1
/
5

ワーケーションで気持ちが切り替わったはなし。


ワーケーション行きてえなぁ

ferixの横山です。

ワーケーションに挑戦してきました。| 株式会社フェリックス by 藤戸 希明
https://www.wantedly.com/companies/ferix/post_articles/285352

こちらの記事でも紹介しているように、ferixでは会社内でワーケーションに行きたい人を募っています。

「あれって俺も行っていいんすか?」と聞いたところ「もちろん!」と社長から返事をもらったので、行こっかなって思いついたすぐ翌週に、2週間のワーケーションがスタートしました。決定から実行までが早い!

今回も株式会社サン・クレア様にご協力頂き、ワーケーションの滞在先として水際のホテルを利用させて頂きました。

ワーケーションから帰ってきて、なんか気持ち切り替わってました。そんなお話です。

サン・クレア様の Wantedly がすごく魅力的なので、ぜひご覧ください!
https://www.wantedly.com/companies/sun-crea


早速愛媛県へ


「森の国」松野町でのワーケーション

今回おじゃましたのは『森の国』こと、愛媛県松野町目黒地区。人口270人のいわゆる超限界集落

株式会社サン・クレアが森の国で水際のロッジを始めたことをきっかけに、世界一のピザ職人がピッツェリアをつくったり、開店30分で売り切れてしまうほど人気のパン屋さんができたり、全国から大学生インターンがやってきたりなど、町がどんどん活性化し始めている。

松野町に集まる人たちは、森の国の地方創生という仕事を担いつつ、一方で森の国をいかにして遊び尽くすかに命を掛けているような人たちでした。仕事の話をしているときも、楽しそうに誇らしげに森のことを語っていました。楽しいと思えることをやっている結果として、仕事がうまくいくというのは、まさに理想の働き方だと思います。

そんな人たちと、バーベキューしたりタケノコ狩りにいったりウナギを捕まえたり森の中を散策する。森の国での共同生活は毎日が楽しいです!

タケノコ狩りやらウナギ探しやら

松野町は、ステキな人が集まっている町でした。

「田舎」でのワーケーション

滞在した森の国は松山空港から車で2〜3時間。ホテルの周りは文字通り、森・森・森。最寄りのスーパーやコンビニ、駅まで車で2〜30分です。近くで一番栄えている宇和島駅でさえ、シャッター商店街。東京と比較してしまうと、何もかもが不便で、何もない!

不便で退屈なせいなのか、田舎での時間の流れは本当にゆっくりです。東京だと時間はあっという間に過ぎていく。その限られた時間の中で、いかに効率よく仕事をするか、家事をするか、どうしたら上手に時間を活用できるかにずっと頭を悩まされています。田舎ではそういった悩みから解放されて、人とのコミュニケーションに時間使ったり、時間をかけて自炊をしたり、森でぼーっとすることができました。

新しい時間感覚を得ることで無駄に急いでるような生き方にストップをかけてくれるのが、田舎でのワーケーションの魅力なのかもしれないです。

田舎の時間で心を休める

東京に戻ってきて思うこと

結局田舎での生活よりも東京の方が自分にはあっていました(!!)。東京に戻ってきたときなんとも言えない安心感がありました(!!!!)。

大自然の中にいたからといってクリエイティビティや生産性が高まるなんてことはない。明日から環境に優しい生活に切り替えるなんてこともない。徒歩2分のコンビニの利便性に甘えている生活を手放したいとも思わない。

だけど、ワーケーションを通じて得たものは確かにありました。
「森の国」の住民を通して得た、仕事のモチベーションのあり方。共同生活を通して得た、人とのコミュニケーションのあり方。田舎の生活を通して得た、時間感覚。
松野町は、東京にはなかった考え方をいくつも気づかせてくれるような場所でした。

まとめ

リモートワークで自宅に篭り、毎日同じような生活をしているとどうしても考え方が固まってしてまいます。新しい人との出会いもほとんどなくなってしまっていることも拍車をかけています。なんとかして働く環境を変えたい!新しい刺激が欲しい!と思った時に、ワーケーションはぴったりの選択肢でした。

東京での生活に疲れたり、田舎生活を試してみたかったり、考え方を切り替えたいと思ったときに、仕事をしながらスポットで移住できるワーケーションはとてもいい制度だと思います。
(またワーケーションに行くのであれば、次は社内メンバーと一緒に行きたいと考えています!)

なにかに追われている感覚の人やテレワークで人とのコミュニケーション不足を感じている人は、ちょっとお話を聞きに来てみませんか?
ferixではコミュニケーション不足の解消に色々な方法を試してみたり、仕事がし易い環境の検討や新しい方法を取り入れてみたりと、こういう試行錯誤を頻繁に繰り返しています。ワーケーションもその1つ。今の働き方が「な~んか違うな?」という方は、もしかしたらferixとなら一緒に探せるかも。

というわけで、まずは気軽に話しかけてみて欲しいです!


株式会社フェリックスでは一緒に働く仲間を募集しています
8 いいね!
8 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう