1
/
5

【CTOインタビュー】AI×デザインで業界に革命を。壮大なビジョンに向けた、エンジニアチームの今と未来。

こんにちは!ガラパゴス採用担当です!

今回は、ガラパゴスのTECHチームを率いるCTO細羽さんに、
ガラパゴスのエンジニアチームは一体どんな仕事しているのか、今後はどのようなチームになっていくのかを聞いてきました。

デザイン業界に革命を起こすシステムの開発、もしご興味あればぜひ最後までお読みいただけますと幸いです!

まず初めに・・・

◆デザイン業界の課題とガラパゴスの提案

まず初めに、皆様は「デザイナー」という職業をご存知でしょうか。
世間一般のイメージでは、“絵を描いて形を決める仕事”と認識している人も多いかと思います。
もちろん、デザインの設計や製造はデザイナーの仕事の一つです。

しかし!デザイナーには設計や製造よりもずっと重要な業務があります。
それは『お客様の課題解決』をするということ

にも関わらず、多くのデザイナーはデザインの設計・製造という手作業の部分に多くの時間を費やしており、デザイナーとして本質的なお客様の課題解決に注力できていない、ということが課題となっています。

設計や製造のプロセスの中にある手作業の部分をもっと短縮することができれば、デザイナーとしての本業に、もっと注力できるのではないか。
その想いから私たちはITの力を活用し、デザイナーが本質的な業務に取り組むための時間を創出することを考えました。

◆TECHチームの位置付け

TECHチームでは、課題で提示したように“手作業に時間を取られる”という業界の構造をテクノロジーで変えるべく、デザイナー(CR)の作業効率を高めていく開発を行っています。やっていることは至ってシンプル。デザイナーの作業・判断プロセスを可視化して、データとAIで効率化できる部分をシステム化するという取り組みです。

シンプルな解決策ですが、これまで人が自分の感性や感覚で行っていた工程をシステム化するのはかなりの難題。そしてそれを実現してやろうというのがガラパゴスという会社、そしてTECHチームなのです。

具体的には一体どんなシステムなのか、CTOの細羽さんに伺ってまいりましょう!

従来のデザイナーの非効率を、データとAIで解決するAIR Process

-AIR Processとは、どのようなプロダクトなんですか?

AIR Processは、主にWEB広告向けのクリエイティブ制作において、「AIを活用して良質なデザインを高速に制作するシステム」です。
膨大な広告市場から、データやAIを用いて、ヒットしそうなデザインを予測し、それを高速に制作するためのプラットフォームですね。

AIR Processがデザインを作るまでの工程として、ヒットしそうなデザインを予想する「設計」と、それを高速に制作する「製造」の2つがあります。

まずは、設計段階。多様化する広告マーケットのクリエイティブをデータ化し、トレンドを分析。そこに、今まで運用して成果をあげてきた実績を加味し、質の高いデザインを設計していきます。
また、その設計のための情報を、市場のデータから収集する仕組み自体も作っています。

次に、製造段階。このフェーズでは、設計段階で得た”勝ちデザイン”を「いかに速く作れるか」というところに力を入れています。
人の手だと、デザインの部品選定や品質判定のところでどうしても迷いが生まれてしまうので。それを私たちがデータベース化して、プロが作るデザインとしてクオリティが担保できているかを、AIで高速に判定できるような仕組みを作っています。

-今取り組んでいる中で、何か課題を感じていたりしますか?

製造工程において、デザインの「見た目に関するデータ」しか整備できていないのが課題ですね。広告の中の、物体や顔、色などをAIで取り出してデータベース化したり、写真の美しさを点数化したりして、高品質なデザイン制作に役立てることはできてますが…

今後強化したいのは、広告に文字として起こされる「テキストに関する情報」を分析して、データベース化することです。広告全体として見た時に、外的なビジュアルだけでなく、内的なコンテキストにおいて「どういう訴求でどういう表現を使ってアピールすれば、刺さるのか」という部分の精度を高められたら、より質の高いデザインを作成できると考えています!


科学的なアプローチで、お客様の課題解決まで効率化させるAIR View

-いまTECHチームがチャレンジしていることはありますか?

ここまではデザイナーの作業工程を省力化することで、良いデザインを高速に作る体制を構築してきましたが、今後はデザイナーの本業であるお客様の課題解決という面からも、デザイナーをサポートするシステムを作っています。

現状、デザイナーがお客様である広告主に対して行うクリエイティブの仮説検証は、感覚ベースで客観性に乏しいという課題を感じていて。
今後はデザイナーの業務クオリティを向上させるために、システムを活用してトレンドや競合を分析し、適切な施策を打ち出す仕組みが必要です。

これを実現するためのシステムが「AIR View」です。
これまで感覚的だった仮説検証をデータとして落とし込み、科学的に分析できるようサポートするシステムで、広告のターゲット顧客についてデザイナーが客観的な理解を深めることができ、広告主にとっての本質的な成果に繋がる仕組みです。

データとAIによって、デザイナーの仕事はもっと効率化・省力化することができる。
エンジニアリングによって、デザイナーがこれまでよりも高い結果を出せるプラットフォームを作る。

デザイン業界の非効率をAIで解決し、これまでの常識に革命を起こすことが私たちのミッションです!

画期的なプロダクトが生まれる環境

―最後に、ガラバゴスでエンジニアとして働く魅力はどこにあると思いますか?

二つあると思っていて、
まずはデザイン業界の革命に立ち会えること。

そして二つ目は、デザイナーの業務改善というテーマに取り組んでいる中で、そのデザイナーが実際にすぐ横にいて、観察しながら、彼らがどうすれば楽になれるか、という観点でプロダクトを作れる環境ですね。

現地現物の事象を観察することで、ふとした時に思わぬ発見があって、その小さな発見がプロダクト構築に大きく影響したりするので、現場に近いとより画期的なアイデアが生まれます。

実際にAIR Viewのきっかけも現場での気づきでした。デザイナーチームと密にコミュニケーションをとっていく中で、再現性のある顧客理解ができていないという課題が出てきて、「それってテクノロジーで定量化すれば解決できるよね?」ということで始まったプロダクトでした。

特に私たちのように、既存の業界にイノベーションを起こそうとする場合、そういう現場での発見が大きな進歩に繋がります。ユーザーがすぐにフィードバックをくれる環境で、生の情報を分析して、必要な解決策をプロダクトに落とし込む。そんな臨場感があるガラパゴスの現場は、すごく魅力的だと思います!

-細羽さん、ありがとうございました!

100年以上変わらないデザイン産業を、データとAIによって変革するガラパゴス。
そんな大きな野望を持ち、共にチャレンジすることに興味を持ってくださった方は、ぜひ一度話を聞きに来てください!

皆様からのご応募を、心よりお待ちしています✨

株式会社ガラパゴスでは一緒に働く仲間を募集しています
69 いいね!
69 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう