1
/
5

Wantedlyは、260万人が利用する国内最大のビジネスSNSです

This page is intended for users in Japan. Go to the page for users in United States.

なにをやっているのか

2013年「FARO青山」開設
2018年「FARO神楽坂」開設
スモールトーキョーは青山と神楽坂にある、クリエイティブ・ワークプレイス「FARO」を企画・運営している会社です。 2013年に港区に「FARO青山」を開設、 2018年には新宿区に「FARO神楽坂」を開設しました。 どちらも土地の取得からファイナンシング、建物の企画・運営までを自社で行い、シェアオフィスのために新築した建物です。 しっかり働いて、美味しい食事やコーヒーが飲めて、アートにふれ、気のおけない仲間に囲まれ、イベントにも参加できて。 そういう建物があったらいいな、ってやりたいことを詰め込んだらこうなりました。

なぜやるのか

サラリーマン時代は働くことに一生懸命で、生活のことまではなかなか気が回らなかったんです。けっこうハードワークだったので、土日も動けなくて。おいしい料理を食べたり、絵を見に行ったりする時間もあまり取れなかった。 一日のなかでもっとも長い「働く時間」をどう充実させるかを真剣に考えると、しっかり働いて、おいしい料理を食べて、アートにふれ、イベントにも参加したい。やりたいことを詰め込んだ場所が、ここでできるんじゃないかと。 ここは働くことが中心の場所。けれど毎日コーヒースタンドを使う人がいたり、屋上でピラティスがおこなわれたり、ギャラリーで展覧会がはじまったり。FAROは「小さな街で暮らす」というのが入居者の感覚に近い気がする。無理やりコミュニティをつくろうとしてはいないというか。 適度な距離感で、立ち入りすぎず。みなさんここには仕事しにきていて、いろいろなモチベーションがあります。顔を合わせる機会は提供しますが、それに対してみんなが集って議論するとか。そういうのはあんまりうちのスタイルじゃないかなって。 無理にコミュニティをつくろうとするわけではなく、自然と人が集ってくる。そこに、あたらしい動きが生まれる。 日々すごす空間を提供する。そこに集う人たちの関わり方は、その人たちに任せます。 外からも人がこないと、やっぱり場が硬直しちゃうので。外と中との新しい出会いの潤滑油のような意味でもイベントをしています。僕自身も知らないことがいっぱいあるので、出会った人と交わりながらこの場所をつくっていきたいんです。 飽きたり、好きなことなのに苦しくなってきたら、それはそれで。止まれる選択肢を持てばいいというか。やりながら考えて、だめだったら休めばいいと思うんです。