Wantedlyは、月間200万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

ノベルティカンファレンス2019に登壇しました

こんにちは、フェンリルデザインの松野です。

去る1月17日に開催されたイベント "ノベルティカンファレンス2019" に登壇しましたので、 その様子を ご紹介したいと思います。

ノベルティカンファレンスとは

ノベルティカンファレンスは、テック系を中心にさまざまな企業が集まって、ノベルティに関する話題や知見を共有するコミュニティイベントです。

ノベルティといえば、技術系のイベントでも多種多様なアイテムが飛び交うのをよく見かけます。定番のステッカーをはじめ、文具やお菓子、果ては扇風機にモバイルバッテリーなど、イベントを彩るもうひとつの楽しみ方といっても過言ではありません。

そんな多彩なノベルティの裏側で、どうすれば手に取ってもらえるか、記憶されるか、捨てられないかと、日々取り組まれているノベルティ担当者が集まるとあって、会場は定員いっぱいの参加者で賑わっていました。

企画の工夫や苦労話も飛び出すセッション

セッションでは、私を含む9名が登壇しました。
ロゴをモチーフにした飴の完成度を上げる取り組みや、トリックアート入りのオリジナルのノート、ノベルティの効果測定の大事さと手法など、どの発表も興味深く、今後のノベルティ制作の参考になる内容でした。

登壇者の方々の発表で何度も耳にし聞かれたのは、やはり "もらう人の気持ちに立って企画する" ということ。すべての制作に共通することではありますが、たくさんのノベルティ企画の中で見出された共通項と見ると、その想いの深さも伝わってきます。

フェンリルのノベルティをご紹介

フェンリルデザインでは、フェンリルのブランディングに関わる制作物をデザインしています。ブランディング活動とは切っても切れないノベルティも、数多く手がけています。その中でも、フェンリルらしいこだわりを伝えられるものとして、クリスマスカードとVRゴーグルについて取り上げました。

フェンリルのクリスマスカードは、毎年お世話になった方々にお送りしている挨拶状です。せっかくお送りするなら思い出に残るものにしたいと考えて、毎年、心を動かすようなカードをデザインしています。

仕掛けのあるカードが多いので、実物を見ていただくのがいちばん!というわけで、スクリーンに手元をライブで映しながら、いくつかのカードをデモしました。

スリットアニメーションを使った2015年のカードでは、紙のカードの絵柄が動き出した瞬間、会場から驚きの歓声が上がりました。


また、昨年度の新卒採用キャンペーン "0次選考" のためにデザインしたオリジナルのVRゴーグルもご覧いただきました。紙製のVRゴーグルは数あれど、ここまでスピーディに組み立てられて自立するものがほかにあるでしょうか。フェンリルデザインの自信作です。

わずか10秒で完成する組み立てをデモしました。
この簡潔な構造もフェンリルによるオリジナルのデザインです。


発表後も、現物を体験したいという人が絶えませんでした。ありがたいとともに、差し上げられる数をご用意できなかったのが心残りでした。

今回このイベントでデモしたクリスマスカードも含め、フェンリルの制作物へのこだわりは、フェンリルデザインのWebサイトでもご紹介しています。ぜひ、こちらもご覧ください。

フェンリルでは一緒に働く仲間を募集しています
15 いいね!
15 いいね!

今週のランキング

ランキングをみる
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう