1
/
5

GFDで叶えた「遊び」も「仕事」も全力でこなすワークライフバランスの在り方

<蒲牟田湧佑:プロフィール>
2019年6月:データセンターで運用監視業務を担当
2020年4月:株式会社GFD入社 SI推進G所属

キャリアに不安に感じ転職を決意

エンジニアとしてキャリアをスタートさせたのは2019年です。

2018年に大学卒業後、海外留学にいったため同年代とは1年遅れて、第二新卒というかたちで前職に入社後、エンジニアとして働きだしました。

前職ではネットワークオペレーションセンターでデータセンターから PHSの基地局・ADSL回線の運用・監視業務を24時間365日体制で行う、いわゆる「24365」の働き方をしていました。シフト制なので休日がまだらな夜勤がある働き方でした。

転職を考えたきっかけは、自分のキャリアを考えた際に不安を感じたからです。監視業務はひたすら同じ業務の繰り返しで、別の業務へステップアップがいつ出来るのかわからない状況に不安を感じ転職活動を始めました。

GFDへの入社理由は2点あります。

① 取扱製品や業務の幅が広く、様々な事にチャレンジ出来る環境
② 横浜にある会社

この2点です。


もともとネットワークにもサーバにも興味があったため、分野に拘らず出来る事なら全部を吸収したいと考えていました。その点で、GFDの業務の幅の広さは自分のスキルを伸ばすのに最適だと感じましたし、自分が働きたい横浜に本社を構えていたので、やりたい仕事も働きたい環境も叶えられるGFDに入社を決めました。

現場で役立つスキルが身につく環境

GFDに入社後は、大規模ビルに多数あるCiscoSWの設定や結線・抜線を行う業務から始まり、FWポリシーの試験のための検証NWの構築・IPS機能のテスト・LBの負荷分散テストなど、経験したことのないさまざまな案件に取り組んできました。

もともとGFDの業務の幅や取扱製品が多い点に惹かれて入社をしましたが、実際に入社してみると想像以上で驚きました。会社で取り扱っている製品は全員が扱えるようになる必要があるので、研修終了後からすぐに先輩の指導の下、手を動かしながら覚えていきました。

現場で実際の機器に触れる機会があったことで、座学で学んだこと以外にも実践で役立つ知識を増やすことができたと感じています。ただ、新しい案件が始まればその都度、初めてのことや必要な知識が増えるので、常に知識の吸収は欠かせません。

現在は、お客様先の環境にCyberArkという最先端セキュリティ製品を導入するためのNW詳細設計や、ネットワーク機器に対しての設定変更といった業務を行っています。一つの機器だけではなく、周りの機器との兼ね合いを見ながら自分で考えて進める必要があるので、予定通りに進まず苦戦することが多いです。

しかし、今までの案件もそうでしたが、何日もかけて構築した機器が問題なく動いたときは苦労した分達成感を覚えます。自分自身それが仕事のやりがいにもなっているので、苦戦することはありますが、試行錯誤を繰り返しながら全力で取り組んでいます。

マニュアル通りの対応が求められた前職と比べると、GFDに入社してからは自分で考えて行動する場面が多くなりました。入社当初は先輩に聞かないと何をすればいいかわからなかった自分が、一人称で動けるようになったのは自分で考える機会があったからこそだと感じています。

今では後輩もでき、自分が「教えてもらう立場」から「教える立場」になったので、後輩に指導する際は、自分が先輩たちに教えていただいた実践で使える技術を伝えることを目標に指導しています。

チームでの立場が変わる中で、少しずつではありますができることが増えてきたことをきっかけに自分の成長を実感できています。


▲インタビュー中の蒲牟田さん(※撮影時のみマスク外しています)

GFDで叶えたワークライフバランス

GFDでは会社全体でリモートワークが推奨されているので、私も入社直後からほぼリモートワークで業務を行っています。

リモートワークの利点は、通勤時間が削減できることです。前職では会社と自宅の往復に3時間近くかかり、仕事以外の時間でなかなか自分の自由な時間を確保することができませんでした。その点リモートワークだと、通勤にかかる時間を別の時間に充てることができるので、平日でも終業後に自分の自由な時間を楽しめるようになりました。

もちろん休日も充実しています。GFD入社前までは、会社の人と休日遊びに出かけることは考えられませんでしたが、GFDメンバーは多趣味な人が多いので、休日はキャンプやツーリングを一緒に楽しんでいます。最近では、メンバーに釣りを教えてもらったりと、今までの自分の趣味だけではなく、新しい趣味を作るきっかけをもらったりしています。

仕事以外でもメンバーと関わることで、リモートワークでも、順調に社員間の信頼関係が築けています。プライベートを一緒に楽しむことで、メンバー同士互いの理解が深まり、仕事がしやすくなったなというのも実感しています。

GFDで働くようになってからは、「仕事をするときはする」「休む時は休む」「遊ぶときは遊ぶ」というメリハリをつけて仕事とプライベートも全力で楽しめています。


▲メンバーとのツーリング(※緊急事態宣言解除後)

「一歩踏み出してみてください!」読者の皆様へ

GFDに入社後、技術力だけではなく働き方やプライベートでもとても満足しています。

入社直後から現在に至るまで、自分の成長を実感できているのは、年齢関係なく挑戦ができるGFDの環境のおかげだと感じています。今後も現状に満足することなく、自分の成長を加速させ「この人に頼めば大丈夫」と周りから信頼されるエンジニアになりたいです。

こんな風に前向きに考えられるようになったのも、転職という一歩を踏み出し、GFDで今までとは違う環境に身を置けたからだと思います。

転職は人生の中でも結構大きな出来事なので、不安は感じると思います。私もそうでした。ただあの時、勇気を出して一歩踏み出してみた結果、GFDで今の自分に出逢えたので、転職してよかったと感じています。

もし今、以前の私のように自分のキャリアに少しでも不安がある方、悩み抱えている方は一歩踏み出してみてほしいです。現状を一気に変えられるチャンスになると思います。そして、皆様が一歩踏み出した先がGFDだったら嬉しいです。

私の話やほかの記事を読んでGFDに興味を持っていただけたならば、ぜひ一度話を聞いてみてください。

皆様にお会いできるのを楽しみにしております!


<取扱製品名(一部)>
・Cisco L2SW, L3SW, Router
・SRX
・Fortigate
・Paloalto
・BIG-IP
・A10 thunder
・AWS
・OCI
・Okta
・CyberArk

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼GFDコーポレートサイト
https://gf-design.jp/

▼GFD採用サイト
https://gfdlink.com/

▼エンジニア教育事業についてはコチラから
https://skillry-education.com/

▼フリーランス支援事業についてはコチラから
https://skillry-freelance.com/

株式会社GFDでは一緒に働く仲間を募集しています
転職意欲がなくてもOK
この話題について、
話しませんか?
同じタグの記事
今週のランキング
株式会社GFDからお誘い
この話題に共感したら、メンバーと話してみませんか?