1
/
5

感謝カードの話。

こんにちは。


春うらら🌸

寒いけれども空気は春、なこの時期がけっこう好きです😊 

ただ、数年前より花粉症になっているので、その空気を楽しむ気持ちは一瞬で消えていきます…。


春といえば桜味🌸のスイーツが色々と出ますよね。

近くのスタバでは「さくらフル フラペチーノ」が2/27までということだったので、

一昨日あわてて買いに行きました。

スタバ様なんて高級品、めったに買いに行きませんが、

何人かの同僚は愛用しておりまして、いつも羨ましく見つめております。

今回は清水の舞台から飛び降りる気持ちで購入。

月末だし、たまには自分を甘やかそう。

ここでいう”たまに”は、たぶん一般で言う”たまに”より多いですけど

こんなの主観です、主観😉笑


前回の記事にて、貯金箱の話をしました。

今回はその続きの予定でしたが、かーなりパーソナルなところに踏み込む内容になるため、

悩みに悩んだすえ、今回は別の話にさせていただきます。すみません。

「いっちゃえー!」と思い切れた時に掲載させていただければと思います🙇


ということで今回は、ゲットイットのとあるプロジェクトについて紹介させていただきます。


ゲットイットでは、数年前より賞与プロジェクトというものが

毎年発足され(メンバーは自薦/正社員勤続年数1年以上)、

賞与の一部について、そのプロジェクトメンバーが分配方法を決めます。

詳細は割愛しますが、今年はその一環で「感謝カード」というものが登場しました。

各人2枚持ちカードがあり、毎月2名に送ります。

基本的には直接渡します。なにに感謝しているのかを伝えながらカードを渡し、

受け取った人はそれを専用の郵便箱(プロジェクトメンバーお手製)に投函します。

ゲットイットはオフィスと倉庫が離れているので、直接渡せない場合には

感謝のメッセージをチャットし、そのまま郵便箱に投函します📮


行っていて思ったのは、

①近くで働いている人に意識が行きがち

②持ちカード2枚以上欲しい!2枚って絶妙だわ…

です。

私は月末に渡すと決めていて、感謝!と思った時には忘れないようにノートに書き込んでいます。

でも2名にしか渡せないので、毎回、翌月への繰越しが発生します。

たぶんこのままだと、渡したいとメモしているけれども渡せずに終わる方が何人も出そうです。

そして、気をつけないとなぁと思っているのが、①です。

物理的に近くで働いている、または仕事内容が直接的に関わるメンバーに意識が行きがちになりますが、

ちゃんと考えると、感謝したい相手はもっともっといます。

また、あまりにも近いとか、あまりにも自然なため、当然だと思っている相手の行動も、

改めて「当たり前なのか?」と考えると、

当たり前にやってくれているから当たり前なだけで、当たり前なわけではないんですよね。

…伝わりますでしょうか?笑


そんなこんなを考えながら、本日も私は感謝カードを渡しにいきます。

ほんとのほんとは、「存在に感謝しています」が一番しっくりくるのですが笑、

それじゃああまりにも漠然としているし、

何に感謝されているか明確な方が張り合いが出るって方もいるでしょうから、

なるべく具体化しようと頭をひねっています。


株式会社ゲットイットでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう