1
/
5

Freewillで見つけた私の新たな人生~出会うべくして出会った仕事「RPA」~

誰もが、楽しいと思えることを仕事にしたい!と一度は思うのではないでしょうか。
そして実際に働いてみるまでは本当に自分がその仕事に向いているかわからないと思います。

今回はFreewillで運命の仕事との出会いを果たしたDenさんのストーリーをご紹介します!
仕事に対する価値観について、刺激を受ける記事になっていますのでぜひ最後までお読みください。

中国生まれ、日本と中国育ち、33歳の田爽と申します。(Freewillの皆からは、Denと呼ばれています)
自分は、セクシャルマイノリティ(LGBTQ+)の当事者でもあります。
当事者であることは特に隠していません。

現在は、FreewillのICT事業部に所属しています。この部署には様々なエンジニアが所属しており、お客様が困った時のサポートやシステム上の問題解決に携わっています。
自分は、中国の北京で生まれ、親の仕事の関係で3歳の時に日本に来ました。7歳の時、中国語を勉強するために中国へ戻りました。その後は、大学卒業まで中国にいました。その頃、親は日本で仕事をしていたため、夏休みと冬休みは毎年日本で過ごしました。中国に帰る際も、日本語を忘れないように、毎年大量の漫画を買って勉強していました。中国では入試試験が人生を左右する重要なライフイベントであるため、受験勉強に集中するのが当たり前でした。しかし、そんな受験勉強の時期に日本のアニメ、ドラマを見ていても自分の親は特に注意をすることはありませんでした。それもあって、日本語を何とか忘れずにすみました。


IT業界との出会い

大学では経済学を学びました。卒業後は日本で仕事をするために、日本の大学院に入学しました。大学院に入る前には大阪の日本語学校へ9カ月間通い、論文の書き方や大学院の面接方法について勉強しました。大学院では父の影響もあり、環境経済を専攻し、卒業論文では“スマートハウス”について書きました。大学卒業が近づき、就職活動に入るとスマートハウス関連の企業への就職を考えていましたが、その時はあまりうまくいかず、他の就職先で見つけたのがIT企業でした。
未経験でIT業界に入り、プログラミングを勉強していくうちにその可能性に魅了され、すごく楽しい仕事に就くことができたと感じています。

Freewillに入る前は、自社開発の会社に勤めていました。そこでは基幹システムの開発を行いましたが、全てオーダーメイドのため、お客様との打ち合わせ、スケジュール管理、ブリッジSE(※1)との調整から開発保守まで様々な業務を経験しました。その時に培った経験が今に役立っていると思います。

※1 言語や文化の異なるメンバーで構成されたプロジェクトチームの橋渡し役となるエンジニアのこと


刺激を求め転職

転職しようと思ったきっかけは、前職でブリッジSEとやり取りしていくうちに、もう少しグローバルな環境で働いてみたいと思ったからです。もちろん、前職で勤め続けていたとしても、いろんな経験はできたと思います。しかし、働く中で、何か物足りなさを感じていました。そこで、「色々な会社を見てみよう」と転職を開始し、数多くあるIT企業の中で、このFreewillに出会ったのです。世界で活躍経験のある社員や外国籍の社員が多数在籍しており、そこに自分が求めている刺激を感じました。

面接をオフィスで受けたとき、社内の雰囲気は日本企業の特徴とも言える縦の関係ではなく、フラットな関係を構築されているのを感じました。そして社員の生き生きとした表情、楽しそうに仕事している姿、たまに社内で飛び交う英語の会話、何もかもが新鮮で刺激でした。これがFreewillに入社することを決めまた理由です。



RPAとの運命の出会い

転職する前は開発の仕事をしていたので、入社後もフロント開発に携わると思っていましたが、最初の仕事はなんと、テクニカルサポートでした。
しかも外資系!英語は少し話せますが、ビジネスレベルまではいかないので、最初は本当に驚きました。
今までWindowsしか使ったことがありませんでしたが、この現場を通して、Linux(OSの一種)なども経験することができました。カスタマーサポート業務なので、お客様が困っている点について、ナレッジドキュメントから回答を探したり、お客様と同じ環境を作って状況を確認したりなどの新たな業務から学びを得ることができました。

テクニカルサポートの案件が終了し、次のプロジェクトへの参画まで約1ヵ月空いたのですが、その期間にRPA(※2)をやってみないかとのお話がありました。その時は、ただRPAという単語を聞いたことがある程度で、「人間の単純作業を自動化するシステムである」ということしか知りませんでした。
次の案件が始まるまでの1ヵ月間は、RPAの学習と社内研修を受けていたのですが、そこでRPAの楽しさを知ることになりました。この出会いに感謝しかないです。1ヵ月間の研修を終えると、RPAの開発現場に配属されました。この現場では開発だけでなく、お客様と一緒に業務を整理しながら自動化を進めました。また、RPAに出会ってから、1つだけではなく様々なツールに触れ、資格取得に励みました。

このようにFreewillでは、会社の中で様々な新しいスキルを得ることができ、新しい出会いも多くあります。もちろん今後もRPA関連の仕事に携わりたいと思っていますが、現在は現場での営業サポート、社内の上流工程の開発プロジェクトに関わっています。
ただRPAだけではなく、キャリアを積み上げるうえでドキュメント作成能力やヒアリング、提案能力も培う必要があるので、良い機会を得ることができたと思っています。

※2 RPA(Robotic Process Automation)とは、「人間の代わりに業務をこなしてくれる自動化ツールのこと。



入社して見つけたFreewillの魅力

当初は入社前面接の時に感じた雰囲気を感じつつも、実際に自分がFreewillでどのように仕事ができるかのイメージは湧いていませんでした。前職では自社開発のみ行っており、SES(※3)としての経験がなかったからです。
※3 IT業界における契約形態のひとつ。顧客の企業に常駐して業務を行う。

ただ、入社後いろんな現場や仕事に携わっていくうちに、どうしてみんなが生き生きと仕事ができているのか、少しずつ分かってきました。

1.様々な経験や勉強ができる
多種多様なバックグランドを持つ人が多く集まっているため、様々な情報の交換ができ、それぞれがオープンな思想を持っていますし、自分のようなセクシャルマイノリティの当事者もその事実を隠す必要はなく、フレンドリーに接してくれます。
また、仕事では転職しなくても様々な業界の現場に携わることができ、新しいスキルを身につけることができます。
その他イベントや研修も定期的に開催されています。常にモチベーションの上がる催しがあり、生き生きと仕事をすることができます。

2.社会の常識にとらわれず、その前を走る
時代の先端を行く思想を持ちながら、常にその先を見つめ、会社全体で進んでいきます。
社会の常識にとらわれず、常に新しいことに挑戦していくことができる会社です。

3.メンバーのサポート
営業担当者は高い営業力を持ち、ICT所属エンジニアの各々のスキルにあったプロジェクトに参画し、戦略をもって活動することができます。また、他人事とは思わず、どの現場で一番エンジニアが成長できるのか、そしてスキルを磨くことができるのか考え提案してくれます。
プロジェクトメンバー同士のサポートでは、技術面に関してだけではなく、何か困ったことがあれば親身に相談に乗ってもらえます。

4.自分の頑張りが評価される
3カ月に1回の人事考課では、自分の頑張りが昇給という形で給与に反映されます。Freewillはフラットに評価をする組織のため、年齢や性別、勤続年数などで給与が決まることはありません。年功序列の日本企業と違い、自分が頑張った分だけ、会社が評価してくれます。


大阪での挑戦

少し前までは、大阪のプロジェクトに配属され、お客様のRPA推進のサポート業務を行っていました。
どの業務を自動化していけばよいのか、また、今の業務をどう整理していけばよいのかをお客様と話しあいながら進めています。業務を進めていく中で気づいたのは、多くの会社が作業の自動化を進めたいと考えていますが、どの部分を自動化していけばよいのか、どの部分を実際に自動化することができるのか、わからないということです。RPAについてはまだ勉強を始めてから1年半ぐらいですが、それでも自分の経験でサポートをすることができました。
最後に、なぜ大阪でのプロジェクトに参画したかについてですが、単純に自分が行きたかったからです。違う環境で仕事してみるのもいいかなと思い、自ら希望を出しました。


今後のキャリアについて

今後は開発だけでなく、上流工程もこなせる人材になりたいと思っています。これから携わる現場は自分にとって挑戦となりますが、キャリアの向上に繋がると思います。
そして今後は、冒頭の自己紹介でも書きましたが、自分はLGBTQ+の当事者なので、今後ITを通して、今はマイナーなことが当たり前になっていくように、発信できたらいいなと思っております。



最後に、未来のFreewillの仲間へメッセージをお願いします!

今は100年生きることができる時代と言われていますが、それでも人生は短いと思います。
そしてそんな短い人生の大半は仕事をしています。だからこそ、楽しく仕事しませんか?
Freewillは様々なことを一つの会社の中で経験し、愉快な仲間たちと一緒に新しいことを発信していくことができる会社です。
IT未経験者でも、ITの新しいことを挑戦したい方でも、ユニークなバックグランドを持っている方でも、もし興味をもっていただけたら是非募集ページからエントリーしてみてください。

皆様とお会いできるのを楽しみにしています。

会社説明会の応募はこちらから
CEO登壇会社説明会の応募はこちらから

Denさんのストーリー、いかがでしたでしょうか?
Freewillでは経験・性別・国籍問わず、自分が実現したい目標を持った社員が活躍できる環境があります。

そして、今回ストーリーでご紹介したDenさんが登壇するMeetupが開催予定です!
少人数での開催ですので、会社説明会よりも近い距離でカジュアルに話をすることができます。
ぜひご参加ください♩^^

「社員と語るMeetup!エンジニアとして活躍する外国籍社員が本音で語ります」

日時:8月17日(火)19:00~20:00
場所:オンライン(Zoom)
※ご応募いただいた方に当日までにURLをご案内します。
応募は以下URLよりお願いします。
https://www.wantedly.com/projects/694487
株式会社Freewillでは一緒に働く仲間を募集しています
29 いいね!
29 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう