1
/
5

【人間力研修】第一弾!一分で眠りにつく方法

こんにちは!お馴染みGBS インターン生の金です^^

今回はシリーズ化を考えていた「GBS 人間力研修」についてお話しします。



★本日のアジェンダ★


1 : GBSの研修について

2 : GBSの人間力研修とは?

3 : なぜそこまでGBSは人間力研修を大切にするの?

4 : 本日の内容

5 : なぜ睡眠は大切なのか

6 : なぜ眠れないの?

7 : 478呼吸法って?

8 : 478呼吸法 まとめ

9 : 番外編



‐GBSの研修について

GBSでは様々な研修をご用意しております。

技術研修やマネジメント研修、業界研修、セキュリティ研修、人間力研修、開発研修、インフラ研修、、AWS研修 外部講師によるワークライフバランス教室 などなど。。。

(インフラ研修などは定期的に開催しておりますので、GBS公式Twitterよりご確認ください^^)/

★@gb_sol_tw

★ https://twitter.com/gb_sol_tw


その中でもGBSが特に重要視している人間力研修についてご紹介します!!!!!



‐GBS 人間力研修とは?

GBSの人間力研修は月に一度開催される「全体人間力勉強会🌟」と「社員会」の中で実施されます。

その研修は、GBSの数あるプロジェクトの中から「人間力PJ」に参画しているメンバーによって企画されます。

練りに練って企画し、GBS社員に発信し、互いの人間力を高めていく、というPJなんですね。



-なぜここまでGBSはそこまで人間力を大切にするの?

それは、人間の根底にあるものが人間力だからです。

少しわかりにくいですよね。

砕いていくと、GBSはSES事業(後日詳しく書いた記事を投稿します)を主軸に活動しています。

簡単に言っちゃえば、技術力をお客さまに提供する事業です。

技術力が高いエンジニアが重宝されるんじゃ?と思われがちですが、実はそんなことないんですね。

もちろん、技術力が優れていることに越したことはないのですが、より同等に重宝されるのが人間力です。

例えば、報連相がきちんとできるか、コミュニケーションがきちんとできるか、自分を律することはできるか、相手を思いやることはできるか、などが挙げられます。

(人間力という言葉に定義はないので、抽象的な説明になってしまいました)

エンジニアの仕事は個人プレーでもあり、お客さまやエンドユーザー、共に仕事をする仲間たち等と関わるチームプレーでもあります。

チームで動くとなると、円滑にいい関係で仕事に取り組まなければなりません。

(SES以外にもすべての仕事にいえます)

そのためには人間力が欠かせないのです。

人間力があると自分を強くでき、相手にもプラスの影響を与えることができます。

また、人間力は技術力と違ってすでに自分の色がついている状態で身に着けていくので、なかなか複雑です。

なので技術力は同じものを習得することができますが、人間力はその人の色と混じりその人特有の個性が化学反応のように作用して生まれます。

個性やアイデンティティは自分の核になる部分です。

そのため、人間の構成要素をピラミッド型に例えたら一番下の大きな範囲が人間力に該当するのではないでしょうか。

(筆者は技術力を会得するのも人間力の高さで変わってくるのではないかと思っているところもあるので。)

GBSではその土台を大切にしていこう、ということで人間力を重要視しています。


長々と綴りましたが、GBSの人間力研修は本当に無料なの??というようなクオリティーかつ素敵な内容ですので、GBS社員だけでなく、この記事をご覧になっている皆様にこの場を借りてご紹介してまいります^^

今回は初の人間力研修について触れていくので、皆様にとって取り入れやすい、すぐ実践できるような内容に迫っていきます^^



本日の内容は、

1分で眠りにつく方法

についてです。

最近「コロナ不眠」なんてワード耳に入ってきませんか?

コロナ禍における不眠でコロナ不眠ということですよね。

リモートワークによる筋力の低下による身体の痛み、コロナ禍による不安やストレス、気軽に外に出れないゆえの運動不足。。。

パッと考えただけでも様々な要因が挙げられます。

質のいい睡眠をとるために寝具の売り上げがコロナ禍でかなり増えているとかも。。

自分もオンライン授業中強い眠気に襲われる、頭は疲れているのに身体は疲れていないため、なかなか眠ることができない、など睡眠の悩みを抱えています。

ここまで来たら自主的に動かないと睡眠の質は変えられません。

かといって良質な寝具を買うお金はない!!!!(シングルサイズ8万のあのマットレスが欲しい!)

ここで是非お試しいただきたいのが

478呼吸法

です!!!



-なぜ睡眠は大切なのか

皆様もうご存知かもしれませんが、今一度確認しておきましょう。

睡眠は人間の三大欲求の1つに入っています。

睡眠がないと人間は生きていけません。

そんな「睡眠」はどのような役割をしているのでしょうか。

・疲労回復

・記憶(心)の調整

・健康な体作りの助長

などが挙げられます。

睡眠は心と身体の疲労を回復したり、良い状態に直してくれる役割があります。

不眠や寝不足が続くと、心と身体に悪影響が出てしまいます。

その状態では自分の満足いく生活を送ることは難しくなりますよね。

それほど、睡眠は私たちの健康と関わりあっているんです。

侮るなかれ、ですね。



‐なぜ眠れないの?

少し話を戻しますが、なぜ眠れなくなるのでしょうか。

さまざまな要因が挙げられますが、

1つ挙げるとしたら、睡眠に適さない呼吸をしているからです。

人はストレスや不安を感じると、アドレナリンが血管を駆け巡ることで心拍数が早くなり、呼吸が浅くせわしなくなります。

アドレナリンは交感神経(興奮と緊張の神経)が興奮状態になると分泌されるホルモンというのはよく聞きますよね。

そりゃアドレナリンが分泌していたら、ぐっすり眠るどころかソワソワして眠れないですよね。

それでも、アドレナリンは勝手に分泌してしまうものなのでなかなか制御が難しい。

そこで、まずは呼吸を落ち着かせることに焦点を当てていきます。



‐478呼吸法って?

478呼吸法は、40年にわたり、食生活や運動、リラクゼーションなどの力を取り入れた統合医療を提唱している医学博士アンドルー・ワイル氏が提案した腹式呼吸法のことです。

他にも、うつ病や食事について著作したり、2005年に『TIME』誌の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれたりと、とても有名な方なんですね!

早速気になる478呼吸法のやり方について紹介していきます!


1 息をゆっくりと口から吐き出す

 ★この時ヒューと息の音を立てる

2 口を閉じて4秒かけて鼻から息を吸う

3 7秒間息を止める

 ★しっかり!!とめる

4 8秒かけて口から息を吐き出す

 ★この時もヒューと息の音を立てる


※478呼吸のポイント

横隔膜が十分働いているかをチェックすること。

→みぞおちと肋骨の下の部分が広がっているかどうかを手を当てて確かめたり、肩に力が入っていないかを意識する。



478呼吸は腹式呼吸なので、特に副交感神経(リラックスと休息の神経)の働きを高め自律神経の調整に効果があると言われています。

また、腹式呼吸をすることで血流の巡りが良くなり、胃や腸の調子を整え、便秘解消にも効果があるそうです!

ちなみに478呼吸は眠る時以外にも、緊張している時やリラックスしたい時にも活用できます。


自分も今やってみたのですが、以外と8秒かけて息を吐くのが難しかったです。

ペース配分大切ですね!

このように、すぐにでも使える呼吸法ですので、是非この機に試してみてくださいね^^)/



~番外編~

478呼吸について触れてきましたが、金のおススメの睡眠対策も紹介させてください!!


先ほど申し上げたようにだいぶコロナのおかげで睡眠に支障が出るようになりました。

本当にいつもの何気ない外出が良い睡眠を助けていたんだなと実感しております。

今はオフィスに行かず、ずっとリモートで仕事をしているので、

頭は使うけど、体は使わない、というアンバランスな状態に陥りがちです。

そうするとなかなか熟睡できないんですよね。

478呼吸法を意識するのは難しい。。という方にはこちらの方法もいかがでしょうか?

それは、散歩と温泉×サウナです!

1 散歩

コロナ禍で散歩する方増えましたよね。

私もその中の一人です!

歩くことでじんわり汗をかくことができます。

そして、身体全体を使うので、バランスよく疲れることができます。

いつもの道を決めたり、時間に余裕のある時はフラフラ放浪してみたりするもの楽しいですね。

時間が限られているときは、私はいつも神社まで行って帰ってくる、というルートで散歩しています。

時間がある時は知らない方面や道を歩いてみる。この前は4時間歩きました。

意外と発見があって面白いんですよ!

これを機にお試しあれ!


2温泉×サウナ

これは完全な趣味ですが、とにかくサウナと温泉の後は良く寝れる!!

コロナで行くことが難しいかもしれませんが、温泉は不眠に効果があります。

特にサウナがおススメです。

自分のペースでサウナ→水風呂を繰り返すと所謂「整う」状態になります。

時々の外気浴も忘れずに!

また、泉質やサウナの温度など場所によって色がありますので、お気に入りの温泉やサウナを探すのも楽しいですよ!

散歩同様、温泉とサウナも体全体を使うので、程よく疲れることができます。

また、血行の巡りが良くなるので、湯冷めしなければポカポカで寝ることができます。

さらには、温泉は不眠以外にも自律神経や肩こりなどさまざまな症状に効果があります!!



いかがだったでしょうか!

今回は睡眠についてお話してきました。

478呼吸法やその他紹介したもの以外にも良質な睡眠を助ける方法はたくさんあるので、

自分の睡眠と一度向き合ってみてください^^

最後までご覧いただきありがとうございました!

次回は人間力編【人間力って?】/GBS編【SESって?】に迫っていきます!!!

お楽しみにっ!!



【478呼吸法 参考文献】

https://www.byrdie.com/nutrition-4628394

https://www.youtube.com/watch?v=_Wg-UAYGa2A

https://www.raycop.co.jp/life/care/2027/

https://co-medical.mynavi.jp/contents/therapistplus/career/useful/2002/

2021年9月13日(月)閲覧

グローバルビジネスソリューションでは一緒に働く仲間を募集しています
同じタグの記事
今週のランキング