1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

寝坊助のあなたに捧げるストーリー -通勤時間徒歩1分で遅刻する男-

寝坊しました。

僕の部屋のベットはベランダの窓の横に沿って設置されています。
朝は基本的に目覚ましと窓から差し込む日の光で目が覚めます。健康的すぎる。

僕は窓から差し込む朝の日の光が嫌いではありません。
眠れなくて一晩中そわそわしてベットの上でスマホでまとめブログを読んだり音楽を聴いたりなんだかんだりしていると
夜が深くなっていき、4時頃からだんだんと夜が薄れていく感じがいいのです。
その時間まで眠ることが出来なければそのまま会社に行けばいいじゃんと思うでしょ。
無理なのです。6時半頃にどっと疲労と眠気が襲ってきます。
そこからが勝負です。
どんな勝負かをストレートに言うと「目覚ましを信じて一か八か寝る」です。
このまま会社に行っても居眠りするだけ。だったら賭けです。
スマホのアラームを信じろ!アラームを信じる自分を信じろ!

ちなみになぜ眠れないかという理由は下記5つになります。
眠れない夜は皆様の身近にもあるはずです。
1)21時とか22時あたりの中途半端な時間に居眠りして0時あたりに起きて眠れなくなった時
2)3時くらいまで夜更かしした時
3)がっつり仕事で失敗して落ち着かない時
4)がっつり失恋した時
5)がっつり飲みすぎて気持ち悪くて腹がめちゃくちゃ痛い時

1972年に吉田拓郎がリリースしたアルバム「今はまだ人生を語らず」に収録されている超かっこいい曲
「人生を語らず」にある1節があります。

「朝日が昇るから起きるんじゃなくて 目覚める時だから 旅をする」

僕は決して朝日が昇ったその光で起きるのではく、アラームという指定した時間を目覚めのタイミングとして起きるのです。
ですが朝日が昇る時もまた1つのタイミング。
朝日とアラーム、2つが組み合わさった時、僕の「旅」が始まります。
今日という1日の「旅」が始まるのです。

そして10回目くらいのスヌーズ・・・。
そうですね。8時56分くらいですか?
7時ぐらいの気持ちで朝日を拝むと空がいつもよりも明るい。
スマホを確認すると残酷にも8時56分から57分に時が進むところを目撃します。
一か八かからの最悪の朝チュンです。

我が家から会社は徒歩1分くらいです。
56分に出ればギリギリ間に合いますが、目覚めたタイミングが56分だともうね。もうね。掛け布団からは飛び起きますけど、逆に落ち着きます。
一旦落ち着いてベットの上からSlackにご報告です。
もう走ってもダメ何してもダメなら正直に謝るしかないじゃないですか。

で、このザマです。

それを毎月繰り返した挙句、本日社長に「遅刻で記事書くべし」と言われて作成しました。
僕だけ書くのも癪(しゃく)なのでもう1人会社の近所にいて寝坊をぶっかます人がいるのでそいつにも書かせようと思っています。
「思っています」ではないですね。書かせます。決意です。腹いせです。
知ってますよ。寝坊した僕が100%悪いということは。
逆に笑い話にしてくれる社長に感謝の意を表明し、そして2度と寝坊をしないことをここに誓います。

ですがこちらも宣言します。
これから寝坊した人にも書かせるようにします。これがゲットでの寝坊の始末書です。

同じ経験をした人へのアドバイスとしまして、僕が行った寝坊への対抗策をご紹介します。
それは「起こしてもらう」です。
それしかない。
僕は入社して最初の1年は田舎の母親に電話してもらっていました。
そして1年前にまた頻発してきましたので電話をお願いしようと思ったのですが、
親を安心させるとともに見栄を張りたく思い、親ではなく同僚に起こしてもらうことにしました。
LINE電話で起こしてもらってますが、なるべく迷惑が掛からないように電話が来る前に起きたよと連絡するようにしています。
LINEの履歴が僕の「おはようございます」で埋まります。
別の連絡が来ても「おはようございます」と反射的に返すようになりました。
結果は、何とか間に合うようになりましたが、
同僚へ申し訳ない気持ちのお陰で早めに起きてメッセージを送れるのですが、送った後に眠ってしまうではないですか。
手段と目的がめっちゃくちゃ!

朝のルーティン

ちなみにあまりにメッセージが遅いと鬼電で起こしてくれます。
ありがとう。
そろそろ家まで迎えに来てもらおうかな。
家が隣の幼馴染のように。

とにかく今は早く横で起こしてくれる人物を探そうと思います。
逆に横にもっとだらしない人がいたら僕がそわそわして早めに起きる可能性があるのでそれもありかも。
むしろ僕が誰かを電話で起こしてあげようかな。
こんな僕でも誰かの背中を支えてあげたい。
それはそれでお互いに起きるために、お互いを頼るべきか頼らざるべきか不安になり
無事に起きれるかもしれない。
新たな可能性を見出した気がします。

長文になってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。
これが私の「寝坊エントリ」です。
笑えよ。

令和2年6月26日
株式会社ゲットイット 平野大介

遅刻現行犯逮捕(イメージ)

株式会社ゲットイットでは一緒に働く仲間を募集しています
6 いいね!
6 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう