1
/
5

Wantedlyは、270万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

子供を育てるようにお客様に愛されるシステムを育てる~代表:藤本のGoQSystem創業ストーリー~

■お客様目線の「あったらいいな」を探求

株式会社GoQSystemは、2005年(平成17年)、山口県で、ホームページ制作会社:有限会社アイティーキューブとして誕生しました。

創業当初は、地元山口県の企業を中心にIT技術を使って企業の営業活動のサポートをしていました。

ただ、ホームページを制作し、お渡しするだけでは、修正や更新のたびにクライアントは制作会社に依頼しなければなりません。

そこで私たちは、クライアント自身が管理場面から簡単にホームページを更新できるプログラム(CMS)を作り、提供することに!

クライアント側は、ホームページ修正の度に追加費用が発生することなく、管理画面からいつでも簡単に変更・修正が叶うようになりました。

弊社のモットーでもある、「常にお客様目線・お客様優先」のサービスを生み出すこと、「困ったこと」や「あったらいいな」の探求はすでにこの頃から始まっていました。


■サブスクリプションビジネスモデルへのシフトチェンジ

次に、ホームページの運営に必要なシステム開発とレンタルサーバーなどすべて自社で一括管理をするホスティングサービスを開始し、制作から開発・サーバー運用までをワンストップで提供することでクライアントの負担を大幅に軽減することができました。

このホスティングサービスをきっかけに、サービス毎の売り切りではなく、クライアントのビジネスをあらゆるIT技術のチカラで支えるサブスクリプション型のストックビジネスへとシフトチェンジをしていきました。


■クライアントの期待値を超えていく

2010年、不動産会社からの提案で、物件情報を効果的に管理するシステムを構築。

物件情報の管理・集客・顧客管理などを一元化することに成功しました。

そのころから、クライアントが自社製品などを直接販売するために運用しているホームページに「ショッピングカートを付けたい」というご相談を受けることが増え、ご要望に応えて制作に入りました。

せっかく販売のためにショッピングカートを付けるのであれば「売れるホームページを作ろう!」と一念発起!

まずはシステム開発の材料を検証するため、グループ会社:株式会社GoQSystemを立ち上げ、自社で通販事業をスタートしてみたところ、これが大ヒット!


■受注一元管理システム「GoQSystem」の誕生

自社通販事業の売り上げが上がるにつれ、社内での受注管理・在庫管理・お客様対応といった対応に意外と時間がかかってしまうことが分かってきました。その結果、発送業務に影響が出てしまうように・・・

この社内での「困りごと」を解決するため、業務の効率化を目的として外部システムの導入を検討しましたが、自分たちが使いたいと思えるシステムにはなかなか出会えませんでした。

元々、アイディアマンであった代表:藤本は「自分たちで使いたいシステムは自分たちで生み出そう」とエンジニアチームへ開発を依頼。そんな想いから自社開発を勧め、2012年、業務の約80%の自動化を可能にしたクラウド型受注管理システム「GoQSystem」が誕生しました。



■できなかったことができるようになっていく

~まるで子供を育てるようにシステムを育てる~

私たちはITベンチャーならではの柔軟な発想と実行力、そして「これまでできなかったことができるようになっていく」という子育てにも近い開発ミッションから、通販の一連の業務効率を劇的に上げるシステムを次々と生み出していきました。

GoQSystemの誕生と同年、月額課金サービスとは別にECサイトの運営者向けに、ランキングチェッカー、レビューチェッカーといった、販促や出品に関する便利な販売支援ツールを完全無料で提供。

登録利用者は日々のランキング・レビュー結果をメルマガで配信し、その中で受注一元管理システムGoQSystemを紹介することで、安定的に新規顧客を獲得することにも成功しました。

この頃からスマホでのインターネット利用がPCを上回るようになり、ECサイトのスマホ化に注目が集まるように・・・

そこで開発したのが、わずか10分で楽天ショップのスマホ版ページが作れるようになるよう「楽スマ」

既存のPCサイトからスマホサイトが簡単に作れる月額サービスとして、迅速なスマホ対応を実現しました。


■IT化する企業とAI時代の到来を見据えて

受注一元管理システムGoQSystemを運用するようになると、新たな問題として、カスタマーサポート(お問い合わせ対応)に人件費をはじめとする多くのコストがかかることが顕在化してきました。

この頃、大手企業が開発したAIチャットボットのシステムを活用しようと導入を検討しましたが、コストが見合わず断念・・・

IT化する企業とAI時代の到来を見据え、われわれのような中小企業がIT導入する際の費用面のハードルを下げる必要があると考え、AI(発言意図解析の人口知能)による自動応答チャットボットシステムGoQSmile(ごくースマイル)を自社で開発。

続いて、完全な有人対応のチャットシステムGoQChat(ごくーチャット)も作り、中小企業向けに業界最安レベルのコストで提供をスタートすることにしました。


■マーケティング志向の営業活動へ踏み出す

「売れるホームページ制作」からスタートし、「あったらいいな」をカタチにし続け、我が子のように大切にシステムを育ててきた弊社が次にスポットを当てたのが、マーケティングオートメーションです。

営業活動にマーケティングの視点を取り入れ、各プロセスにおけるアクションを自動化する仕組みGoQMieruca(ごくーミエルカ)を作り、営業活動支援ツールとして月額提供をスタート。

営業活動のムラ・ムリ・ムダを取り除き、スマートな営業活動ができるようになったとご好評をいただいています。


■中小企業の人手不足を採用マーケティングで解決に導く

「採用サイトをWEBサイト制作会社に依頼すると費用が高い」「大手求人媒体に掲載しても実績が出なかった」「地方なので求職者が少なく、応募がない」

弊社自体、求人募集をしても応募がなく、高いコストをかけても実績が出ず、人材を確保できないという悩みがありました。

地方の採用担当者の声をヒアリングしてみると、そこには同じ悩みを持つ企業が多いことに気づきました。

そこでまずは自社のコーポレートサイトとは別に、企業理念や事業・社員の紹介を掲載した採用専門のサイトを作り、求人専門の検索エンジンindeedへ自動掲載するシステムを構築。

すると、今まで半年間で1名だった応募数が2ヶ月で40名ほどに!

採用コストの大幅削減に成功しました。

低コストで効率の良い採用活動をサポートするこのシステムはGoQ採用管理として2018年11月にリリースされました。


■進化しつづけるシステム、創業から変わらない想い

まずはお客様目線、お客様優先をモットーに必要とされ、喜ばれるシステムを開発しつづけてきた弊社。

代表:藤本は「初心に返り、自分の役割をちゃんと自分自身で考えられるチームを作っていきたい」という思いで組織づくりの第一線に立ち、こちらよがりではなく「システムを作らせてもらっている」という意識を持ち続けることが大切だと考えます。

「やりたいことはとにかくやってみよう」「どうやったらクライアントの要望に応えられるのか考えて生み出そう」

創業から変わらない想いを大切に、新たなサービス展開に向け社内では新規事業の開発が進んでいます。

▼▼▼

いかがでしたでしょうか?

もし少しでも興味が湧いた方、もう少し詳しく話を聞きたい!という方がいらっしゃいましたら、ぜひ弊社でざっくばらんにお話しましょう!

お待ちしております!

株式会社GoQSystemでは一緒に働く仲間を募集しています
14 いいね!
14 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう