザインチームから異動してから、取り組んだことで言うと、公式サイトのコラムページ、文字の読みづらさを改善することで、コラムの滞在時間が長くなったんです。リアルタイムで反応を見られることがよかった!


これは一番苦労した!と印象に残っていることは?

池田:異動当時は知らないことばっかりでした。リスティング広告って、何それ?という感じで、専門用語がわからなかった。

國田:異業種からの転職なので、私もほとんどわからないことばかりでした。専門用語や数字の見方、全部一からはじめた。苦労というか、大変でした。

未経験のメンバーも多い中で育成の苦労は?

黒木:みんな学習意欲も高いので、あえてわからない用語も出してました。個人で勉強したり、セミナーに行ったり、主体的にやってくれるメンバーだったので、本人の努力で身につけてくれた。それにはとても感謝してます。

池田・國田:あえてだったんですね 笑

池田:でも成長の伸びしろを作ってくれてありがたかったです。自分では勉強しないことも、言ってもらうことで気づけたので。

齋藤:私はhtmlにはじめて触れました。最初は意味が分からなくて、さっぱりだったけど、今はLPもできる。自分自身で勉強することが多かったですが、社内のメンバーにもとにかく聞いてまわりました。今もまだ苦労がないわけではないですが、ランディングページやメルマガの組み立てはできるようになりました。

今後の目標

マーケティング部門のこれからの目標!

「devirockというブランドをセールをせずに売り切るブランドにしたい!ヒット商品を作りたい!全社を巻き込んで、大きなうねりを起こしていきたい!」



マーケティングの募集要項

新たに仲間入りしてくださる方には、こんな業務を担当していただく予定です!

・Googoleアナリティクスを使用したアクセス解析
・サーチコンソールを使用した分析
 (トラフィックやクエリデータを基にサイトへのオーガニック流入向上について施策立案)
・リスティング、SNS( Instagram / LINE / Facebook / twitter )、
 DSP、アドネットワーク、アフィリエイト等のWeb広告運用
・CRM施策立案/改善


募集要項は下記の通りですが…

コミュニケーションスキルが高く、周囲を巻き込みながら積極的にチャレンジできる方
EC業界等でのマーケティング経験が豊富で、マネージャー候補として人材育成にも携わりたい方

<必須スキル>
・WEBマーケティングの経験がある方
 ※広告制作会社で営業経験などをお持ちの方で
  EC業界/WEBマーケティングに関する知識がある方も歓迎
・プロジェクト進行管理の経験がある方
・マネジメント経験をお持ちの方

<歓迎スキル>
・DMP、LPO、MA、解析ツールの企業規模での導入/管理経験
・タグマネジメントツールの導入/管理経験
・トラッキングツールの導入/管理経験
・コンテンツマーケティングの運用経験もしくはSEO対策の戦略立案から運用経験


本音を言えば、こんな人に来てほしい!!

黒木:一緒に仕事していて、楽しい人がいいですね。好奇心旺盛で学習意欲が高い人。やりたいことがある人なら、おのずと楽しくなるし、実績も出せると思います。

池田:柔軟な考え方をもっていて、かつロジカルな考え方も持っている人。こんなアイデアどう?と突拍子もないアイデアを思いつくけども、数字で裏付けもできる人。好奇心旺盛な人。実店舗での経験がある人も経験を活かしてもらえるんじゃないかと。最前線でいた人から情報を聞いてみたいです。

國田:好奇心や学習意欲が高い人がいいです。若い方でも私と同じように一から学んで活躍できると思う。もし私の上司になる人だったら、にこにこしてる人がいい!アウトプットしてくれる人。

齋藤:アンテナが高い人、流行りや情報量が豊富な人。俯瞰で見れる人、客観的に全体を見られる人がいいです。あと食べるの好きな人!

さらに本音を言えば、こんな人だとちょっと困る!

× マイナス思考の人
× アウトプットが苦手な人
× インプットをあまりしない人
× 指示待ちの人


マーケティングチームの一員となり、目標達成に向けて、共に成長してくださる方からのご応募をお待ちしています!!

グロウ株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
18 いいね!
18 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング