1
/
5

《メンバー インタビュー♯2》相馬社長が語る新入社員へ求めるもの

こんにちは、株式会社アーキテックプランニングのシステムソリューション事業部でSEとして働いています山田です。

メンバーインタビュー♯1に引き続き相馬社長へのインタビューをお届けしたいと思います。


我々が作るのは作品ではなく商品

ーー前回山下くんによって「やる気のある人が稼げる環境を作りたい」とおっしゃっていました。

相馬:うん、そのためにはまず無駄なことはしたくない。例えば現場でも「安全第一」と大きく書いた看板があるけど、あれを置いたところで本当にみんなが安全に気を使うのかな?と疑問に思ってしまうんだ。毎朝朝礼で安全標語を斉唱したりね。

ーーああ、そういうのありますよね。

相馬:昔からそういう・・・まぁ言葉は悪いけど予定調和的な行いに馴染めなくてね。それをやっている会社を批判する意図は全くないんだけど、俺の場合は考えがすごく極端で、非生産業務はなるべくやりたくないんだ。

ーー標語や説教で人の意識を変えようとするのではなく、別のやり方を導入しようという。

相馬:21歳頃から現場で一人でやっていて、人よりそういう考えが強いのは、この業界は腕が良かろうが悪かろうが同じ金額しかもらえないからなんだ。そういう請負でやったらあとは稼ぐために早くやるしかない。有形の商品を作ってる以上きれいに早くやるのが一番大事。作品と商品の大きな違いはそこ。作品は時間かかってもいいもん作ればいい、商品はかかった時間が商品の価格を決めるわけで。だから無駄なことをしたくないんだ。

会議なんてやりたくない

ーー会議への忌避感も良く口にしていますよね。

相馬:うん、正直やりたくないよ(笑)。全体会議とかになると話を聞いていない人もいるし、情報共有や意思統一が目的ならもっと効率的な方法があるんじゃないかとずっと思ってた。

ーーアウトプットを残す手段として、会議は皆の時間を食いすぎるというデメリットがあるかもしれません。

相馬:そういうところは山下くん自体にうまく利用できる環境がある。

ーーメッセージ機能やファイル共有機能などもありますので、要は会議をやらなくてもそこを見ればわかりますよっていうシステムですね。

相馬:建築は労働力を必要とする業種だから、社員も下請けも常に不足している。そうした中で下請けさんも含めて余計な仕事をさせたくない。昔みたいにいちいち会社に図面取りに来いよとかいいたくないんだ(笑)。大量の書類を10個も20個もハンコ押しながら回覧したりね。

ーー山下くんによってそうした無駄な作業が無くなり、全部WEB上で仕事ができるという事が広まれば、結果的に利益率、人時生産性が向上するという点でこれから売り出していきたいところですね。

建築と違う頭脳を持っている人に期待

ーーシステムソリューション事業部を立ち上げIT事業へ参入したことへの想いを聞かせていただけますか。

相馬:IT業界がどういうものかはまだ未経験なので本当にベンチャーという想いでやっているんだけど、会社を20年間やってきた中で社長のやるべきことは理解しているつもり。

今は山下くんを売り出していてそれなりの規模になると思うけど、そこに向けて走っているうちにいろんなものが付随してくるはず。山下くんもこれだけ商品の幅の広い総合的なシステムで、そこを軸にして色々なことがやれそうだから、まずは山下くんをブラッシュアップしていきたい。

ーー最後になりますが、WantedlyでIT系の人材を募集するにあたって、新入社員へ期待することはありますでしょうか?

相馬:建築とは違う頭脳を持っている人に期待したいね。建築は目に見えているものを作っている思考回路の人が多いので、目に見えない無形のサービスに携わってるSEは思考回路が違うのかなぁと。

ーーなるほど。具体的にこうした人が良いといった基準がありましたら聞かせてください。

相馬:うーん・・・ロジカルシンキングができる人かな。商品を作っていく中で理屈で矛盾しているものをどう結び付けていくのか、数学的な考え方?がSEの仕事の条件なのかなぁ。

ーーそうですね。SEの一つの必要材料ではあると思います。私から一つあるのは、自分が作りたいものと人が欲しいものは違うので、自分を俯瞰的に見てあくまで他の人が欲しがっているものを考えられる人が良いです。

相馬:そうしたバランス感覚は大事だよね。SEだから作るのは得意でも話すのは下手とかそういう時代ではないし、いいものを作ったら売れるわけではない、売れる環境も作らないといけない。お客様満足度まで視野を広げて考えられる人が望ましい。まぁそこまでいかなくてもそういう所が欠落していない人がいい。そういう人が来てくれれば、その人たちがそれなりのことを形にして会社として成長していきながら
稼げる環境を作れる自信はある。

ーーそうですね。稼げる環境というか、考えた結果こういう事をやりたいとどんどん上に提案して積極的にやっていける環境というのは、私も含めてとても魅力的に感じていますので、そういったことに興味を持っていただける方と一緒にやっていきたいですね。

インタビューは以上になります。お忙しい中、ありがとうございました。

相馬:ありがとうございました。

ーー2回にわたって相馬社長へのインタビューをお届けしてきました。インタビューだけでは把握しづらいかもしれませんが、弊社の社風や業務に少しでも魅力を感じた方がいましたら、よろしければエントリーをお願いします。募集条件等は下記リンクを参照してください。チャレンジスピリットに溢れる方からのご応募お待ちしております!

WEBエンジニア、テックリード
スタートアップでのやりがいと自由を!WEB開発のリードエンジニア募集!
株式会社アーキテックプランニングは、「性能×デザイン」をコンセプトに注文住宅事業を展開しています。北海道(札幌・旭川・苫小牧)、福岡に拠点をもち、最高の一軒を提供する家づくりをご提供します。 本年度よりメインの事業とは別に、新たにIT事業を主体としたシステムソリューション事業部を 立ち上げ、現在は主に以下2つのサービス事業を主体に手掛けています。 スタートアップの組織でゼロから様々な事に取り組み、挑戦することができます。 ①クラウドSaaS 「すごいよ山下くん」 現場管理業務をクラウド上で一元管理できるハウスメーカー・工務店向けのSaaSです。 発注・請求・見積といった種々の業務を効率化し、生産性を飛躍的にアップ。 活用する中で、自然とPDCAが回るよう設計されているため、使う内に利益構造が 明確化され、業務課題を根本から解消できるのが大きな特徴です。 https://hp-sugoyama.com/ ②ITコンサルタントマッチングサービス 「INTELICKS」 INTELICKS(インテリックス)は、「フリーランスを目指すコンサルタント及び既にフリーランスで活躍されているコンサルタント」と、「コンサルティング案件を発注したい法人企業様」の為のお仕事マッチングプラットフォームです。 コンサルタントとの間にWEB上でプラットフォームという場を設け、容易にマッチングができて受発注することで、皆さまにWin-Winの関係になっていただく事を目的としております。 https://intelicks.biz/intelicks/
株式会社アーキテックプランニング
株式会社アーキテックプランニングでは一緒に働く仲間を募集しています
1 いいね!
1 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング