1
/
5

“新しいパートナーとなる2つの組織の出会いと目指すところ”~デュアルキャリア形成雇用制度~

こんにちは。
採用担当の出口です。

2020年の某日、株式会社ファストコムの建助事業部 部長である三浦龍徳と、大阪のサッカーチーム「FCティアモ枚方」ゼネラルマネージャーの巻 佑樹さんの2人を迎えて、新しいパートナーとなる2つの組織の出会いと目指すところについてお聞きしました。

47都道府県どこでも利用できるサービスにしたかった建助事業部。
サッカー選手がコロナ禍のなかでも仕事ができるようにしたかったティアモ枚方。
出会いのきっかけは共通の知り合いだった星野さんからの紹介だそう。
お互いの業界や仕事内容について話し合い理解を深め、共に仕事をすることに決めました。

FCティアモ枚方は、今季からJFLにあがり、わかりやすく言うとJ4の位置にいます。高卒・大卒・Jリーグからくる選手が一丸となって、順位はもちろん、より良いチームとして、人として上を目指していくイメージを共有しながら頑張っているのがチームの現状です。


選手が働きながらサッカーを続けていくためのサポートとしては、それぞれに合う仕事を任せるといった環境づくり。仕事を通じて自分自身のファンをつくれるよう、良好な関係の構築の方法や、チームワークを身につけられる人材育成をし、収入面だけでなく選手一人ひとりの人間育成に力をいれていきます。
また、選手は2つのブランドを背負って仕事をこなし、多くの方と接していくため、仕事の名刺の裏に選手としてのプロフールを記載するといったコラボ活動のような宣伝もしていけたら、と考えています。

スポーツ業界では、選手やチームとスポンサーという強いつながりがあります。そのパワーバランスに建助事業部のような組織が関わることは、今までは難しかった。しかし、全く別の業界で活動してきた自分たちが、それぞれの活動への考え方に共感し、尊重する関係を構築していこうと思えたことで、お互いに協力・支援できることがあるとわかりました。

(FCティアモ枚方 ゼネラルマネージャー 巻 佑樹さん)

記事の中では2人の対話形式で、出会いや目標の実現のために何をするかが、より具体的に書かれています。

対談記事はこちら↓
“新しいパートナーとなる2つの組織の出会いと目指すところ”

株式会社ファストコムでは一緒に働く仲間を募集しています
10 いいね!
10 いいね!
同じタグの記事
今週のランキング
このストーリーが気になったら、直接話を聞きに行こう