1
/
5

【社員インタビュー】自然体で挑戦しやすい環境の中、新たな流行を自分たちで創る

こんにちは、広報の岩本です(^o^)/


今回は、2020年に入社したカスタマーサクセスのM.T.さんにインタビュー!

素敵な笑顔を見せてくれた彼女の転職ストーリー、そしてサービスへの思いを伺いました✨


自分の可能性を信じてまだ見ぬ世界へ

前職は美容系の会社で、最初はサロンスタッフとして接客やカウンセリング、ヘッドスパなどの施術を担当していました。残業も多く、現場は体を壊して辞めるスタッフも多かったため、本社からオファーをいただいたのを機に人事部配属となり、新入社員の研修教育を主に受け持つようになりました。その後は同じ研修部門でも、研修時に使用する資料作成や、新商品開発に伴う研修資料作成など事務作業に特化していき、全国のサロンでeラーニング(オンライン研修ツール)を導入したので、その運営を一任されました。動画を撮影して、ナレーションをして、字幕をつけてアップして、と研修用の動画作成を全て1人で行っていたので、YouTuberになった気分でしたね笑
約6年、1つの会社で色々なことをやらせてもらえて、商品開発にも携わらせてもらったし、同じ場所・同じ立場で学べることは学び尽くしたんじゃないかっていう一区切りついた感じがあって、次第に他の会社も見てみたいという気持ちが強くなっていきました。



0から1を生み出す

ギグベースとは転職サイトを検索している時に出会いました。形式ばっていなくて、緊張しないようフレンドリーに面接してくれるところにまず驚き、企業とはこうあるべきだ!という型にハマっていないのが今っぽいなと感じ、とても新鮮で好印象でした。オフィスが綺麗なのもいいなと思いましたし、新しい風、いいものをどんどん取り入れようとしているところが、歴史を重んじる風潮の前職とは真逆の文化に感じ、色々な会社を見てみたいという私にはとても魅力的に映りました。
入社後も、自分の担当業務というのが定まっていなくて、本当にまっさらな状態から生み出さないといけなかったので、すでにルールが決まっていてそのフロー通りにやってくださいという前の会社と全く違う、ゼロベースで管理ツールを作るとか、臨機応変に自分でやってみるという部分が新しいスキルとして特に鍛えられているなと感じます。



自立し責任感を持って業務に臨む

現在はgigbaseのカスタマーサクセスチームで、新しく登録されたクライアントにツールの使い方を説明したり、問い合わせに対応したりと、自分の業務も定まってきました。自分が1から作ったフローで、そのフロー通りにやって引き継ぎなどもうまく流れるようになったのは、大きな自信に繋がっています。
チームメンバーはみんな自立していて、それぞれが自分で考えて動ける人たちなのでとてもやりやすいです。現在は4人のチームですが、一緒に何かをやるということはほぼなく、信頼感があるのでそれぞれ任せっきりの状態ですね。
会社全体も、1人1人が自立していて、それぞれが考えながら自分の業務をしっかり全うする、というタイプの人が多いように感じます。休憩時間もみんなそれぞれのスタイルで、自分が一番休まる形、午後のパフォーマンスを一番上げられる方法で休憩を取ってる印象です。前の会社は全員でランチに行くというのが決まりになっていましたが、基本1人で、たまに誰かとランチに行くというのはストレスがなくて自然体でいいなと思いますね。



新しい“働き方”を自分たちの手で創る

ゼロから作る時って失敗を繰り返して作り上げるものだから、失敗してもいいからまずやってみよう!という空気感は働きやすい要因ですね。もちろん失敗した要因は念頭において、というのは当たり前ですけど、失敗したというデータも貴重なデータなのでそれを活かして次やってみようってスタンスは、すごくチャレンジしやすいんじゃないかなって思います。今後はもっとルールを整備して組織で動いていけるような体制づくり、そういう面を整えていけたらと思います。人数が増えたら強化していきたい部分ですね。
プライベートではスキューバダイビングをやってるので、コロナが収束したらメキシコに潜りに行きたいです。アシカの赤ちゃんと一緒に泳げるアシカスイムを体験したくて。あの非日常感は癒されますね〜!

gigbaseは、ギグワーク自体がそもそも昔はなかった新しい概念のサービスですし、新しいシェアリングサービスというか。家電レンタルもサブスクできる時代ですから、gigbaseをどんどん大きくして流行らせられれば、新しい流行を自分たちが作っていく!新しい働き方を自分たちの手で創る!って最高に面白いなと思うんですよ。
一緒に会社を大きくしていくぞ!自分が会社を大きくしていくんだ!っていう、会社の経営に参画しているような実感を得たい人とかすごく向いてるんじゃないでしょうか。私は、現状先に入社してますけど、本当にまだまだこれからたくさん挑戦したり、ルールももっと改善していかないといけない段階だから、同じ仲間としてギグベースを一緒に盛り上げていけたら嬉しいです。


ギグベース株式会社では一緒に働く仲間を募集しています
2 いいね!
2 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう