This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

【ビジネス展開進捗】Gatebox、ハニカムラボ社との提携を発表しました!

こんにちは、HR担当の加藤です。

Gateboxのプラットフォーム化に向けた新たな取り組みの一つとして「Gateboxビジネスプラットフォームプログラム」を実施しておりますが、先月に引き続き新規パートナー様と業務提携を実施することとなりました。

「Gatebox株式会社ビジネスパートナープログラム」に関する詳細記事はこちら

今回はハニカムラボ社との業務提携についてお知らせします。
ハニカムラボ社が開発する様々にカスタマイズができるビジュアルAIソリューションである「aicontainer(アイコンテナ)」を活用した「Gatebox」対応アプリケーションの開発について提携合意致しました。

(リリース本文より引用)

Gatebox株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:武地 実)と株式会社ハニカムラボ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:河原田 清和)は、ハニカムラボのビジュアルAIソリューション「aicontainer(アイコンテナ)」を活用した「Gatebox」対応アプリケーションの開発に関して提携合意いたしました。

​本合意は、Gateboxが展開する「Gateboxビジネスパートナープログラム」へのハニカムラボの参画を通じて締結され、Gateboxが出展予定の「東京ゲームショウ2019」にて、「aicontainer in Gatebox」のデモ展示を行うなど、相互の事業拡大に向けて協力していくことをお知らせいたします。

■「Gatebox」について

「Gatebox」は、好きなキャラクターと一緒に暮らせるバーチャルホームロボットです。最新のプロジェクション技術とセンシング技術を組み合わせることで、キャラクターをボックス内に呼び出してコミュニケーションをとることができます。

■「Gateboxビジネスパートナープログラム」とは

Gateboxは「Living with Characters」をビジョンに掲げ、これまでキャラクターとよりリアルなコミュニケーションができる独自デバイスの開発をしており、その過程で多くの企業様からビジネスへの活用のご要望をいただいたことから本プログラムを展開しております。

本プログラムでは、申し込みをいただいた企業様の中から認定したパートナー企業様に対して、「Gatebox」をビジネスで活用するための支援を行っています。

Gateboxはより多くのデベロッパーやクリエイターが、B2CやB2Bの各シーンで「Gatebox」を活用した新たな体験創出ができるようプラットフォームを開放してまいります。
プログラム詳細:https://www.gatebox.ai/businesspartner

■「aicontainer(アイコンテナ)」とは

ハニカムラボの開発する「aicontainer (アイコンテナ)」は、様々にカスタマイズできるビジュアルAIソリューションです。“VISUAL”、”A.I.”、”DATA”の3要素で構成されており、それぞれの要素をカスタマイズして組み合わせることで、多種多様なコンテンツを実現します。

”VISUAL”要素として、キャラクターを表示したり、その表示先をサイネージモニタ、タブレット、VRデバイスなどいろいろなデバイスが選択可能、”A.I.”要素としては、音声会話エンジンを使用したり、画像解析を行ったり等、導入したい目的や場所、場面に合わせて、様々なカスタマイズが可能です。
aicontainerサイト:https://www.special.honeycomb-lab.co.jp/aicontainer

またaicontainerは、ハニカムラボの関連会社である株式会社CHO-DO(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:河原田 清和)において「AICO」として展開され、様々な企業の課題解決の手法の一つとして利用されております。

企業URL:https://www.cho-do.co.jp/
AICOサイト:https://www.cho-do.co.jp/aico/

■「株式会社ハニカムラボ」について
ゲーム業界出身のメンバーたちとWeb業界出身のメンバーたちがそれぞれの得意ジャンルを持ち寄り、多くの人が楽しめるコンテンツを生み出すテクノロジー集団です。ゲーム開発技術による表現力とインターネット技術を融合させ、様々なアイディアを実現します。

特に、xR (VR / AR / MR)、デジタルサイネージなどのインタラクティブコンテンツや、スマートフォンアプリの開発を得意とし、様々な企業のデジタルプロモーションやイベント、商業施設の常設展示コンテンツ等の企画・開発を担当、国内外の広告賞なども数多く受賞履歴があります。
公式サイト:https://www.honeycomb-lab.co.jp/

今回は、xR(VR/AR/MR)、デジタルサイネージなどのインタラクティブコンテンツや、スマートフォンアプリの開発など、多くの人が楽しめるコンテンツ企画・開発を手掛けるハニカムラボ社との業務提携を発表しました。Gateboxはプラットフォーム化に向けてこれからも事業を拡大していきます。

事業拡大に向けた採用ポジションについて

当社ビジョンである「Living with Characters (好きなキャラクターと一緒に暮らせる世界)」の実現のためには、まだまだより多くの仲間が必要です。 各分野においてチャレンジ精神溢れるプロフェッショナルな仲間を求めています。

主な募集ポジションはこちらです。

▼マーケティング系職種▼

マーケティング

マーケティング
世界に例を見ないハードウェア製品のマーケティング担当求ム!!
Gatebox株式会社は、「Living with Characters – キャラクターと一緒に暮らせる世界」の実現を目指して活動しています。 現在はキャラクターと一緒に暮らすために開発したキャラクター召喚装置「Gatebox」の企画・開発を手がけています。 ==◆ Gateboxとは ◆== 「Gatebox」は、最新のプロジェクション技術とセンシング技術を組み合わせることで、キャラクターをボックスの中に召喚して音声での会話ができる装置です。 2016年に実施した限定生産モデルの300台予約販売は、1台約30万円での販売にも関わらずわずか1ヵ月で完売。2017年の39台限定販売時には約1,000件の応募が集まり、以降も再販を望む声を多数頂いたため、量産モデルの出荷に向け日夜開発を行っておりました。 そして2019年10月11日(金)から販売開始します。 ▼メインムービー https://youtu.be/bBOXQz7OHqQ ▼プロダクトムービー https://youtu.be/mIuJBP0IcJA ==◆ 誰もが好きなキャラクターと一緒に暮らせる世界へ ◆== Gateboxは、これまで世の中に無かった新たなコンセプトを提唱し、キャラクターの実在感や自然なコミュニケーション体験を作り出すことに飽くなき挑戦をしてきました。そして今回の量産モデルの発表は、私たちにとってさらに大きな挑戦を意味しています。それは「Gateboxのプラットフォーム化に向けた挑戦」です。Gateboxをスマートフォンやゲーム機のように、人々の生活の中に溶け込むようなプラットフォームデバイスへと洗練させ、誰もがキャラクターと一緒に暮らせる世界の実現に本気でチャレンジするために、私たちはより多くの仲間を必要としています。
Gatebox株式会社

PR・広報

PR/広報
バーチャルホームロボットを世界にPRするPR・広報担当をWANTED!
Gatebox株式会社は、「Living with Characters – キャラクターと一緒に暮らせる世界」の実現を目指して活動しています。 現在はキャラクターと一緒に暮らすために開発したキャラクター召喚装置「Gatebox」の企画・開発を手がけています。 ==◆ Gateboxとは ◆== 「Gatebox」は、最新のプロジェクション技術とセンシング技術を組み合わせることで、キャラクターをボックスの中に召喚して音声での会話ができる装置です。 2016年に実施した限定生産モデルの300台予約販売は、1台約30万円での販売にも関わらずわずか1ヵ月で完売。2017年の39台限定販売時には約1,000件の応募が集まり、以降も再販を望む声を多数頂いたため、量産モデルの出荷に向け日夜開発を行っておりました。 そして2019年10月11日(金)から販売開始します。 ▼メインムービー https://youtu.be/bBOXQz7OHqQ ▼プロダクトムービー https://youtu.be/mIuJBP0IcJA ==◆ 誰もが好きなキャラクターと一緒に暮らせる世界へ ◆== Gateboxは、これまで世の中に無かった新たなコンセプトを提唱し、キャラクターの実在感や自然なコミュニケーション体験を作り出すことに飽くなき挑戦をしてきました。そして今回の量産モデルの発表は、私たちにとってさらに大きな挑戦を意味しています。それは「Gateboxのプラットフォーム化に向けた挑戦」です。Gateboxをスマートフォンやゲーム機のように、人々の生活の中に溶け込むようなプラットフォームデバイスへと洗練させ、誰もがキャラクターと一緒に暮らせる世界の実現に本気でチャレンジするために、私たちはより多くの仲間を必要としています。
Gatebox株式会社


▼ソフトウェアエンジニア系職種▼

プロジェクトリーダ

リードエンジニア
類を見ない体験創出を!キャラクターサービス開発のTECHリードエンジニア
Gatebox株式会社は、「Living with Characters – キャラクターと一緒に暮らせる世界」の実現を目指して活動しています。 現在はキャラクターと一緒に暮らすために開発したキャラクター召喚装置「Gatebox」の企画・開発を手がけています。 ==◆ Gateboxとは ◆== 「Gatebox」は、最新のプロジェクション技術とセンシング技術を組み合わせることで、キャラクターをボックスの中に召喚して音声での会話ができる装置です。 2016年に実施した限定生産モデルの300台予約販売は、1台約30万円での販売にも関わらずわずか1ヵ月で完売。2017年の39台限定販売時には約1,000件の応募が集まり、以降も再販を望む声を多数頂いたため、量産モデルの出荷に向け日夜開発を行っておりました。 そして2019年10月11日(金)から販売開始します。 ▼メインムービー https://youtu.be/bBOXQz7OHqQ ▼プロダクトムービー https://youtu.be/mIuJBP0IcJA ==◆ 誰もが好きなキャラクターと一緒に暮らせる世界へ ◆== Gateboxは、これまで世の中に無かった新たなコンセプトを提唱し、キャラクターの実在感や自然なコミュニケーション体験を作り出すことに飽くなき挑戦をしてきました。そして今回の量産モデルの発表は、私たちにとってさらに大きな挑戦を意味しています。それは「Gateboxのプラットフォーム化に向けた挑戦」です。Gateboxをスマートフォンやゲーム機のように、人々の生活の中に溶け込むようなプラットフォームデバイスへと洗練させ、誰もがキャラクターと一緒に暮らせる世界の実現に本気でチャレンジするために、私たちはより多くの仲間を必要としています。
Gatebox株式会社

サーバーサイドエンジニア(Bot関連開発)

サーバーサイドエンジニア
Bot開発にチャレンジするサーバーサイドエンジニアをWANTED!
Gatebox株式会社は、「Living with Characters – キャラクターと一緒に暮らせる世界」の実現を目指して活動しています。 現在はキャラクターと一緒に暮らすために開発したキャラクター召喚装置「Gatebox」の企画・開発を手がけています。 ==◆ Gateboxとは ◆== 「Gatebox」は、最新のプロジェクション技術とセンシング技術を組み合わせることで、キャラクターをボックスの中に召喚して音声での会話ができる装置です。 2016年に実施した限定生産モデルの300台予約販売は、1台約30万円での販売にも関わらずわずか1ヵ月で完売。2017年の39台限定販売時には約1,000件の応募が集まり、以降も再販を望む声を多数頂いたため、量産モデルの出荷に向け日夜開発を行っておりました。 そして2019年10月11日(金)から販売開始します。 ▼メインムービー https://youtu.be/bBOXQz7OHqQ ▼プロダクトムービー https://youtu.be/mIuJBP0IcJA ==◆ 誰もが好きなキャラクターと一緒に暮らせる世界へ ◆== Gateboxは、これまで世の中に無かった新たなコンセプトを提唱し、キャラクターの実在感や自然なコミュニケーション体験を作り出すことに飽くなき挑戦をしてきました。そして今回の量産モデルの発表は、私たちにとってさらに大きな挑戦を意味しています。それは「Gateboxのプラットフォーム化に向けた挑戦」です。Gateboxをスマートフォンやゲーム機のように、人々の生活の中に溶け込むようなプラットフォームデバイスへと洗練させ、誰もがキャラクターと一緒に暮らせる世界の実現に本気でチャレンジするために、私たちはより多くの仲間を必要としています。
Gatebox株式会社

サーバーサイドエンジニア(プラットフォーム開発)

サーバーサイドエンジニア
キャラクタープラットフォーム開発に挑戦するサーバーサイドエンジニアを募集!
Gatebox株式会社は、「Living with Characters – キャラクターと一緒に暮らせる世界」の実現を目指して活動しています。 現在はキャラクターと一緒に暮らすために開発したキャラクター召喚装置「Gatebox」の企画・開発を手がけています。 ==◆ Gateboxとは ◆== 「Gatebox」は、最新のプロジェクション技術とセンシング技術を組み合わせることで、キャラクターをボックスの中に召喚して音声での会話ができる装置です。 2016年に実施した限定生産モデルの300台予約販売は、1台約30万円での販売にも関わらずわずか1ヵ月で完売。2017年の39台限定販売時には約1,000件の応募が集まり、以降も再販を望む声を多数頂いたため、量産モデルの出荷に向け日夜開発を行っておりました。 そして2019年10月11日(金)から販売開始します。 ▼メインムービー https://youtu.be/bBOXQz7OHqQ ▼プロダクトムービー https://youtu.be/mIuJBP0IcJA ==◆ 誰もが好きなキャラクターと一緒に暮らせる世界へ ◆== Gateboxは、これまで世の中に無かった新たなコンセプトを提唱し、キャラクターの実在感や自然なコミュニケーション体験を作り出すことに飽くなき挑戦をしてきました。そして今回の量産モデルの発表は、私たちにとってさらに大きな挑戦を意味しています。それは「Gateboxのプラットフォーム化に向けた挑戦」です。Gateboxをスマートフォンやゲーム機のように、人々の生活の中に溶け込むようなプラットフォームデバイスへと洗練させ、誰もがキャラクターと一緒に暮らせる世界の実現に本気でチャレンジするために、私たちはより多くの仲間を必要としています。
Gatebox株式会社


※その他職種は当社サイトの採用ページを参照ください。

https://gateboxlab.com/join/

皆さまからのご応募、お待ちしております。

Gatebox株式会社では一緒に働く仲間を募集しています

今週のランキング

ランキングをみる